« 酸っぱさがたまらん『えびせん フレンチサラダ味』 | トップページ | ぼーだほん!って名前の方が好きでしたが。 »

2009.11.08

【ぶら旅】愛宕念仏寺:記事を完全リニューアル。

Otaginembutsu11

 これは石造りの羅漢(らかん)さん。一体はかなり大きい。しかも、こんなのがここ愛宕(おたぎ)念仏寺には、1万2000体もあるといいます。
 実際にご覧になると、なかなか迫力がありますよ。
 ここを前回に訪れたのは1996年。そして『ぶら旅』で最初に取り上げたのは2001年。でも昨年、久々に訪れると、ずいぶん変わっていましてね……。


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 だんだん秋も深まってまいりました。テレビなんかでもまたぞろ、京都へ京都へと誘おうと特番を組みまくりはじめましたね。
 ───でも、近畿は関東以北とはまったく違いまして、実際には比叡山などの山の上や、桜のように早めに紅葉する品種でない限りまーだまだ。やはり本格的な紅葉するには、私の個人的な見解ではありますが、最低でもあと10日以上はかかると思われます。
 んなわけで、ま〜だまだあわてなくても大丈夫なんですが、ご紹介する記事としてはやはりチト早い目に色々と書いておく必要がある訳でして。

 で、新ネタの他にも過去ネタを見直すべき時も来ているなとゆーことで、

 石の羅漢(らかん)さん、といえば伊藤若冲の作になる石峰寺が有名です。
 そして“念仏寺”といえば、8月の終わりに催される、無縁仏へのロウソクの手向けが描き出す無数の灯火の風景で知られる化野(あだしの)念仏寺が有名ですが、同じ嵯峨野でさらに山の上の方にある『愛宕(おたぎ)念仏寺』はちょっとマイナー。

 私が『愛宕念仏寺』に初めて訪れた頃は、観光ガイドはもちろん、ネットでの検索でさえほとんど知られてなかったのですが、昨年久々に訪れた時、ずいぶん立派なスポットになっていてびっくり。

Otaginembutsu10

 てなわけで、8年前はネットの常時接続がなかった時代なので、当時は遠慮気味だった画像も文章も、今回のリニューアルではドバドバ載っけています。
 観光コースの延長線上ではありますが、さすがにゾーロゾロというほどでもなく、いかにも『ぶら旅』向きのスポット。歩きで充分というのもオススメですので、少し時間と体力に自信のある方は脚を伸ばしてみては?

 てなわけで、50音順リストも加わって、ちったー探し易くなったかも??な『京都おちこちぶらぶらよそ見旅』はこちらから。→■■■ 
 
 

|

« 酸っぱさがたまらん『えびせん フレンチサラダ味』 | トップページ | ぼーだほん!って名前の方が好きでしたが。 »

◆『ぶら旅』更新のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酸っぱさがたまらん『えびせん フレンチサラダ味』 | トップページ | ぼーだほん!って名前の方が好きでしたが。 »