« 『白鷹(はくたか)黒松』初めて飲んだ。やっと飲めた。 | トップページ | 夏を見送る…氷イチゴのような百日紅(さるすべり)の花。 »

2014.09.01

まぁだまだ陽射しの強い、残暑な9月。元気してます?

1409cover450

 まぁだまだ、暑いですねえ。(;´д`;)昔なら秋の声が聴こえてるはずの九月ですが、年々温暖化が進む今、九月のひと月まるまる、昔の残暑。
 …てことで、とーにかく、まっぶしい眩しい、ギッラギラに輝く海の夕陽が描きたくて。
 でも、いくばくかの涼感もお届けしたくて。───なので、海ネタの絵です。
 

 
 私は一応泳げます(もう25年ほど泳いでないので)けど、塩っ気とか苦手な私にとって海はあくまで観賞用♪潮騒の音ときらめく波頭を見てる方が嬉しいんですが、長い間、海を間近で見てません。港ならあるんですが、以外に波打ち際って行く機会がなくて。

 (;´∀`;) 泳ぎもしないオッサンが浜辺をカメラ持ってうろついてたら逮捕される時代ですしね…

 あいにくもぉそーゆー事には全然興味無いけど、世間はそう思いませんし。いえ、もちろん美しい肢体は美術芸術的に好きですけどね。それでも、一般的に“そそる”ような肉体派なのは昔から苦手です。
 ───な〜んて事は、私が描く娘たちの絵をずっとご覧になってくださってるフォロワーさんだったらお分かりの事と想いますけど。

 ヽ(´∀`*) てな調子ですので、やはり今回も水着でなくウェットスーツなのが私らしいわけで♪

 以前にも同じテーマ…夕陽の中の海の風景…に挑戦したんですが(やっぱり九月の看板娘)、どうも逆光とか強いコントラストの絵って、何度描いても、またその時はエエ感じに描けたな、と思ても、後日見返すとどうしても不満が残ってまして。
 というわけで今回も何度目かの再挑戦なのです。

 背景は実写の画像処理でズボラしました。あまりにも脳内で描いたイメージにぴったり合致した元画像と遭遇したもので…といっても、もちろん数点の画像から細工したものなんですが。

1409cover1000

 ▲クリックで左右1000ピクセルの拡大状態で別窓で開きます。

 全体で観ていただくと、いちおうカメラマンにVサインで挨拶しております。(=`・ω・´)v

 以前は、沈み行く太陽を描こうと一所懸命にその描き方を模索してましたけど、そうなると当然、いちばん描きたいはずの“可愛い女の子”はシルエットになるか、シルエットの中に埋没したような感じになる。
 それでは海が主役になってしまうので本末転倒…看板娘の絵でないといけませんからね。

 でも、太陽そのものを描かなくても、その存在を感じさせさえすればええのか、と気付かせてくれたのが今回見つけた背景のもと画像でした。

 しかし不思議ですよね。 (=´・ω・`)
 光がないと何も見えんのに、光ほど描くのが難しいものってありませんもんね〜。

 ヽ(´∀`*)ノ ほな、また。

|

« 『白鷹(はくたか)黒松』初めて飲んだ。やっと飲めた。 | トップページ | 夏を見送る…氷イチゴのような百日紅(さるすべり)の花。 »

◆フェテイク&Tom's Picture」カテゴリの記事

◆ブツクサつれづれ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『白鷹(はくたか)黒松』初めて飲んだ。やっと飲めた。 | トップページ | 夏を見送る…氷イチゴのような百日紅(さるすべり)の花。 »