« あの空間は運転手さん次第 (BlogPet今日のテーマ) | トップページ | 五山送り火 (ブログペット今日のテーマ) »

2010.08.09

3Dテレビとか3D映画とかありますけど。

cocolog_oekaki_100809
 
 別に肯定でも否定でもないんですが、いーろいろ考えさせられる事の多いネタであります。
 というのも、私の宝物のひとつが学研の『立体ビューワー・1970大阪万博』なので、フルカラー立体視に対してはむしろ馴染んでいて、そのイメージさえあるので、あれほどの感動をもらえていない今現在の3Dテレビは物足りない、というのが正直なところ。
  


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------


 さて映画『AVATAR』のおかげなのかどうなのか、今年から各メーカーがガンガンと市場へ投入してるという3Dテレビ。
 ほんまかウソか、マスコミのアオリ方を観ていると「売れている」らしいんですが、ハイビジョンテレビが出た時も十年くらいそんな事言い続けてましたから、マユツバ、マユツバ…

メガネありきっちう不自由さも含めて、どうもまだまだ不完全。
 
 ソフトが揃ってるでなし、観るにはブルーレイが要る。なんか韓国のメーカーが出したから、まだまだ準備不足やけどしゃあない、とりあえず売り出しましょう、みたいな姿勢がありあり見えるのがなんかねえ。
 
 どうせ後発なんやから、むしろ先発の欠点を充分研究して、ソフトやハードをじーっくり充実させてからイッキに巻き返し、敵さんが思わず「参った!」言わせて市場を席巻したほうが賢いと思うんですけどねえ。

 昔、シャープやサンヨーが先走って『新しいけど出来損ない』を発売しては、後発のナショナルやソニー、ビクター、パイオニアなどが同じアイデアの『完成品で安定してる』品物で見事な逆転劇をし続けてた事を、いま国家規模的に増幅して再放送してるのを見てるみたい。
 
 あ、そうか。今、シャープが大きくなったからそんな無茶苦茶やってるんですなあ。
 
 それはともかく、人間サマちうのは以前書いた事のある『脳内補完』で物事を観たり考えたりしております。
 
 要するに、『解らんところは適当に妄想する』というスゴイ能力。これがあるから男子は女子の肌着ごとき(それも写真でさえ)で性的興奮を得られるわけです。
 
 同じ原理で、文字や文章から映像を、音のない画像から音を空想(妄想でもいいですが)し、白黒画像に勝手に色を付加し、さらに自身の体験というライブラリーから味や匂いすらも引っ張り出して追加してしまえるのです。
 それどころか、先日NHKの『みんなでニホンGo!』という番組で、覚えやすいように勝手に他人の発言や文章を補完したり添削したりしてしまう事を実証してました。
 
 さらに、外国で生まれ育った人の事は知りませんが誰もが多なり少なりマンガを読んだ事がある現代日本人の場合、この妄想力はもっと顕著なのではありますまいか。
 この事に思い当たったのは、映画『AVATAR』を観て、評を書こうと思った時、話ではなくなぜ自分がそれほど感銘を受けなかったのかという理由を考えていた時。
 
cocolog_oekaki_100809
  
 私の親などは赤と青のセロハンをはりつけた、元祖『立体メガネ』で初期の『立体映画』を体験した世代なんですが、『AVATAR』を観て開口一番「お母ちゃんら、こんなん別に珍しないわ」。リドリー・スコット積年の苦労もトホホの全否定でした。(;´▽`;)
 あ。その話からフト描いてみた特別出演のモデルさんは拙作のSF小説『さいえなじっく☆ガール』の天然ボケ娘、三原 鈴(みはら すず)でございます。一番上の絵同様、ウカツにクリックするとドバッとUPになりますのでご注意を。
 
 詳しくは映画の記事として以前に書いてますが、要するに私の脳は「要らん事せんでも、平面観とってもちゃあんと立体として認識しとるでぇ」と主張してた、ちうことです。
 なので、わざわざ映画の方で立体にせんでもええわい、という結論。
 
 そらね、ステラリウムいいまして、全天周型の3D映像ならまた違ってくるかも知れませんが、そうなったらなったできっとマジ酔いして、ステラリウムはゲロゲロで満ちることでしょう。
  
 もっとも、現行のアナログテレビから地デジのような、2Dテレビから3Dテレビの強制移行だけは絶対にあってはなりません。
 
 かつてのサイレントからトーキーへ、白黒からカラーへの移行は、あくまでユーザーの選択肢が残っていた。トーキー施設でもサイレント映画は上映できるし、カラー放送でもモノクロテレビで観られる。
 でもデジタル放送は違う。今までの装置、資産はすべて廃棄ゴミになってしまう。
 地デジ化が決定した時から私はこのことをずっと嘆き続けています。
 
