« あれっ!? なんか70万アクセスをはるかに越えてますが。 | トップページ | ぶら旅半年ぶりの更新は『祇園祭〜鉾立の楽しみ』一挙3頁 »

2010.07.09

“ぐらぱら”のこと、覚えてます?

 昨年の秋、多肉植物なら土に“挿し芽”したら発芽するやろ、と試したのがテレビで紹介された『グラパラ・リーフ』なる、単価の高い“野菜”でした。

090926grapara1

 季候の良いときにこれを赤玉土+薫炭(もみ殻を炭化したもの)の用土に刺しておいたところ発芽、二ヶ月で小指のアタマくらいにまで育ちました。
 

 それがこれ。なんだかミニチュアみたいで可愛いでしょう。
 

grapara091205

 
 
 そして半年後───2010年、7月。
  
 育ちました〜〜〜〜〜、なう。ヽ(´∀`*)ノ 立派なもんでしょう?
 
100708grapara2
 
 ひとつひとつの葉っぱの大きさは最初に植え付けたものと同じ。
 さらに根元からはまた小指サイズの子株がちょろちょろ発生中。
 
 思惑通りとは言え、すごいですねえ、植物の持つ生命力って。
 さて、いざこれだけ育ったんですからもぉいつでも収穫してサラダに使えばいいんですが、なんだか惜しいような気になってきたから貧乏性ってヤツは。

 けど、丸ごと収穫でなければよかろうと、下の方からむしって食べてみました。半年前に食べたっきりでしたけど、シンプルに酸味のみなのは同じ。これが他の野菜やハーブなら、苦みだの甘みだのも加わってそれなりの個性を醸し出しそうなもんですが、まあ大阪で言うところの「味もシャシャリもあれへんわ」な食味。
 
 けど、口の中に拡がる独特な香ばしさ─── ( ̄_ ̄ )ん?けどこの香り、なんか覚えがあるぞ。
 
 そうは思ったものの、考えた考えた。すごく懐かしい香りなんですが、なかなかピンと来なかった。
 半日考えて、もう一度ヒントが欲しくてもう一枚口にしてみて───。
 
 (* ̄▽ ̄)6 わかりました!!!!!!
 
 ムカゴごはんの香りだったんです!!!!!!ヽ(´∀`*)ノ
 
 ……え?( ̄ロ ̄lll) ムカゴがわからん??
 
 えーとね。山芋のツルにできる、大きなものでも親指大くらいまでの一種の“こぶ”みたいなもんです。これが塩を加えてご飯に炊き込むと、めっちゃ旨いのですよ。
 その香りがするんですな。これにはびっくり。

 それにしてもすごい。SFではクローンは当然で現代でも動物実験だと問題視するけど、挿し木は大昔からやってるクローニングやし、蘭はごくわずかの細胞片からフラスコで増やすのが当たり前。ちうか植物の生命力はほんまにものすごい。
 条件揃えばどんな植物も破片から再生可能。もし彼らに記憶や意志があったらどんな感覚やろか…とか思わず『2000字劇場』なネタなんか思いついたりして。

 これまでの経緯はこちら→■『豆苗』と『グラパラ』を試す。
 
             ■『グラパラリーフ、途中経過。』
 
             ■『グラパラリーフがこんなになりました。』

 

|

« あれっ!? なんか70万アクセスをはるかに越えてますが。 | トップページ | ぶら旅半年ぶりの更新は『祇園祭〜鉾立の楽しみ』一挙3頁 »

◆花咲けるジジ道(植物ネタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれっ!? なんか70万アクセスをはるかに越えてますが。 | トップページ | ぶら旅半年ぶりの更新は『祇園祭〜鉾立の楽しみ』一挙3頁 »