« あえて言おう、やっぱりソースマニアである、と! | トップページ | 薫る梅の花こそ日本人のココロ。 »

2011.03.09

イカス!ガテン系ライダー30歳。ワタシ今日から50歳。

Rider_birth

 ライダー、ちうても私が語るんですから当然ハーレーとか乗り回すライダーではなく。
『仮面ライダー オーズ』に登場するアラサーライダーの伊達 明のこと。
(=-ω-´) いまいち似てませんが、まあ私が受けた印象絵ちうことで堪忍してください。

 いや、好きですわ〜こぉいうタイプ。ヽ(´∀`*)ノ

Σ( ̄ロ ̄lll) あっっっっ。誤解せんでくださいよ、別にソッチな話ではありません。
 

 平均年齢ハタチ代の仮面ライダーの世界では、30代だと充分オッサンという扱いらしいんですが、30歳ぽっきりという伊達明はむしろ私にはチト半端な年齢かなあ。
 響鬼(ヒビキ)はもちっと行ってたっぽい設定に感じましたが、やはりライダーはええとこ30代前半どまりなんでしょうな。

 てなことゆーてましたら私、本日3月9日をもって目出度く50歳になりましたんよ。

 実感ないのは20歳、30歳、40歳になったときもそうなんですが、この自覚の無さは一般常識で言えば、ちょっと異常なんでしょうなあ。
 ただ、自覚がないせいか、はたまたオトナゲないせいか、一般ピーポーな人からは、実年齢を教えたら絶対びっくりされる。
 ちうても、私自身は結構他人様の年齢をズバット誤差1歳前後で当ててしまえる特技?があるんで、単にそういう人らが“年齢を見る目がない”だけなんやと思てるんですが。

 ところでこの(似てないけど)30歳という設定の伊達くん、純粋培養みたいな性格の主人公よりもちょっとだけオトナな感覚の持ち主というスタンスなんでしょうな。
 そのオトナ、という感覚とはなんぞや?といえば、感情だけの正義ではなく、ヤミーを倒すことは、人助けではあるけど、あくまで金を稼ぐための営利目的のビジネスだと割り切ってる部分とか、その為には自分が所属している組織や部署が多少ダークでもブラックでも清濁併せ呑むことで前向きに人生を、社会を乗り切って行こうとする姿勢…という風に私は捉えてます。

 この辺、平成ライダーシリーズで様々に設定されてきた“オトナ事情”の持ち込みの中ではもっともリアルでもっとも納得できる所。さすが『人間の欲望』をテーマの中核に置いただけのことはある。

 ほんでもって、あくまで仕事なので責任もある反面、自分の限界以上のことを無理してまでやるよりも、適度なところで退却して善後策を講じた上でリベンジを図るといった戦略的な思考法も出てくるし、それがまた主人公ひいては物語の暴走を押さえる役目になってる。

 実は私、幼い頃からこういったキャラクターにこそ、魅力を感じる子供だったんですよ。
 いや、逆か。ヽ(´へ`*) 生きる活力、目的というキラメキはあるものの、さりとてどこか屈折してて、そのために光が底までは届かないような、適度な淀みのあるキャラでないとのめり込めなかった。

 なのでモロに仮面ライダー世代(初代本郷ライダーの時点で小6)でありながら、石森章太郎先生の描かれた原作のシュールな方が好きやった。たぶん三つ年上で物識りな従兄弟の影響が大きかった当時の私。今もそうですが、普段はどこか世間のしがらみの中で喘ぎながらも、いざという時に非日常の戦いへ飛び込んでいくタイプの話が好きでした。
 せやから今もわが家に残る最古のSFコミックスは永井豪先生の『デビルマン』と石森章太郎先生の『キカイダー』。
 いずれもシュールで救いのない破滅型SFですが、未だにこれを凌ぐヒューマンドラマ要素の濃いSFコミックには出逢えてない。

 あ、そうか、それで藤子不二雄作品は皆目興味がなかったんか。───と今頃気づきましたわ。彼らの作品の主人公は子供ばかりですもんね。エエ人ばっかりやし。
 かの『黒イせえるすまん』は私が子供の頃はまだ描かれてなかった。

 話を戻せば、伊達明のあのサバサバ感がいい。人なつっこい割に、馴れ馴れしさがほとんど見られないのもどこか芝居じみていて意味深ですし、だんだん彼の過去を巡るネタにも入り込んで来つつあるし。
 それは同時にアンクはもちろん、もしかしたら主人公・火野映司と対峙する日もそう遠くないという振りですしね。

 きっと幼いときの私のように、今の子供らの中にも戦隊物やライダーやプリキュアの子供向けな展開に飽きたらず、逆に自分が生まれる遥か以前にやってた番組をDVDとかのお皿で観て、コッチ方面へ人生の舵を切ってしまう若者もおるんやろなあ。

 そうして、50歳になっても全く無関係に、フツーに特撮だのアニメだのの話で盛り上がれるオヤジに成り下がるべし。
 さあ、もうひとがんばりしますか。ヽ(´へ`*)ノ まだまだくたばれませんし。

|

« あえて言おう、やっぱりソースマニアである、と! | トップページ | 薫る梅の花こそ日本人のココロ。 »

◆ブツクサ絵日記」カテゴリの記事

コメント

★⌒☆⌒★〓☆ 祝 ☆〓★⌒☆⌒★

  Happy birthday〜♪

★⌒☆⌒★〓☆ 祝 ☆〓★⌒☆⌒★

おめでとうございます〜♪
花の50代に突入ですね。
100歳まで生きるとしたら、まだまだあと半分。
益々充実させてくださいね。

ライダーは、子どもたちが見なくなってから全然わからなくなりました。
何かと話題になる水嶋ヒロくんがやってたカブトと、あとはヒビキくらいしか覚えてません。古いっ。
戦隊ヒーローものよりは観てたかなーという感じです。

ではまた〜。

投稿: kan_ichigo | 2011.03.09 15:43

はっぴーばーすでぃ!! 
よろづ屋TOMさん!!birthdayshine

ごぶさたしてます〜
なんとかこの日に間に合わせてお見せしたいと思ってた物があったのですが…間に合わない。。。(=ω=;
2〜3日中にはメールでなんか送りますよっ!

今日の所はコメントまで。。。
Happy & Lucky な50代になりますよーに♪

投稿: SAK | 2011.03.09 21:42

*ヽ(´∀`*)ノ kan_ichigoさん、おおきにです!私もライダー、平成になってからこまめに観てるんですよ。昔のはV3で飽きてしまって(古)。
 
*(・▽・、) わ〜、SAKさん!ごぶさたですぅ!なんと、プレゼントがあるんですか!でもぼちぼちでいいですよ、お互い無理無理な毎日なんですから。

投稿: よろづ屋TOM | 2011.03.10 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あえて言おう、やっぱりソースマニアである、と! | トップページ | 薫る梅の花こそ日本人のココロ。 »