« 10月の看板娘は『勝利の女神』。 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼに限らず、オトコは十徳ツールが好きやねん(キッパリ) »

2011.10.03

10月、やっとへちまが採れたので念願の『なーべらーちゃんぷるー』を食す。

Nabera110923

 夏も完全に終わったと言い切れてしまう10月やけど、夏野菜のはずの『なーべらー』が採れました。そう、なーべらー、とはヘチマの沖縄での呼び名。

 左の写真は9月23日、またまた暑さがぶり返し、夏の最後のあがきか…みたいに言われてた時です。ちなみに画像をクリックしていただくと、実寸サイズで表示されます…え?なんのためにそんな必要があるのかって?ふっふっふ。

 この記事に興味を示したキトクな方が、来年ご自身で『あちしもヘチマ食べてみたいぞンナロー!』と思われた時に、収穫の目安になるからなのです。ああ、なんて遠大な計画。ヽ(´∀`*)ノ

 さて、こいつをどないして食すのか、食べログ?クックパッド?はたまたどっかのグルメサイト?…とまではいきませんが、なあんや、簡単やんか…と思ていただけたら全国ヘチマを食べよう推進協議会大阪地区代表(ウソ)としては嬉しい限り。

 いまだに『ヘチマを食べる』というと、沖縄地方以外のひとは驚きます。
 でも、今から20年ほど前はゴーヤーでさえ『え、食べものなの』と言う人がいてはったんですよ。本州でも『レイシ』『にがうり』と呼ばれて戦前からあった野菜にもかかわらず。

 しかしさすがにヘチマは沖縄以外ではまず“身体を洗う健康タワシ”の材料か、竹久夢二のイラストポスターでしられる“ヘチマコロン”でしか知られてなかったようで。

 かくいう私も、沖縄料理にハマるまではもちろん知りませんでした。
 しかしハマった時も、やっぱりゴーヤーチャンプルーでさえまだマイナーメニュー。ゴーヤー自体が、一般スーパーでは手に入らなかった。
 年に一度の百貨店の沖縄物産展か、大阪で沖縄出身の方が多くおられるという大正区くらいのもの。

 でも未だに、ヘチマの方はめったにありませんな。(´。`) まあ食べ方とか説明しても、なっかなか分かってもらえませんし。
 て、ことで私が啓蒙活動。

 ちうても、ヘチマさえ手に入ればあとはごっつ簡単です。

《なーべらーちゃんぷるー 約3人前?》
 はい、材料その一、適当な大きさに育ったヘチマ一本。

Nabera110923_2

 適当な大きさ、ちうのが実は一番のコツでして、写真をごらんください。さっきのより5日あとに収穫したものです。
 ( ̄ロ ̄lll) でっかくなってます。ここでさっきの実寸大写真が役に立つのです。
 切り口の茎の太さと、その直後の部分の太さを比べてもらうと分かります。ざっと1.3倍は肥りました。

 これ以上収穫が遅れると、キュウリのように真ん中に“ス”ができはじめ、繊維質が発達していってタネが実り、やがておなじみのタワシになるべくでっかく肥るのです。
 目安的には、雌花が受粉して10日で様子を見ろ…とどなたかが書かれてましたが、気温などの関係でアバウトです。実際に大きさを見るのがよろしいかと。

Nabera1109237

 さて、ピーラーなどでキュウリの皮を剥くようにして皮を剥き、輪切りにするとごらんのような美しい姿です。
 キュウリでもなし、ナスでもなし。かといってウリらしい水分っぽさもありません。
 なんとなく見かけよりも軽いのはナスのようでもある。
 匂いはといえば、キュウリやズッキーニほど青臭くもなく。この時点で「おや、そんなに変わった食べ物ではないのか」と安心します。

