« 【ぶら旅】ぼちぼち更新していかんと…という事でまず第一弾は『あさひ坂』。 | トップページ | 『にいてんごフィギュア20体セット』はヤヴァイ、ヤヴァすぎる。 »

2012.10.01

10月。ぱぱぱぱ、ぱんぷき〜〜〜〜〜ん。ヽ(´∀`*)ノ

1210450

 (≧∀≦)ノ こんばんわです!今月も無事、にうふぇいすの娘を送り出せました♪(毎月、看板娘の交代記事は月の1日の深夜0時数分にアップするのが自分に課したルールなので)
 毎月、絵の完成と一緒に記事を書いてるわけですけど、不思議なもんで、描いてる時はい〜ろいろ考えてて、あれも書こう、そやった、あの事も書こう…とか思てるのに、いざ絵が完成してしまうと…
 
 

 
 ああ〜〜〜ら不思議。(-_-;) すぅ〜〜っかりめっきり忘れてしまいます。
 メモ録っとけばええんや…と思うし、他の事は割とちまちまとメモってるのに、なぜかメモった時の絵は気にくわなかったり、そんな理由で書き換えたりするもんで、結果的にあとで見てみると絵と全然関係のない内容で使えんかったり…。

 (;´д`;)それがメモると絵がうまく描けんという変なジンクスになったり。

 しゃーないんで、あらためてたった今描いたばっかしの絵を眺めながらオネオネと思い出してゆくという、なにやらけったいな逆プロセス的な作業から記事をしたためておりますが。
 
 てことで、10月季節ネタとくると、やっぱりハロウィンくらいしか思いつきませんのですが、これってよりもよって10月31日の深夜なんですよね、本来。
 10月31日て、気分的には11月やん、みたいな。
 しかも難儀な事に。テーマパークがハロウィンハロウィン言うようになってからは、もう夏の終わり頃からそんな宣伝し出すもんで、“まだ12月はじまったばっかしやのにクリスマス終わった感”みたいになりつつありますな。

 毎年言うてるような気がしますが、ハロウィンの知名度が上がったのは、ほんま最近ですよね。
 私は中学の時にあのスヌーピーで知られる『PEANUT』コミックスにどっぷりハマってたので、ルートビアだのハロウィンだのがどんなものか知ってて、憧れでさえあったんですよ。

 しかし、その頃はいくら「アメリカではハロウィンちうて、子供らがオバケの仮装で深夜に10月31日に“いたずらかおごりか”て家々の玄関叩いてお菓子をもらう行事が…」とクラスメートに説いたところで、誰一人ハナも引っかけませんでしたのよ。

 (つД`);; まるでカボチャ大王の実在を説いて回る彼の気持ちが痛いほど分かりましたわ。

Cocolog_oekaki_2008_10_28_23_29

 過去記事→『カボチャ大王って知ってますか!?』

 サテ今月の看板娘、先月に引き続き新アプリ『CLIP STUDIO PAINT PRO』で描きました。

 んでもって今回初めての挑戦として、“下の歯”を描いてみたんですよ。
 私はアマチュアながら、絵を描くようになった1980年頃からすでに歯と瞳孔の表現をしていました。(いや、これは自慢です。これは自慢してもエエと思てます。)耳のややこしいヒダも意識して描いてましたし、舌はもちろん、口腔…つまりクチの中の空間も意識してました。

 でもその頃、瞳孔はもちろん、歯を描く人はめったに居ませんでした。これホントです。
 1980年頃のマンガでは、歯はもちろん、鼻の穴、耳の穴が描かれたものは数えるほどでした。アニメでもタツノコプロくらいではなかったでしょうか?

12101000

 今ではもう当たり前ですよね。特に美少女系の絵では、いかにして魅惑的な瞳を描けるか?みたいな所さえあって、複雑な動画演技をやってのけるアニメでさえ、まるで宝石みたいな瞳を描くようになりましたね。
 (゚ε゜;)いや〜、すごいですねえ。静画でもめんどくさいのに、動画ではどうやってるのやら?

 で、下の歯に関してはなんかのアニメ以降、マウスピースみたいなゴツい表現が多いんですが、これも当たり前になりましたね。

 それにしてもCLIP STUDIO PAINT PRO、フォトショの時と髪の毛の描写が根本的に変わりましたよ。なんせ、筆の運び独特の“ねっとりした”引っ張り方ができるんですよね。

 これには驚きましたね。ほんまに描きやすい。まあ水彩は水彩でも、ガッシュと透明水彩の合いの子みたいな雰囲気。とはいえ、実は私はそのまんまの使い方してたのでこれは好都合でもあります。

 でもヒラ塗りやら乗算扱いなどのトリッキーな(アナログでは二本の筆を交互に使ったりする技術)はフォトショの方が得意。そのへんを上手く使い分けるのがコツみたいですね。

 ちなみに背景の二等身キャラ、前の前の勤め先で作らされたけど企画倒れになったもの。
 もう10ウン年も前に描いたまんまになってましたが、フト思い出して使ってみました。なかなかエエ感じではないですか?誰か使いたい方おられたらお安うお貸ししまっせ♪

 聞くところでは、ハロウィンに使うおばけカボチャは不味くて食用にならん、ハロウィン用のカボチャだそうな。しかしかぼちゃといえば、やっぱり食い気ですわねえ。
 ワタシ的には、ほっくりしたのよりはネットリした甘みの濃いものが好きです。

 さだまさしさんの歌に『パンプキン・パイとシナモン・ティー』っちう、陸奥A子さんのコミックみたいな内容の作品があるんですが、高1の頃にそれを聴いてから食ってみたくてたまらんかったですね。
 当時は今みたいなケーキ屋さん乱立時代でなかったんで、大阪という食の都に住まいながらもどっちもめったに転がってませんでしたね。

  (=`・ω・´) もちろん、どっちも最初に見つけたのは神戸でしたね。さすが。

 でも今はインターネットで『ぽちっとな』で宅配されてくるっちうスゴい時代ですな。
 もっちろん、機会あるごとに“パンプキンなんちゃら”てのがあるとそっちをチョイスするほど好きになりました。

 おっさんでも『いも・たこ・なんきん』は好きです。うまいもんは、旨い。

 しかしこの“カボチャのタネ”も凶悪ですよねー。どういう工夫なのか、カラがないからなんぼでもクチに放り込めてしまう。
 ワタシ的にはビールよりもウイスキーやジンみたいなスピリッツにパラッと食べるのが好きですが。
 サラダに振ってもなかなか香ばしくてよろしおます。ヽ(´∀`*)

 まあ、なんでも食べ過ぎたらあきませんが、パンプキン・シードのオイルなんて健康食品もあるんですよ。
 ひまわり同様、リノール酸たっぷり…なんですが、実はこれ、ヤバイ程ウマいのであります。
 今はだぁれも知らんのでスッと手に入りますが、そのうちブームになったりしそうで、今少々びびっております。

 ヽ(´∀`*)ノ ほな、また♪

|

« 【ぶら旅】ぼちぼち更新していかんと…という事でまず第一弾は『あさひ坂』。 | トップページ | 『にいてんごフィギュア20体セット』はヤヴァイ、ヤヴァすぎる。 »

◆フェテイク&Tom's Picture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ぶら旅】ぼちぼち更新していかんと…という事でまず第一弾は『あさひ坂』。 | トップページ | 『にいてんごフィギュア20体セット』はヤヴァイ、ヤヴァすぎる。 »