« 《お知らせ》3本目の京都ぶら旅2010年の桜ネタアップ。 | トップページ | 『iPad(あいぱっど)』に関するブツヤキ。その2:まだまだ原始的? »

2010.04.03

『iPad(あいぱっど)』に関するブツヤキ。その1

Ipad100402

『一字違いで大違い』やないですが、4月3日にアメリカで『iPad』本国版が出るんですな。『o』と『a』の違い。姿も名前も見た目にややこしいわ。

 (;´д`;)/ ジョブやん、もうちょっとヒネりなはれ。

 デザインもよぉ似てまして、i-Phoneをびろーんと伸ばしただけですが、これこそは私をはじめ、いろんな近未来SFを考える事が好きな人たちが、ず〜っと予想してたツールの実現版です。
 i-Phoneはいろんな条件で欲しいとまでは思わんかったんですが、これは欲しいと思えましたね。ただし、まだまだこれからのもの。インフラが整うまでまだしばらくはかかるかな?
 
 ちうわけで、よぉ知らんクセにわぁわぁと何回かに分けて『ブツヤキ』させてもらいます。
 


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 マスコミちゅうか、一般主婦向けの情報番組とかでは電子ブックの説明をしてた程度でしたけど、これの可能性はそんなチャチなもんやないです。WBSに出てはる経済アドバイザーのセンセは「iPodでもiPadでも、Appleが作るのはツールのカタチをしたコンピューターです。日本のは付加機能のあるツールでしょ」とゆーてはりました。
 実に、言い得て妙です。
 私が理想としてるのは『e-Paper(いーぺーぱー)』と呼ぶスタイルのツールで、完全ペーパーレス社会も可能になるものです。とにかく、平面の紙に印刷してたものならすべて画面に表示する方法で電子的に代行させたろ、ちうもんです。
 
 立場上ね、マスコミはペーパーレスの事は言えんと思うんですよ。
 なんちうても新聞に関係する企業の存続に関わりますし。
 
 実際これが進化したらもぉ紙媒体の新聞は不要になるんですよ。いや、そうならんといかんの。
 ぶっちゃけた話ね、私は紙媒体の新聞を長い間読んだ事ないんです。理由は色々ありますが、第一に必要な情報が皆無に近い事。
 一般的な事件ニュースならテレビで充分ですし、ゆっくり知りたければ今はネット配信のものでいい。まして情報の早さでは印刷式の新聞に勝ち目はない。なによりね、いわゆる“三面記事”ってロクな話がないやないですか?殺人とか事故とか災害とか、政治不信に収賄疑惑とか、増税とか不況とか…そらね、嫌な事でも世情は知っとかんとあきません。
 けど、そんな陰気な話はいっぺん聴いたら充分です。まして他人さんの不幸ごとは同情できてもそんな程度。気が重なるだけなんで苦手なんですわ。
 
 TVが誕生した昔も、んな話はあったらしいです。「テレビのニュースがあったら新聞要らんやん」みたいなね。けど、なんやかんやでうまいこと棲み分けできましたわな。
 
 しかし実際問題として新聞を隅から隅まで全部読む人ってどんだけ居てはるんでしょうか。
 雑誌もそう。基本的には、自分の必要な部分の拾い読み…または見出しだけの長し読みとか。これはネットにおいての情報収集と同じとちゃいますか。
 よぉテレビ系マスコミでは「ネットの情報は全部本当とは限らないから、どれが本当でどれが間違ってるのか、自分で判断して行く必要がある」てなことをのたもーてますけどね。
 
 私に言わせればそぉっくりそのまま、あんたらに返したるわですよ。
 
 なんで自分ら大新聞関係のマスコミは正しい、と言い切れるのかその傲慢さにこそ問題がありますわね。今までどんだけウソ報道や間違い、誤報道してきてんねん、みたいなね。もっとタチが悪いのは、裏で結託してるのか、手を抜いてるのかで、どこの媒体も同じ事しかゆーてないニュースや社説。
 害はあれへんけど、ええ例が桜の開花情報。ま、これはまた長なるんで後日に。

