« お宝発掘…なのか、ガラクタ散らかしただけなのか。 | トップページ | もう八月…じぇじぇじぇ!先月はひと月に記事一つだけ!? »

2013.06.30

七月です。今月の看板娘絵の“お題”は風。

1307cover450

 なんとか間に合いました…なんか毎月こればっかり。
 六月ももう、アッという間のことでしたね。でも空梅雨のせいもあってか、たまに外へ出たときに出逢う風は意外に爽やかで嬉しかったな。
 
 毎年ぼやいてますが、私は夏が大嫌い。暑いからというよりも、嗅覚過敏なので臭い目に遭うのがたまらんのです。
 

 ( ̄ロ ̄lll) 街へ出れば、いちおう日本でナンバーツーの都会というカテゴリーの大阪、その衛星都市住まいですから、とにかくゴミとかなにか腐った臭いに出逢います。
 それと汗の臭いとか消したいからでしょうが、つけすぎた香水の暴力。

 嗅覚の良くない人は、鼻が悪いが故に香水をつけすぎるのです。
 それも浴びてでもいるのかと思うほど、トイレの香水を床にこぼしてもここまではにおわんやろ!と言いたいくらいに香水を“かける”。
 満員電車のワキガ、人混みでのフロイラズな方の悪臭もひどいですが、つけすぎた香水も暴力。
 空間を共有した場合、もうこれはむしろ拷問に近いのですよ。

 (;´д`;)…なんの話でしたっけ。ああ、そう。風、でした。

 漫画的な絵を描いてる場合、日本ではアニメの影響があってイマドキ瞳の色が紫だろうが赤だろうが「えー、こんなん、おっかしいやん!」て人はそうそう居ませんね。
 でも現実…3Dで考えた場合、青い目とじかに見つめ合ったら結構ビックリしませんか。
 今月の絵の女の子、私にとっては“永遠のヒロイン”なのです。
 主人公はまだ今ほど街行く外国人が多くなかった大昔、大空を飛ぶ事に憧れた主人公のガイジン慣れしていない日本人青年にとって“晴れた初夏の空”のように青い瞳、というのがひとつのカルチャー・ショックであり憧れという設定。

 ほじくりかえせば絵も含めて何度かその事を書いてたりしますが、今を去る30ウン年も前、学生の頃に思いついて、何年も掛けて親友と内容を煮詰めていき、東京の漫画同人で何度かに分けてコミックとして描いた200ページほどの作品の登場人物なのです。

 二年前の2011年5月にこうして一度登場(ぎゃらりぃフェテイクにて掲示ちう)してるんですが…

1105cover_c_2

 うん、まあ、▲この頃よりは今回の方が昔、同人に描いてた頃のタッチに戻れています。
 で、これはそのワンシーンを思い浮かべつつ、描いたもの。全体像はこれ(クリックでもうちょっと大きくしてご覧いただけます)です。
 
1307cover1000

 時は1920年。考えついたときはまだ60年前やったのに、今ではもう、軽く90年も前の話となってしまいました。
 
 彼女の名前はフェリシア・ド・ヒューゲルブルン。欧州の小さな小さな自治国のお姫様ですが、唯一の趣味が飛行機の操縦という変わり種。
 日本では大正9年というこの頃、二年前に最初の世界大戦が終わり、世界は大きく変わろうとしていました。とはいえ、まだまだヒコーキ自体が珍しく、ましてや女性で操縦桿を握ろうなんて人は世界でも数人という頃の事です。

 ようやく女性がコルセットから解放されて、少しは自由な服装を楽しみだした頃ですが、田舎の事なのでこうしたチノパンとワイシャツでさえかなり“お転婆さん”だったのです。

 実を言えばそんな事、私のブログなどをご覧下さるお客様にしてみれば知ったこっちゃないんで、フツーに1920年当時のドレスを着せたほうがいいかな、とイチから描き直しかけたんですが、フト思いました。
 (;´▽`;)そうか。描きたいのは空を飛ぶ事が何より好きな風の中のフォリー(彼女の物語内での通称)なんであって、モデルさんが衣装を着てポーズしてるんとちゃうんやった…ということに気付いたんです。

 なので、そのまんま作業続行。
 じっくりご覧戴くと、手のひらも左右で異なる変な方向を向いてます。これも描き直そうかと線画を直しかけました。───が。
 物語のワンシーンを思い浮かべながら描いたこの絵。
 それまでの20数日、何を描こうかとえんえん迷ってた私がある時、無意識にスイスイと描けたのがこの絵の下絵。何も考えずにできあがってみると、何故か拡げた左右の手のひらは“キーン”なポーズではなく、左の手のひらは何かを受け取ろうかとしているような角度になってました。
 無意識とはいえ、いや、無意識だからこそ、何かあってこうなったのかもしれない。そう考えた末、このまま仕上げる事にしました。

 そうして、昨夜…29日の深夜、30日の早朝に絵は仕上がりました。
 いつものように、ブログのトップ用とアイコン用にアレンジして、朝方のアニメを観ながら床につき───昼過ぎに目が醒め、そっからタイマー設定でアップしようかとしたとき。

 なにか物足りない。

1307cover1000pre_3

 ▲これがその時の絵です。(これもクリックで拡大します)
 なんか薄っぺらい。しばらく眺めてて、いろいろいじくっていくウチに気付きました。
 (>_<;) 光が足らん!七月の光とチャウでコレ。で、風も足らん…そら、暴風のつもりではなかったんですが、ふいにブワッと吹いたような感じがイメージやったんですが。

 で、それから結構時間を掛けて今の状態に。
 まあ、色々なにかと課題を残しては居ますが、な〜んも課題の残らんネタよりは今後のこやしになるか、と勝手な納得をして、ここにアップ致します。

 なんやかんやいうて、結構気に入ってはいるのです。(。-`ω´-)
 でも、見る度に思うでしょう。なんでこんな手の角度になったのか。どっかモノ足らん、この気持ち悪ーいムズムズ感。
 願わくば、次回以降に活かせますように。

 ヽ(´∀`*)ノ ほな、また。

|

« お宝発掘…なのか、ガラクタ散らかしただけなのか。 | トップページ | もう八月…じぇじぇじぇ!先月はひと月に記事一つだけ!? »

◆フェテイク&Tom's Picture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お宝発掘…なのか、ガラクタ散らかしただけなのか。 | トップページ | もう八月…じぇじぇじぇ!先月はひと月に記事一つだけ!? »