« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.31

「ちっちゃくなんかないよ!!」種島ぽぷらをアオリで見たければフィギュアを買いなはれ。

Poplar_imgp9312

 ヽ(´∀`*)ノ すみません、フィギュア目当てで創刊号買いました。
 いや。なかなか良い出来栄えです。

 “原作版”と銘打ってあるんですが、これまたすみません、『WORKING!』アニメ版しか知りませんでした。
 しかしあんまり違和感は感じませんが。
 

続きを読む "「ちっちゃくなんかないよ!!」種島ぽぷらをアオリで見たければフィギュアを買いなはれ。"

| | コメント (0)

2011.10.22

『日常』それはこれ以下がありえないナンセンスをこれ以上考えられないマイスターが描いた現代芸術。

Thumbjpg

 こんだけ書いててなんですが、原作はじぇんじぇん知りませっしぇん。あくまでアニメ作品『日常』としてのみで語っております。

 この作品の凄みがどこから来てるのかと考えますと、やはりそのスタンスだと思います。
 前回も書きましたが、『日常』は最初っから観客に理解してもらおうとか、されたいとかなんて世俗的な作り方はしてはりませんな。

 さりとて「ついて来いよ〜」「ついてこられるヤツだけ来ればいい」なんて傲慢さもない。

 ただただ、丁寧に丁寧に、これでもか、これでもか、と、真っ赤に燃輝く鉄の塊に己の職人魂が納得ゆくまで、ひたすら鎚を振り下ろし続ける刀鍛冶のように、我が道を征くその方針のぶれない所は心底から見習いたいもんです。
 

続きを読む "『日常』それはこれ以下がありえないナンセンスをこれ以上考えられないマイスターが描いた現代芸術。"

| | コメント (0)

2011.10.20

『日常』それが見せてくれるのは極限までの“動画”の可能性。

Nichijou04

 前回からの続きです。

 何がすごいって、ディズニーはライブアニメーションといって、実写で撮影したフィルムをなぞるやり方で絵にしていた(つまり一種のインチキですよね)のに対して、日本のアニメーターはみな自力の空想力とデッサン力だけで動画を作ってきた所。

 だから昔は動きはごつごつガタガタしてたし、一回のお話の中なのに、ヘタしたらシーンやカットごとにデッサンが狂ってた東映アニメーション全盛の頃を考えたら奇跡のような進歩です。

 その最たるものは髪の毛。
 

続きを読む "『日常』それが見せてくれるのは極限までの“動画”の可能性。"

| | コメント (0)

2011.10.18

『日常』それは大いなる動画の実験場!

Nichijo00

 “animation(アニメーション)は、ラテン語で霊魂を意味するanima(アニマ)に由来しており、生命のない動かないものに命を与えて動かすことを意味する。(Wikipediaより)”

 和訳では動画。じつに上手い翻訳です。当たり前ですが、アニメーションは動いてナンボ。

 動かなければアニメじゃない───などというと、伝説のアニメーター杉野昭雄先生を否定してるのか!とお叱りを受けそうですが、あの“必殺の止め絵表現”は当時の今よりも苦しい予算と時間と技術力の中で絞り出した苦肉の策だったわけで、もしも『あしたのジョー』や『エースをねらえ!』『宝島』が京都アニメーションみたいな制作環境の元に作られてたらまた違った表現を考えられたに違いないんですよね。

 それにしてもこの『日常』もそうですが、京都アニメーションの作品の動きは本当にすごい。

続きを読む "『日常』それは大いなる動画の実験場!"

| | コメント (0)

2011.10.16

何を伝えようと考えてる?…NHK時代劇『塚原卜伝』

bokuden

 なんせ剣豪もの、と聴くと立ち上がりかけるほど、洋の東西を問わずにそっち方面の時代小説が大好きな私です。もちろん堺雅人君が卜伝、てのもあまりにもイメージ違うので逆に興味ありましたが。

 しかし、まあ無理だとは思てました。いや、堺=卜伝が…ではなくて、あくまで『原作』ってクレジットはしても、内容を原作みたいなノリで作るのは…です。
 しかしそれならなんで今更『剣豪もの』それも日本史上、剣豪の元祖中の元祖をテーマに選んだワケはなんやったんかしら…?

続きを読む "何を伝えようと考えてる?…NHK時代劇『塚原卜伝』"

| | コメント (0)

2011.10.14

涼しくなるとジェラート食べたなりませんか?

