« 2016年、あけましておめでとうございます。 | トップページ | こんにちわ、ご注文の桜はこちらですか? »

2016.02.01

2月。「あ。お先にいただいてます。」

1602_450

「…ええ、お豆さんは大好物ですんで、おかまいなく」

 (=´ω`) なんとなく斉藤千和ちゃんか茅原実里んが演じるキャラが言いそうな♪
 ぜひ脳内妄想で声を宛ててみてくださいな♪
 
 今回は今までとちょっと違うノリで描いてみましたよ…
 

 今まで2月っちうても節分は気にした事なかったし、看板娘のテーマとなれば何が何でもバレンタインネタにこだわってましたが、今年はなんかやたら鬼娘が描いてみたくなりまして。

 鬼娘といえば高橋留美子先生の超ヒット作(あの先生の作品は超ヒットだらけですが)うる星☆やつらのラムちゃんが真っ先に浮かびますが、ラムちゃんは電撃カミナリさんなんですよね。
 ───てことで、今月の看板娘は正真正銘、赤鬼娘さんです(*´∀`*)ノ ♪

1602_1000

 (。-`ω´-) 個人的には食べ物を放り投げる“豆まき”はもちろん、美味しい巻き寿司を早食いよろしくひたすら無言で食い尽くす“恵方巻き”はどうにも好かんのですが、まあ今はそれはあっちへ置いといて…ともかく『寅のぱんつは良いパンツ』というノリだけで…え?水着やないかと?
 いやさすがに2月にビキニは見た目にも寒すぎるなと。
 この絵でも思わずカーボンヒーターストーブを描き加えた程ですからね。

 ( ̄д ̄;)実は昨年はなにかと酒を呑みすぎましてね…会社で年に一度の最安コース健康診断に寄れば、まだ身体を壊すまでは行ってないようですが、ちょっとあちこちバランスがが変になったようで、以後、酒の飲み方が変わってきました。
 それまでは発泡酒や第三のビールの500mlを好んでたんですが、多く飲むより個性的な350mlをじっくり愉しむ方がエエようになってきました。

 すると目に入ったのはそれまで値段的にスルーしてた“クラフトビール”。

 ちうても、昔から知ってたのは『銀河高原ビール』くらいやったんですが、いまや酒の扱いが初心者レベルの近所のスーパーでさえも『水曜日のネコ』『よなよなエール』『東京ブラック』などを置くようになってたんですねえ。
 なかでもごっつ気に入ったのが『インドの青鬼』。
 バシーッと効いたビターは、サントリーの限定醸造の『モルツBitter』よりもさらにまだ苦い。
 しかもその苦みの奥にたまらないコクが潜んでて、それに包まれた甘みがまた濃い濃い。

 (*´∀`*)ノ 惚れましたなあ、これには。かつてギネススタウトに惚れたよりも好きになってしまいました。



《インドの青鬼》
 ルーツは英国大航海時代、インドへの長い船旅にも劣化しないようにとホップをふんだんに使ったペールエール。
 ユニークな缶デザインは一度見たら忘れられない!
 だけでなく★ガツンと来る、ビター系ビールの中でも最強最涼の苦みは、クラフトビールを飲み慣れた御仁をもウウムと唸る事間違いなし!強烈な個性は鬼と言うより悪魔の味♪
 その後に訪れるホップの深い香りと甘み、コクは他の追随を許しません。一度ハマると他のビールが水に思えてしまう熱狂的ファンを生み続けている驚異の美味ビール。ぜひ一度はお試しください。

【ヤッホーブルーイング インドの青鬼】

【ヤッホーブルーイング インドの青鬼】
価格:6,894円(税込、送料別)

   



★ほほう、クラフトビールとやらはそんなにウマいのか。でもそうそう変わったのは売ってへんぞ?…とおっしゃる方、いろいろ味見したい方にはこんなセットもあるんですねえ♪
ギフトにも最適ですのでどなたか私に贈ってください♪


 ヽ(´∀`*)ノ ほな、また。

|

« 2016年、あけましておめでとうございます。 | トップページ | こんにちわ、ご注文の桜はこちらですか? »

◆フェテイク&Tom's Picture」カテゴリの記事

◆ブツクサつれづれ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年、あけましておめでとうございます。 | トップページ | こんにちわ、ご注文の桜はこちらですか? »