Nabera1109236

 材料一式。鶏卵Mサイズ2個、スパムが本来ですが、あれ結構値が張るので私はポールウインナーで充分だと思ってます。ベーコンでもハムでも大丈夫。
 ご注意願いたいのは、ヘチマは茄子のようにアクが強く、空気に触れてるとすぐ黒ずんできますので、切った後はラップで保護します。
 水にさらすのもアリかも知れませんが、手早く調理すればいいだけなのでそこまではしません。

 これにちゃんぷるーの主役、豆腐が加わります。

 (。-`ω´-)6 いや、ぶっちゃけた話ね。

 ちゃんぷるーの主役はお豆腐と卵です。名前の筆頭に来る、『ゴーヤー』『なーべらー』『そーみん(素麺)』『パパイヤ』などはゲストだと思ってます。

 で、豆腐は本来、『島どーふ』と呼ばれる水分の少なくて固めの沖縄のお豆腐がいちばん良いんですが、それもまたありませんから、木綿豆腐をふきんに包んで押しを加えてできるだけ水分を抜くしかないのです。

Nabera1109235

 ちなみにこれは最近近所にできたお豆腐やさんが扱ってる『田舎豆腐』。かなり島どーふに近いテイストで大豆の甘さが凝縮されたエエもんです。でも一丁¥100。ありがたし。

 注意すべきは塩加減でして、豆腐から出る水分と、スパムやその代わりの塩蔵系加工肉の塩味とのバランスを見ながら、自分のお気に入りの塩をうまく振るしかない。
 まあ足りなかったらあとでもいいですが、鶏卵には一般的な玉子焼きレベルの塩加減はしておいてもいいかと。

Nabera1109233

 できあがり。調理はふつーに油炒めです。ちょっと胡麻油を加えてもいいでしょう。
 まあそんな具合なので美しいとは言えないけど、沖縄料理は見てくれより旨味やと思てます。

 もとが柔らかいので、ヘチマは最後に投入、透明感が出てしんなりすればできあがり。
 以前も書いてますが、食感はつるりとした焼き茄子といった雰囲気。でもたしかにこの食感はヘチマのみ、他ではあまり知りません。ズッキーニより繊維っぽさがない。

 ただし、やはりアクのせいで、調理後でもだんだん色が黒ずんできますから、残ったのを次の日に見るともっとチープです。味は一緒ですけどね。

 (´。`) さて。もちろん一緒にいただくのは泡盛がいちばん。

Yambaru_sigure

 今夜は写真左の『山原(やんばる)くいな』。
 名の由来はもちろんあの「飛ばぬなら飛ばせて見せようヤンバルクイナ」と信長も歌に詠んだという(そこのアナタ、信じないように。)日本のキウイとかスカタンな紹介のされ方をする天然記念物であります。

 泡盛の泡盛らしさをギュッと濃縮したような泡盛です。
 泡盛に慣れてない頃は、一本飲みきれそうにないと思った20代でしたが、今はもっとクセがあってもええなあ、と思うほど泡盛にハマってしまいました。

 ちうことで、夏だけでもエエから、大阪のスーパーでもふつーにヘチマ=なーべらーが一本¥100で流通する時代が来ますように。


|

« 10月の看板娘は『勝利の女神』。 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼに限らず、オトコは十徳ツールが好きやねん(キッパリ) »

◆うまし食、美味し話、旨し酒。」カテゴリの記事

◆酒なくて なんの人生 ほにゃ、ららら。」カテゴリの記事

コメント

ナーベラーは大好きっ。
でも、チャンプルーよりンブシーのが好きだぁ~。
ぃや、チャンプルーも好きだけどね。

投稿: ※愛守※ | 2011.10.05 00:45

おおっ、お久しぶりです!( ̄▽ ̄)/
そうね、んぶしーも紹介したかったんですが、どうやら今年はこの一本で終わってしまいそう…(涙)

投稿: よろづ屋TOM | 2011.10.05 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月の看板娘は『勝利の女神』。 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼに限らず、オトコは十徳ツールが好きやねん(キッパリ) »