 まして地デジ化と同じように3D化することがダビングなど二次使用をさせないための方便だったとしたら許せません。
 いえ、そうならそうで、正直に言えばいいのに、さも美辞麗句を並べて地デジはイイコトばっかりという下手なプロパガンダを撒きながら、メーカーは勿論ユーザーにまで大迷惑をかけてる事が許しがたいんです。
 
 しかし実際問題として、メガネを掛けないと使えないような開発段階の視聴装置では、むしろ地デジ化以上に反発を買い、こんどこそテレビ放送は自滅する事になるような気がします。
 
 さて最後に。
 
Panpet
 
 ▲これが学研のパンペット。可愛がってくれてた叔母のプレゼントなんですが、そらもぉ、万博終了後、年に何度か取り出してはどっぷりとそのバーチャル空間に浸り、二度と行けない『過去になった未来世界』へ出掛けたもんです。
 本体+フィルムと、交換用が2本で当時¥2900。万博の子供の入場料が¥800(TDLとかUSJの一日パスと同等と考えて下さい)ですから、当時10歳の子供に対してどんだけスゴイ贈り物だったか。
 
Roll1_23b
 
 で、▲実際には35mmフィルムを上下分割して、本来はそれぞれが特定の距離でずらして配置されてて、専用ビュワーで観ると見事なまでに立体になった。
 といっても、解像度とかというよりも立体化できた時点で精巧なミニチュアを眺めているような感じに見えるんですがね。
 将来、このデータを取り込んでMAC上で今の方式の3D化ができるなら、試してみたいとは思いますけど。
 
 ところで、その気のある方はこの画像を横に並べなおして交差法(寄り目にするやり方)でご覧になれば、ちゃんと立体に見えますよ。
  
 それでは、また。
 


ふむ、なるほど、と思われたら▼▼ブチブチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
         

logo_tsutayadCMチャンネル『TSUTAYA DISCUS』無料会員登録で100CMポイントプレゼント!!
DVD在庫300万枚以上、翌日配送率97%。ネットで発注、ポストで返却。超便利なツタヤのネット宅配レンタル「ツタヤディスカス」の無料お試し登録はこちらから。
 
 
logo_panasonicCMチャンネル『クラブPanasonic』無料会員登録で100CMポイントプレゼント!!
世界に冠たるパナソブランドのファンなら必須!無料会員登録で毎月豪華賞品が当たるキャンペーン実施中!!

|

« あの空間は運転手さん次第 (BlogPet今日のテーマ) | トップページ | 五山送り火 (ブログペット今日のテーマ) »

◆ブツクサつれづれ。」カテゴリの記事

コメント

ま~昔の赤青時代よりずっと進化していますが、眼鏡かけ慣れない自分だとすごく耳が痛い上に目が疲れますね!
(ちょうど今日仮面ライダーの3D見てきました。)
3Dと言っても全部飛び出るわけじゃないし、スタッフロールとかは逆にみにくかったですね!
ま~まだ発展途上という感じはします!
SONYさんに聞いてみても3D対応BDレコーダーは、あらゆる面で現状レコーダーよりスペックが落ちた上に高くなると言う事なので、3年以内にTVを3D対応にする気が無ければ現行機種の方がお勧めと言われましたね。
ま~一番感じた事は、3DTVの普及=視力低下につながらなければいいけどと言う点かな?
ありきたりの意見ですが、ビデオやDVDが普及したようにエロ系のコンテンツが増えれば買う人は増える気はします。
ま~自分は、TVやレコーダー導入したばかりなので当分先になりますが!
PS:京都がけいおんがらみで、とんでもない事を・・・。

投稿: ポニ萌え | 2010.08.10 00:40

ポニ萌えさん、おひさです。
まあ3Dで体調などに支障をきたす人が出てきて訴訟問題になったりするのはこれからでしょう。
それまでは出てきてももみ消すでしょうし。
京都がけいおん……今さらですか。てか雑誌『DIME』のあいたたたな記事には呆れましたけど。勉強せえ、節穴ども!てな感じでした。

ところですみません、U.R.L.入れるとスパム扱いになりますのでそこんとこよろしく。

投稿: よろづ屋TOM | 2010.08.11 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの空間は運転手さん次第 (BlogPet今日のテーマ) | トップページ | 五山送り火 (ブログペット今日のテーマ) »