« なんでも最後の最後まで、あきらめたらあきませんね。 | トップページ | サクラの噂もよろしいけど、梅にもっとスポットライトを。 »

2012.03.09

ヽ(´∀`*)ノ 3月9日はガガーリンの“青い地球”記念日

Vostok1

 (≧∀≦)/ 私がそう決めました。

 だってね、本日3月9日は、人類初の有人宇宙飛行を果たしたソ連の“Mr.ガガ”こと、ユーリイ・ガガーリン、そして私の誕生日であり、彼が宇宙へ翔び立ち、地球を一周した1961年こそは私の生まれた年、怪獣の干支で言えばかの『モスラ』が公開された年なのです。

 この繋がりが意味を成さない筈がないぢゃありませんか。<(^-^)>

 上の写真こそは、ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン少佐の“愛機”『Восток-1(ヴァストーク・アヂーン)』であります。…なんか大昔のボイラーか何かみたいですけど。
 

Gagarlin

「Земля синий(Zemlya siniĭ)⋯地球は青かった」

 そう、強化ガラスの窓越しとはいえ、人類史上、彼こそが肉眼でナマの地球の姿を観た最初の男なんです。

 今でこそ「地球ってどんなん?」って訊ねれば、小さな子供はもちろん、街頭インタビューでスカタンな回答を披露するギャルでさえ上の写真のイメージを思い浮かべるでしょう。

 どこまでも深い青、蒼、碧⋯その上に美しく渦巻き、二度と再び同じ姿を描く事なく複雑に織りなす雲と、全体を淡く覆う大気のヴェール。

 それが昼の側の、地球の姿。ヽ(´∀`*)

 でもガガーリンが飛んだ頃までの地球の姿に、この渦巻く雲の姿を知っていた者は、米ソ両大国のごく限られた科学者だけだったんでしょうね。

 その証拠とも言えるのが当時のSFに登場する地球の姿は、ほとんどと言っていいほど大気など描かれていない地球儀状態だった事が挙げられます。

 日本でも1965年にNHKで放映され、当時の子供たち(私らですが)を夢中にした『サンダーバード』は、公式設定では西暦2065年が舞台の未来SF。
 SF考証───とくにメカニックに関しては今でも追従を許さないほどのリアリズムを追求した作品で、卓抜したメカデザインや秘密基地といった設定、センスは、未だに世界中のメカ系SF作家や特撮監督、アニメ作家たちに多大な影響を与えています。

Thunderbird301

 そこに登場する、地球〜宇宙往還機…つまり今で言うスペースシャトルの役目をするサンダーバード3号が地球を飛びだすシーンでは、空がどんどん青から群青、さらに暗くなって星々が輝き出すというワクワクドキドキの描写まであるのに、ノズルから繰り出される強烈な噴射越しの地球の姿は、やはり地球儀ちっくなんですね。

Album

 (;´д`;)残念ながらそのシーンの画像は手に入りませんでしたが…
 ま、だいたい上のレコードジャケットに映ってるような様子でしたわ。

 他にも、『SF地球最期の日』あたりの、ちょうど有人宇宙船競争が激化し始めるまでに作られた、50年代、黄金期のSF作品はまず間違いなく『地球儀ちっく』でした。

 もちろん、既に人工衛星がたくさん飛ばされてたから、本当の地球の姿が理解されていなかったはずはなく、またカラーでなかったとしても、実際に渦巻く気流に包まれた地球の姿を撮影した映像がなかったハズはないんです。
 なのに、なんでそんなに地球の姿が知られてなかったか?
 たぶん、ソ連はモチロンの事、アメリカのNASAでさえも、隠してたんじゃないでしょうかねえ。

 当時は日本でさえも、すでにテレビという、最先端の情報機器が家庭にも普及しつつありました。

 しかし今のように、得られた最新の科学情報が放送されるまでには至っていず、何よりも宇宙は新天地というより、米ソ両大国の軍事利用のために何としても確保しなければならない“橋頭堡”だったのです。

 だから、宇宙開発は米ソのプライドを賭けた競争で「見ろ、我が国はこれだけスゴイ事をやってのけたぞコンチクショウ」と鼻高々に世界に自慢したかったのと同時に、できる限り隠しておきたい最高の“軍事機密”だった筈ですから、ジレンマはそーとーなもんやったでしょうねえ。

20080411_kaguya_01m

 ありがたい事に、私らはハイビジョン画質で家に居ながらにして、月面からの地球の眺めさえも見られるようになりました。
 ───まあ直接行かれへんのはしゃあないですがね。(;´д`;)

  (=`・ω・´) ところで。

 彼の名の“ユーリー(Юрий)”の最初の文字『Ю』が『スタートレック』のエンタープライズ(あいにく寸詰まりでぶちゃいくなD型ですが)を上からみた姿に見えるのは私だけではないでしょう。

Enterprise_d2

 ちうことで、やっぱり3月9日は『ガガーリンの“青い地球”記念日』ちうことで皆さんよろしゅうに。

  

|

« なんでも最後の最後まで、あきらめたらあきませんね。 | トップページ | サクラの噂もよろしいけど、梅にもっとスポットライトを。 »

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!

お誕生日もこういう幸せ記事をアップされたのだから、きっと幸せだったのでは、と勝手に思っていますけど。

いやはや、冒頭のビジュアルから引き込まれてしまいました。宇宙、その神秘な世界、そして今どんなに傷ついているだろうけど、蒼く美しい地球。

「いずれブラックボックスに吸引され、それで命の保証はないと決まっているけれど、宇宙から地球の姿を見せてあげる」と言われれば、「ハイ、ハイ!ハイ!」と手を挙げることでしょう。

投稿: 猫式部 | 2012.03.10 22:12

猫式部さん、毎度です♪
トップの画像はもちろん合成ですが、あらためてボストークがどんだけ小さくて頼りないシロモノかよく判りました。
ぶっちゃけた話、死の恐怖との戦い以外に彼は何を考えてたのか…
ソ連の事なので本とかあるのかどうか。あったら読みたいですねえ。

記事は通勤中にiPhoneで書いて、まとめと写真は仕事をちゃっちゃと切り上げて、会社でバババッとやりました。
(;´д`;)せわしのうていけません。やり方、改善の余地おおありです。

でもたしかにシアワセには違いありません。誰にも邪魔されてませんしね。

投稿: よろづ屋TOM | 2012.03.11 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんでも最後の最後まで、あきらめたらあきませんね。 | トップページ | サクラの噂もよろしいけど、梅にもっとスポットライトを。 »