« 八月。ゲンキしてますか。暑中お見舞い、申し上げます♪ | トップページ | 世間はオリンピック一色ですが、この子も火星でがんばってますねん »

2012.08.03

またまた『星座表』がすごいアップデート!はやぶさの次は『キュリオたん』に注目!

Curio_tan120803

 NASA最新鋭の無人火星探査機キュリオたん。正式名を『キュリオシティ(好奇心)』と申します。
 人類初の友人火星探査の足がかりを求めてNASAが放った刺客…いや違った、史上最大の火星探査機ですが、8月6日、そう、もう来週の月曜に到着するんですよ。

 それに合わせて、私が再三ほめちぎってオススメしてるiPhoneアプリの『星座表』がまたもアップデートしたんです。
 

Curiosity00

 iPhoneアプリのアップデートって、なんか定形メールの処理にも似て「あー、App Storeに丸数字のアイコンパッチがついとるな…」で反射的にやってるところありません?
 実際、いったいどこがどんな風に変わってんな、と思うようなチマチマしたマイナーUDがほとんどでしょう?ところがこの『星座表』は上がる度になかなか劇的にカッコ良くなっていくんですよ。

 ことに今回のはすごい。
 アップデートの紹介文は二行ほどで他愛ないもんでしたが、その内容には思わず小さな画面にのめり込んだほど。

バージョン 2.2 の新機能
新機能:
-火星表面の地物や着陸場所を探査
NASAのキュリオシティローバーのミッションをリアルタ イムでフォロー。ビデ オ録画で調査も可能。

 Σ( ̄ロ ̄lll) ナニ言うた、君、いま、ナニ言うた!? 

 さっそくアップデート、即立ち上げてびっくり。
 オープニングムービーが加えられてる!(。☉ω ⊙。 ) うぉおおおお。
 まるでNHKの『コズミック・フロント』の“特集・太陽系の歩き方”みたいやないか!

Curiosity01

 (。-`ω´-) ごごごごごごごごごごごご……!

 そしていつもの、あのステラリウム画面が開く。(詳しくは前の記事『iPhoneアプリ『星座表』銀河宇宙の海図をその手に。』および、『「マーズ、ジュピター、サターン!」iPhoneアプリ『星座表』が進化!』をご参考に。)

Curiosity02

 さっそく、火星を検索しようと『むしめがね』アイコンをタップする。出てきた、でてきた。
 ───あれ?おおお、あるある。
 この検索用リンクページには太陽系の星々があり、それぞれをタップすると各惑星系の主星と衛星のリスト表示に変わるんですが、火星の所には主星たる『火星』につづき、ふたつの月『フォボス』『ダイモス』、そしてなんと『キュリオシティ』の表記が!

Curiosity03

 どきどきしながら名前をタップ。
 ずーん。地球を発して太陽系をイッキに中程まで外へと超光速へと加速移動。それぞれの惑星軌道が表示されてるので、太陽系ナビそのまんま。でもアッという間に火星軌道近くまでたどり着くとスムーズに減速。

 あった!あるやないですか、『キュリオシティ』の名が。(;´▽`;)ハァハァ
 しかもその彼方には他の星表記とは明らかに丸さを感じる赤い光点!外側の丸はたぶんフォボス・ダイモスの軌道をあらわしたもの。
 きたで、火星!

Curiosity04

 見える。ワタシには見える。そろばんの珠のような、金色に光る無人探査船の姿が。
 さあ、キュリオシティの方にズームイン。

Curiosity05

 まあイマドキのゲームのクォリティを考えたらこれくらい当然かも知れませんが、これ、『星座表』ですよ。星と星座の位置を調べるためのアプリですよ。

 ぐぐっと二本の指でピンチすると、画面の幅に対していい具合のサイズまで寄れる。そしてグリグリすると廻る廻る、全体とその背景の星々が手の中にあるように。

 これですよ、これがこの『星座表』の魅力。ヽ(T∀T*)ノ おおおお…

 そして次は火星から見た構図に切り替えてみる。
 おやっっ。そういえばさっきからなんか前と違ってカーソルが追加されてる。

Curiosity06

 これ、惑星に跳んだとき、地球時間で任意の年数日時をアナログちっくに操作する為のモノ。つまりたとえば2012年8月6日のキュリオシティ着陸の日に、火星の現地は朝なのか夜なのか程度は知る事ができる、というもののようです。

 つまり───

Curiosity07

  (=`・ω・´) おわかりですか?右上を見ると、06/8月/2012 19:32…つまり地球日本時間で着陸当日の19時32分における、火星の状態になってるんですね。
 白い丸印は、ひとつが書かれているように『ミッション・キュリオシティ』、今回の着陸予定地点です。
 で、他の白丸はというと、これまで火星に着陸したバイキングやマーズ・パスファインダーなどの探査機の位置と名前が出るというしくみです。

 キュリオたんはあいにくまだ火星までは遠いので、火星側から見ると名前とその飛行軌道しか見えませんが、もしかしてこれ、前日くらいになるとグググッと近づくんでしょうか。
 なにがすごいって『星座表』は正確なデータに基づいて作られてるのがウリなので、キュリオシティが飛行方向に対してヘンに傾いて飛んでいるのもおそらく正しい表現なのでしょう。

Curiosity09(▲クリックで拡大します)

 その様子は『Tours』という項目が増え、そこからオープニングをはじめ、キュリオシティのちょっとしたムービーのほか、太陽系旅行気分満点のリアルなCG動画が堪能できます。
 ヽ(´∀`*)ノ もぉ宇宙大好き少年少女にはもぉタマラン、たった¥250のアプリです。

 ちなみに冥王星だけはまだワイヤーフレーム表現。
 これもきっと、今かの星へ飛んでいる人類初の外縁天体探査船『ニュー・ ホライズンズ』が現地へ到着する2015年2月にはアップデートでまたとんでもないものになってるに違いないんです。
 しかももう、冥王星だけではない、エッジワース・カイパーベルトの他の星々や、さらに新発見される深太陽系惑星たちと共に描き加えられる事でしょう。

 iPhone・iPadユーザーの星の子たち、まだインストールしてないならゼヒ買いなはれ。今すぐ買いなはれ。この¥250は安すぎると思いません?

 ▼ご購入はこのバナーの『表示』からiTuneStoreへ跳べます。▼
 

 最後に火星から太陽の方角───つまり地球を見た構図でこの記事をしめくくりましょう。

Curiosity10

 ヽ(´∀`*)ノ無事にキュリオたんが着陸できますよう…

|

« 八月。ゲンキしてますか。暑中お見舞い、申し上げます♪ | トップページ | 世間はオリンピック一色ですが、この子も火星でがんばってますねん »

■iPhone&iPadをもっと便利に。」カテゴリの記事

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八月。ゲンキしてますか。暑中お見舞い、申し上げます♪ | トップページ | 世間はオリンピック一色ですが、この子も火星でがんばってますねん »