 しかしいずれにせよ、新聞やら雑誌やら、全紙面を100%として、読まずに捨てる事になる部分、情報としては不要だった部分など、文字通り“完全に無駄になった紙”の面積は一体何%になるんでしょうな。
 以前、竹宮恵子さんが著書『私を月まで連れてって』の中で、女性週刊誌からダイエットや美容に関する広告ページを切り取ったら1/3ほどになった…みたいな台詞を書かれてたんですよ。
 実際、古新聞とか古雑誌とか、食器の包み紙や使用後の食用油の始末などのリサイクル利用はともかくも、あまりにも紙を使い捨てしすぎてる事は否めませんわね。

------------------------------
Apple、iPadを4月3日午前9時に店頭発売 - 「iBookstore」も同日公開Indextop
2010-03-29 22:45:00

米Appleは、全米221店舗のApple Storeおよび家電量販チェーンBest Buy、Apple Authorized Resellers、大学内の書店などにおいて、iPadを4月3日午前9時(米国時間)より店頭発売することを発表した。電子書籍アプリ「iB .....>> Read more

(C) Mainichi Communications Inc. All rights reserved.
------------------------------

 もっとも、地デジのTVと同じで、電子ブックやe-Paperは読むための機械ありきというのが最大のネック。そういう意味ではコイン数枚で買える、紙媒体の新聞も消えると困る人が居られるんですがね。
 
 せやけどどれだけ時間が掛かろうとも、新聞や雑誌、広告などの“使い捨て型”の紙媒体は消える運命にあるのは時流の必然ってもんやと思います。少なくとも、紙を作るためだけに樹木を伐採するのだけは避けるようにしていかんと。

 今まで『電子ブック』て呼ばれてたものは、単にぶっこんだデータを表示するだけの『持ち運びモニター』で、いわば電子化されたメモボードみたいなレベルのもんでしたが、通信機能が加わったことでパソコンのネットブラウザーを持ち運ぶのと同じ事になったわけですな。

 まあそれはi-Phoneを持ち出すまでもなく、インターネットを表示できる機能があれば3G式の携帯電話で事足りたんですが、やはりポイントは画面のデカさにあります。
 コミックスなみの画面サイズはやっぱりかなり機能的。
 せやけど、まだ小さい。私に言わせれば理想はA4フルサイズ、最低でも実画面がB5サイズはないとしんどい。
 いくらスピーディに全体画面、拡大表示ができても、壁にバッと拡げて貼り付けた新聞記事を遠くから望遠鏡で観てるようなもんで、見づろうて仕方ないでしょう。けっこうストレス感じる。
 
 ちゅーかこのサイズではi-Phoneのデカい版でしかないから。

 Kindle(キンドル)も画面が小さいのでまだ問題外ですが、A4くらいになると一般的なリーフ、パンフレットの役目が果たせるんですな。コミックスなら横位置で見開き閲覧ができるから表現に無理がない。
 片ページだけのコミックはやはりデザイン・レイアウト的にかなり無理があります。まして今携帯で配信してるような、コマ単位なんか創り手にしてみるとものすごく不自由。マンガに最も大切なリズムや流れを機械のダウンロードスピードに任せる部分が出てくるでしょ。
 なによりマンガっちうのは、今観てるコマ以外は視界に入ってないようでも、実はちゃんと見開き全体を認識できてて、それを利用して話の流れを作るんで見開きの概念は必須なんですわ。まして昨今は4コマといえども昔のようなハシゴ式とは限らないわけやから。

 さらに。

 A4サイズまで表示できたら、パンフどころか最も需要の高いスーパーや百貨店などのチラシもこれで配信できるわけです。そう、配信。新聞の折り込みではなく、ネット用新聞の片隅のバナーのクリックで地域の売り出し情報が手に入る。

Ipad100403chirashi
*画面は筆者が勝手にこしらえた合成です。まだ実現していません

 もちろん自前で作って、Twitterとかで全世界的に同時配信の告知というスタイルもできるわけです。
 なにも大手の広告代理店に巨額の無駄金払って頼らなくても良くなる。そらね、儲かってる一流企業はそうしたらよろし。けど、フツーのお店やら、がんばってるけどカネのない中小企業でも大々的に宣伝できるのはエエ事です。

 ちなみに、そしたら紙媒体のデザイナーは失業かちゅうたらそうでもないかも?(甘いかしら)
 逆にニッチ需要と言いますか、個人や小規模事務所で受けられるので中間マージンがなくなるだけでもコストが下がるし、たとえ安く受けても、その後の印刷プロセスがないから紙やインクなどの仕入れ代金の心配もないから、リスクも減るし、多少は創り手も実入りが増える?

