« 降臨したのか、魔が差したのか。 | トップページ | あの『an・an』で『戦国武将占い』が紹介されました! »

2009.11.16

『ヤマサ カレーうどん専科』これ結構使えます。

Curreydashi

 ほんまはね、昔一回だけ試しで買った、“冷たいまま食べられるレトルトカレー”をずっと探しているんですけどね。売ってないんですよ、これが。いや、メーカーはおろか、商品名はなんだったかも不明なんですけど。


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 要するにカレーにつきものの油を植物性のみにして、極端な話冷蔵庫から出したまんまでも普通にご飯にかけたりできるというすばらしいものなんですが、これが試験販売だったのか、それがうまく行かなかったのか全くそれっきり見た事がないんです。
 たしかハウスだったと思うんですが…はて、S&Bかしら。それも判らない。
  (* ̄ェ ̄) けっこう美味しかったのになあ。

 近年、グリコが『ちょい食べ カレー』ってので同じコンセプトのを出してるんですが、これがなぜか店で売ってなくて、ネット販売しか入手ルートがない… 
 ま、それはイマドキでいいけど、問題は数。10袋セットの単位でしか売ってない。
 (;´д`;)グリコだから味に関しては信頼してますけど、でもいきなり10袋も要らんと思ふのよ。
 せやかてね。『ちょい食べ』したいから欲しいのに、10袋セットって矛盾してますやん。

 そしたらある日見つけたのがコレ。

 原材料を見ると、やはり植物油のみ。てことは目的のものと同じちうこと。
 で、麺好きな私は、うどんでも冷や麦でもそうめんでも、ノーマルなお出しの他に必ずゴマしゃぶのタレとか味噌汁とかで変則的に食べて色々と楽しむワケで、これでそれに『カレー』バージョンが加わったのです。
 実際、これなかなかウマい。ヽ(´∀`*)ノ 麺類だけでなく、もちろんご飯にかけてもいいし、ギョーザのタレにも合う。サラダもいけるし、工夫次第でトンデモナイ展開もありうる。
 もっと小さい容器に入れて持ち運んで弁当カレーにしてみたいという誘惑にも…
 もちろんお湯で割って麺を放り込み、ネギを散らせばカレーうどんもカレーラーメンもすぐできてしまう。

 これヤヴァイほどええわあ。(´∀`人) 私、そんなにキレンジャーぢゃないんですけどね。

 裏面にある参考レシピには“カレー鍋にも”ってありますが、正直な話、カレーってマヨネーズと一緒で、使ったら最後どんな食材もねじ伏せてしまうと思うのです。
 極端に言えば、あとに残るベースの個性は食感くらいではないでしょうかね?
 そういう意味では、鍋のダシそのものは普通の寄せ鍋にしておいて、各々が取る器でのカスタマイズに使った方が色々な味が楽しめると思うんですが。
 でないと最初から最後までえんえんとカレー攻めですからねえ。スタートの菜っ葉系もカレー味、途中の肉系もカレー味ならシメの雑炊もカレー雑炊。

 どんだけカレー好きやねん、みたいな。(≧∀≦;) まあ、アリですけどねー。

 で、紹介が遅れましたが左の『ミツカン 紅の梅だれ』。これもなかなかウマい。
 もともとはイワシのフライとかにチューブ式の梅肉を添えるところを、これならソース風で粘度がゆるいので馴染みやすくて面白いのでは?と思ってカレー専科と同時に購入したもの。
 ちょっとドレッシングっぽいためか、甘めの味付けなので好みは分かれるかも知れませんが、これも先の餃子にも合いました。個人的にはもっと酸味を効かせたいので、クエン酸を加えるかレモン果汁を加えて使ってます。

 ところでこの梅の花をあしらったデザイン、非常に秀逸だと思うんですが、使う時は“皮をむいてしまう”のでキャップ部分はベージュ色の坊さん状態なのが残念。

 

|

« 降臨したのか、魔が差したのか。 | トップページ | あの『an・an』で『戦国武将占い』が紹介されました! »

◆うまし食、美味し話、旨し酒。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 降臨したのか、魔が差したのか。 | トップページ | あの『an・an』で『戦国武将占い』が紹介されました! »