« iPhone、ついに手を染めます。その2 | トップページ | 映画けいおん!〜期待がふくらむだけにビクビクオドオド。 »

2011.11.13

けいおん!劇場版公開が近づいてきましたね♪

Keion_eiga_top

『劇場版』けいおん!……かと思たら、『映画』けいおん!…てところが、いかにも『けいおん!』やなあ、と感じるのは『けいおん!』のファンだけでしょうかね。
 しかし例によって私はビクビクしております。

 なんでかって?( ̄へ ̄lll) 30ウン年前、かつて史上初のアニメブームを生んだ『宇宙戦艦ヤマト』以降、テレビシリーズの“劇場版”と銘打った作品で、元ネタを知らない観客が一本の映画作品として、感動とまで行かなくても「まあまあかな」と納得できるであろう作品は、♪片手〜でさえあまるぅ〜。

 金返せ映画なら、♪ひと晩でもぉ、足りない〜〜〜( ̄0 ̄lll)/
 
 ▼ところで、どっかの本屋さんかニュースでこの雑誌ごらんになりました?
 

 ついこのまえ発売された、あきらかな“便乗商売むきだし”な企画もの。
 エンタメ情報誌とはいえ、いちおう『日経』の看板を背負ってるヤツがこの、まるで『アニメージュ』か『ニュータイプ』な体裁は何?みたいな。
 
 若い時から資料として必要でない限り雑誌は皆目読まないので、コイツがどんな雑誌なのかググってみると、一応男女年齢不問とはあるものの、“情報感度の高い20代”がターゲットらしいですな。
 とはいえ、『日経』と名が付いてる以上、こういう事でもない限りサラリーマンしか手に取らない気がするのは私の偏見ですかね。
 
Dime61imq7gabll ←昨年の夏に登場したコレも、私は本屋の店先でひとりその痛々しさに苦笑いしてました。
 この『DIME』の場合は『B-Pal(びーぱる)』とか『サライ』みたいなガジェット&アイテム雑誌の系列らしいので、多少はこぉいうのもアリなんかも知れませんがねえ。

 またしかも二誌とも、わざわざ描き下ろしのイラストですよ。

 完全に表紙絵狙いでファンを釣って売り上げ伸ばしたろか、というのがアリアリでしょ?
 じっさい、昨年のDIMEには『けいおん!』クリアファイルが付いてたし、日経エンタもローソンでは限定でクリアファイルが二枚ついてくるらしいし。

 いずれも画像のクリックで売り場へ行けます。なんとDIME、一年以上経った今もAmazonでは在庫あるらしい。た〜んとたんと、余るほど刷ったのかしら。

 ───いえ、私はどっちも買ってませんよ。その時失業中でビタ一文たりとも無駄遣いできませんでしたし、若い頃はともかく、今の私はアイテム集めにはもうそれほど惑わされません(たぶん)

 けいおんイラスト入り缶入りチロルチョコ?はて、なんのことやら。♪〜(´ε`;A

 過去、TVシリーズがものすごく人気出て盛り上がって、すわ劇場版!となると必ずマスゴミを利用して宣伝させるのがどうも好きでないんですよね。
 もちろん、映画評論家を含めて、記者の中にもアニメの芸術性を愛し、自分の引き出しにしている方も居られるし、愛してなくてもちゃんと偏見ナシに理解できてる方も居られます。

 しかし一様に、普段からマンガは読んでもアニメは皆目興味ない、ちうかアニメの本質が見えてない人が、単に“世間にブームになるほど受けてる”=“儲けネタ”=“ビジネスマンとして知っておくべき情報”の図式だけに釣られて自分と同じような人に「◯◯ってアニメがすごいんだそうで」と耳打ちしてるような構図が見えるんですよね。

 しかも耳打ちの内容はえてして、ズレとるの。( ̄▽ ̄lll)

 ずいぶん古い話ですが、かわぐちかいじ氏の『沈黙の艦隊』が大ブームになってた時に、『ニュースステーション』時代の久米宏氏が番組で取り上げた時もそうでしたが、なんか日本て国の“大人ぶる”人らはどうもマンガとアニメを否定っちうか、“わたしはそんなの観たことも興味もありませんよ、だって大人ですから、はっはっは”みたいな所があるように思えてならんのですよ。

 まあ対極にあるのが私らみたいに「ええ、アニメ大好きですよ、日本が唯一誇れて外貨が稼げる文化ですから。ええ。絵も描きますよ。」とうそぶくコミ化ライフちゃんじぃですけどね。

《つづく》

|

« iPhone、ついに手を染めます。その2 | トップページ | 映画けいおん!〜期待がふくらむだけにビクビクオドオド。 »

■けいおん!& けいおん!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone、ついに手を染めます。その2 | トップページ | 映画けいおん!〜期待がふくらむだけにビクビクオドオド。 »