« 2月。おっさんはチョコレート禁猟期突入です。 | トップページ | 梅さん(怒)!…よ、ヨシコせんせい! »

2011.02.05

こんなんが3Dなんすか?ぷんすか。

 今頃なにいうてんのん、と言われるかも知れませんけど、やっと時間を作って、梅田のヨドバシへ行くことができたのが昨年の暮れギリギリ。
 けどその時感じた話をこんな風なラクガキつきで記事にするヒマが(ちうか気力が)できなくて今に至りまして。

Damedame3dim1
 

 他の用事で行ったんですが、さっさと済ませてAV系のフロアのエスカレーター前にどんとしつらえられた、3Dテレビのコーナーへ。
 すると50インチくらいのデカめなモニターの前に、専用ゴーグルが支柱にくっつけられてまるでなんかの標的みたいに突っ立ててありましてね。

 さいわい、誰もいなかったのでさっそく独り占めして隣り合った異なるメーカーの画面を試してみましたよ。やってたのは『バイオハザード』の最新3D版のハデハデな部分。
 が、しかし?(;´へ`;)

 なんじゃこれ。(゚ε゜;)ちうのが感想の全て。

 いや、開発した人も製品になるまでに携わった無数の人たちの努力は感じます。
 しかし結果から言わせてもろたら、やっぱり「なんじゃこれ。」


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 まあね、いわゆる“部屋を明るくしてテレビから離れて”の注意に則って画面と距離が取ってあったんでしょうが、そのせいか敵のアジトを爆破して飛び去る?ヘリだかなんかの飛行体が“飛びだすド迫力”どころか、なんか“水槽の中を泳ぐ中くらいのサカナ”みたいな印象しか受けませんでね。

 (;´д`;)スカみたい?

 まあ画面よりは飛びだしてるっちゃあ、そうかな、とは思うんですが、いうなればひとつひとつの物体には皆目立体感を感じない。普通の2D画面よりも平べったく感じる。
 なんかね、ベニヤ板に描いた絵を、壁、背景、中景、近景と並べた舞台装置みたいな。

 そんでもってその上を飛ぶものがなんかみなオモチャっぽい。

 たぶん立体になったせいで、かえってブツの小ささが強調されてしまうからでしょうなあ。
 ───つまり普通の映画ならば、描かれた映像世界の中で全ての映像情報が完結してるから問題ないのに、ヘタに画面の外へ出たために、テレビのフレームと飛びだした物体が直接大きさの対決をしてしまって、画面に対するサイズがそのままブツのサイズとして認識されてしまうんですな。

Damedame3dim2

 かの『アバター』の記事でも二回に分けて延々と文句たれてますが、あれはまだ劇場用映画なので、3Dであるってだけで“見世物”としての意味合いもあるかと思うのです。

 座る座席位置次第では一応、人間の視野をカバーできますから、さきほどの画面サイズとの対決もない。うまくすれば実物大での再現もありえるわけで。

 しかしそれでも、予算に350億円かけていようと、思うほどの立体感はないに等しい“子供だまし”でしたわね。
 あの使いまわしで不潔な3Dメガネの視界の暗さも我慢できたものでなかった。───そういえば、あのメガネの開発・製作・量産・配布の費用は350円に含まれているのかしら?もしそうなら意外にも100億円ほどはメガネ代やったりして。

 閑話休題。

 文句たれまくってますが、要はまだまだ試作段階だという気がします。
 ゲームみたいに、手のひらサイズでチェスの駒が立体に見えるとか、本来小さい設定のモノが画面のサイズに見合った上で立体的に再現されたらそらもぉ、オモロイと思うのですが、映画みたいな疑似体験もので私みたいな文句タレな観客を納得させようと思えば、全天周型(ステラリウム)のモニターを用いて、椅子に座ってどんだけ首を動かしてもその視界をカバーしてあって、映像が手に取れるほどのリアルさを再現できなければ、子供だましで終わるのは否めないのではないかと。

Damedame3dim3


ふむ、なるほど、と思われたら▼▼ブチブチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 2月。おっさんはチョコレート禁猟期突入です。 | トップページ | 梅さん(怒)!…よ、ヨシコせんせい! »

◆ツッコミ一本槍☆←-o(`Д´)o-」カテゴリの記事

コメント

結局「メガネ」を使う以上アレ以上のものは出来ないのでしょうね、メガネなしでも単に「奥行きが出た」以上の感想はないし、、
(実際にかぶる投影型の奴を使ってみましたがアレも今一でした)
同じ「メガネ」ならば「電脳メガネ」が出来るのを待つしかないのでしょうね(アレならば満足できそうです)

投稿: ざんぶろんぞ | 2011.02.14 14:09

なんか、健康を害しないようにするための協定みたいのがあって、日本では立体感を手前に出すことができんみたいですね。だからレイヤー分割された奥行き感のみになってるみたいな・・・ならやめときゃええのにという意見が大手家電メーカー(わかるよね)のなかでも多いそうです。立体感を手前に出すとUSJのターミネーターみたいになる様で、個人的にはあの立体感はスゴイと思うのですが、お茶の間で家族全員メガネをかけてTV見ながら晩飯を食べる様を想像すると現段階でそんなに3Dに盛り上がる必要はないのではと思いますね~

投稿: ざっきー | 2011.03.11 09:07

ざっきーさん、いらっしゃいませ&はじめまして(ですよね?多分)!
ワタシ的にはフジフィルムの3Dカメラの背面にある液晶モニターの方が絶対すごいと感じましたね。小さな画面の中がメガネもなしに、それこそウソみたいに自然な立体感で見られる物凄さ!
あれこそ“欲しい”と思いました。

投稿: よろづ屋TOM | 2011.03.12 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月。おっさんはチョコレート禁猟期突入です。 | トップページ | 梅さん(怒)!…よ、ヨシコせんせい! »