 ただし、いずれにせよ印刷業界、製紙業界はかなり落ち込むでしょうなあ。
 素粒子ドット技術が確立して太陽電池が超進化したら、『ガンダム00』の世界みたいに原油産出国はエライ事になるように。
 せやけど、こういう改革は中国みたいな超多人口の国にこそ大きな効果になるんですが…
 超金持ちの隣でド貧困な人が住んでる状態では、国が無償で全国民に配るようでない限りトテモ難しいわねぇ。あれ?せやけど、社会主義て、そーゆー国のことやんね?

《つづく》


ふむ、なるほど、と思われたら▼▼ブチブチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

|

« 《お知らせ》3本目の京都ぶら旅2010年の桜ネタアップ。 | トップページ | 『iPad(あいぱっど)』に関するブツヤキ。その2:まだまだ原始的? »

◆ブツクサつれづれ。」カテゴリの記事

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

一番怖いのは、ちゃんと作家に正規の報酬を支払うのかですね。
そこら辺の部分ちゃんとしないと、アメリカ人の好きなクリエイターではなく中間マージンを貪る奴だけ儲かるアホな仕組みになりそうで怖いです。
奴らの手口は利益の一極集中負けた奴は契約の仕方が悪いだの言い出す連中だ。
(日本人大リーガーの契約を見ても交渉人といわれるヤツらの稼ぎを見るとふざけるな良いプレイをしてくれてるのは選手だぞと思います!)
新聞といえば日経が有料Webバージョン作ったらしいけど優良なんでスルーしてますね!
ちなみに携帯でただ読み漫画読んでみた感想ですと、コマりが悪かったり見開きが表現出来ないなどまだ問題は多いですね。
アクションもので振動するのは面白いんですけ大駒をミニサイズにされるのはちょっと・・・。

投稿: ポニ萌え | 2010.04.03 00:37

ポニ萌えさん、毎度!
いや〜報酬の話をいうなら、昔からちゃんと払われない…なんてのはありますから。事実、大手代理店ちゅーのはそれででっかくなったと陰口もぼそぼそぼそ…
しかし!世界は変わりつつありますでしょ。広告費でまかなうフリーペーパーもなるほど、と思いましたが、さらにアクロバティックなカラクリで儲けを出すデジタル企業も出てきました。
いつになるかとかは別として、e-Paperが本格始動したら、携帯も変わりますよ。たぶんフツーの単機能電話に逆戻りかも?

投稿: よろづ屋TOM | 2010.04.05 00:44

うーむ、、実際のところデジカメの創世記の頃と同じでまだこれは恐竜的進化を遂げる前の小さな一歩なんですねえ、まだ歩き出したばかりの小さな子供で此処から「怪物」に変わるか「より良きパートナー」になるかは使い手しだい(鉄人28号の如く、、)

実際のところ「電脳メガネ」って欲しいですね、あのコンセプトは実際どこかがやってそうですが、、

投稿: ざんぶろんぞ | 2010.04.07 12:58

ざんぶろんぞさん、毎度です。
Twitterでもなんか次々と不具合の報告が流れてるようですねー。
ちゅーか、んなこと覚悟の上で“初もの”買ってるもんやと思うんで「ほらな?」って。Appleはいつもそうですもんね。

けど、これはいわばユーザーを使って実験してるようなもんなんで、後の後のバージョンならかなりこなれてくるし、その頃になると他者もヨタヨタと追っかけ始めるから市場はオモロなりまっせ。

電脳メガネ、欲しいですねー。携帯電話の次はあれを実現せんとデジタルの今後の進化はないと私は考えてます。

投稿: よろづ屋TOM | 2010.04.07 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 《お知らせ》3本目の京都ぶら旅2010年の桜ネタアップ。 | トップページ | 『iPad(あいぱっど)』に関するブツヤキ。その2:まだまだ原始的? »