Gelato03

 誰が言わはったかは知りませんが、氷菓っちうか、アイスクリームとかかき氷とかには、それぞれ食べたなる気温があるんやそうです。
 そのせいかおかげか知りませんけど、秋はたしかに、ジェラートやらアイスが美味しい季節には違いありませんわね〜。
 

続きを読む "涼しくなるとジェラート食べたなりませんか?"

| | コメント (0)

2011.10.12

祭太鼓が聴こえる、秋の夜長。

041031taiko01

 もうすぐ近くの『枚岡(ひらおか)神社』の祭が近いんで、遠くの通りから祭太鼓の練習の音が聴こえてきます。
枚岡神社の特徴は、この『布団太鼓(ふとんだいこ)』
 

続きを読む "祭太鼓が聴こえる、秋の夜長。"

| | コメント (2)

2011.10.11

時代の波の中を必死に泳いでるつもりやけど…

Iphone4s

 私、J-Phoneがボー駄本に切り替わる時に初めての携帯電話を買ったんですよ。
 だから最初のにはふたつのロゴがプリントされてました。

 それが2Gサービスを止めるから3G買うてねとムリクリに買わされたのが今の922SH。
 ロゴはソフトバンクになってました。
 で、それもやっと2年半?だかの月賦払いも終わったと思ったら、この前の『i-Phone4S』騒ぎですよ。
 

続きを読む "時代の波の中を必死に泳いでるつもりやけど…"

| | コメント (2)

2011.10.09

はっはっは。描いてしもたよキュアビート。

Curebeetup

 ひとつ前の『ハートキャッチプリキュア!』から観始めた『プリキュア』なので、これが二本目になる『スイートプリキュア♪』でございますが、どうも私は昔から裏設定や影設定のあるキャラが大好きでして。
 

続きを読む "はっはっは。描いてしもたよキュアビート。"

| | コメント (2)

2011.10.06

仮面ライダーフォーゼに限らず、オトコは十徳ツールが好きやねん(キッパリ)

 新・仮面ライダー、『フォーゼ』は、腰のベルトに40種類のスイッチのうちから4つを選んで付け替えることで様々な能力を発揮する…という設定らしい…って事を知って連想したのがこれ▼

Wenger00
   一概に言えないのかも知れませんが、男っちうのは生まれつき“道具好き”が多いんとちゃいますかね。

 まあ今ふうにツール、ガジェット、どない呼んでもよろしいけど、ねじ回しみたいな大工道具、ホッチキスみたいな文具、はたまた料理に興味があれば包丁やらお玉でもそうで、つまりはなんか物を作るために存在する、それが道具なんですが、道具が道具を越えて存在して“趣味”の世界になってしまうのが“オトコの世界”なんではないですかね。

続きを読む "仮面ライダーフォーゼに限らず、オトコは十徳ツールが好きやねん(キッパリ)"

| | コメント (4)

2011.10.03

10月、やっとへちまが採れたので念願の『なーべらーちゃんぷるー』を食す。

Nabera110923

 夏も完全に終わったと言い切れてしまう10月やけど、夏野菜のはずの『なーべらー』が採れました。そう、なーべらー、とはヘチマの沖縄での呼び名。

 左の写真は9月23日、またまた暑さがぶり返し、夏の最後のあがきか…みたいに言われてた時です。ちなみに画像をクリックしていただくと、実寸サイズで表示されます…え?なんのためにそんな必要があるのかって?ふっふっふ。

 この記事に興味を示したキトクな方が、来年ご自身で『あちしもヘチマ食べてみたいぞンナロー!』と思われた時に、収穫の目安になるからなのです。ああ、なんて遠大な計画。ヽ(´∀`*)ノ

 さて、こいつをどないして食すのか、食べログ?クックパッド?はたまたどっかのグルメサイト?…とまではいきませんが、なあんや、簡単やんか…と思ていただけたら全国ヘチマを食べよう推進協議会大阪地区代表(ウソ)としては嬉しい限り。

続きを読む "10月、やっとへちまが採れたので念願の『なーべらーちゃんぷるー』を食す。"

| | コメント (2)

2011.10.01

10月の看板娘は『勝利の女神』。

1110coverup

 ケバい化粧は大嫌いなのですが、女の子の絵を描く時、最初に置かれた肌色フラットな状態から、瞳に色が入り、シャドウが付き、メイク部分が付き、少しづつ、少しづつ、“色づいて”ゆく様子はなんとも嬉し恥ずかしなプロセスでして。

続きを読む "10月の看板娘は『勝利の女神』。"

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »