« またまた『星座表』がすごいアップデート!はやぶさの次は『キュリオたん』に注目! | トップページ | 昔は私も画伯だったのか。(゚ε゜;) »

2012.08.05

世間はオリンピック一色ですが、この子も火星でがんばってますねん

Curiosity22

 キュリオたん、いよいよ(Curiosity)米国東部夏時間8月6日午前1時半頃に火星に着陸する予定だとか。

 東部とか西部とか言われてもわからんので調べてみたら日本時間8月6日14時31分…くそ、仕事時間中か…。こっそり観られるかなあ…みたいな。
 

 ちうか、前回記事でも書いてたように、iPhoneアプリの『星座表』がどれだけ動画的にフォローしてるのかが知りたいんですよね。
 まあまさかほんまにカプセルを分離して再突入(“再”ではないか、火星には初めて行くワケなので)する光景までやるとは思てませんけどね。

 火星がiPhoneの画面一杯になってる上にカプセルが被ってるようなスクリーンショットが撮れたらそれで満足。

Curiosity1208051715

 ▲は『星座表』での、8月5日午後5時17分時点でのキュリオたん視点による火星との相対位置。
 もうフォボスの軌道を表す円の中に、しっかり火星らしい赤い丸となって表現されてます。
 ちなみに▼は7月31日時点でのキュリオたん視点。火星は赤い光点でまだまだ遠い。

curiosity05

  (=`・ω・´)6 ね?ちゃんと接近してますでしょ。 たいしたアプリやわ。
 実際の画面は微妙に背景の星が動いてます。このアプリは地球からの視点が基本で、地球の自転が関与してるというコダワリがあるのですよ。

 さてキュリオたんの着陸までのプロセスはCGでほぼ完全にシミュレーション動画が作成されてることは宇宙好きな方ならもう何度もTVの科学系ニュースなどでご覧でしょう。
 ぶっちゃけた話、火星に住んでる誰かがこの事を知ったら、どないしたらこれがあの『はやぶさ』の時みたいに、肉眼で見られるかどうか───で大騒ぎかも。

 可能なら薄い大気の中をつんざいたキュリオシティがどんな音をあげて飛来するのか、その音を聴きたいくらい。

 その昔…いや、今でも「アポロの月面着陸は特撮によるでっちあげ」だと主張する愉快な仲間がおられるようですし、かつて映画でも米国が国を挙げて有人火星着陸計画をでっちあげ、その秘密を暴かれるのを恐れた政府によって命を狙われる『カプリコン1』というSFがありました。

 もうこれだけなんでもCGでできる昨今、ウソでもホンマでも確かめる術は関係者のみにしかありませんわね。


 ところで▼これこそは、われらがジェイムズ・T・カーク船長=ウィリアム・シャトナー氏によるナレーションで解説される、『キュリオシティ着陸までの“恐怖の7分間”』の動画。

 ご当人はもう81歳…というよりまたまたデブリングされてるんで、あくまでチラッと登場するウィリアム・シャトナー氏ではなく、カーク提督(提督ご当人は2371年に135歳(ただし2293年60歳の時から異空間にて行方不明なので実年齢は不明…ああややこし)事故にて亡くなってますが)として脳内変換されるのがよろしかろうかと。

 ところで子供の頃にアポロ計画に夢中で胸ときめかせた世代としては、やっぱりこのチョット丸い円錐形に心惹かれるんですよね〜〜ヽ(´∀`*)ノ
 あのチョコレートでさえ愛しいてたまりませんからね。

Curiosity27

 ちなみに▲こちらはJPL(NASAジェット推進研究所)の動画。もっと科学的に詳細な説明をやってる(と思われます。英語ですから雰囲気で)んですが、「こんだけ大変やねん、めっちゃ難しいねん」とえらい深刻っぽいドキュメント仕立て。
 鯖の混み合う関係からか重いです。

 同じJPLですが、▼こちらはスンナリみられる、解説なしのキュリオたんの航海から着陸までの動画。

curiosity25

 まあ「着陸成功や〜〜〜!」言うても、その最初の画像が届いて解析されて世界へ公開されるまでは最低でも数時間かかるでしょうし、実況中継ちうても“靴の上から足を掻く”的なもどかしさがあるのは『はやぶさ』のイトカワ着陸とその後と同じ。

 あくまで脳内でその光景を (*´▽`*)ホケ〜〜〜♪ …と妄想と空想で愉しむ所は同じです。

 まあある意味、宇宙をダイレクトに観られるようになったのはホンのここ10年、ええとこ20年の話ですから、これが本来の姿かも知れませんね。

Curiosity1208051716_2

 ただ、宇宙の彼方、今ならこんな位置関係───ちょっと解説窓が邪魔ですみませんが───で、火星に向かって今も接近してる小型車くらいのメカがいるんだと知っててください。

 やがて大気圏を抜けたキュリオシティがカブトガニからガメラになって、そして最後に6本足のウォーリーになって火星の大地をうろうろとするわけで。

Curiosity21

 iPhoneアプリ『星座表』でも何か今後変化があるのかなあ?
 いろいろと楽しみです。ヽ(´∀`*)ノであであ、また。


|

« またまた『星座表』がすごいアップデート!はやぶさの次は『キュリオたん』に注目! | トップページ | 昔は私も画伯だったのか。(゚ε゜;) »

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

無事に着いたようでなによりです、此の子も人類が衰退した頃に「人型」になって帰ってくるのでしょうか、、なんてね

投稿: ざんぶろんぞ | 2012.08.07 21:34

ざんぶろんぞさん、毎度毎度。ヽ(´∀`*)ノ
まあいろんなものをまわりにくっつけてエンタープライズさえも呑み込む巨大な物体になって帰ってくるんでなければヨシとしましょう。

投稿: よろづ屋TOM | 2012.08.10 23:02

 TOM様、ごめんください。突然コメントを差し上げ、大変恐れ入ります。
はじめまして。私は「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、ガメラに付いてのさまざまな小ねた系の記事情報を収集しておりまして、この度8月11日付けの更新「12年8月第二週の小ネタいろいろ」中にて、こちらの記事「ガメラなキュリオたん^^」を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2012.08.11 18:46

ガメラ医師さん、はじめまして、いらっしゃいませ!
拝見いたしました。拙ブログのご紹介、ありがとうございました!
なによりもあのキュリオたんのスカイクレーンを“ガメラみたい”と思われた方が自分だけでなかった事が嬉しい♪

あいにくオリンピックの影になってしまったキュリオたん着陸ではありますが、五輪熱が治まった頃にはNHKで特集も始まるんで、また宇宙熱が高まるかと期待しております。

そして何より私は平成ガメラのファンでもあります。コレをご縁に今後ともよろしうに…m(_"_)m

投稿: よろづ屋TOM | 2012.08.12 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた『星座表』がすごいアップデート!はやぶさの次は『キュリオたん』に注目! | トップページ | 昔は私も画伯だったのか。(゚ε゜;) »