« 海外いってないのに時差ボケ。( ̄ハ ̄lll) | トップページ | 『バガボンド31巻』始まって以来の事かも。 »

2009.09.07

日々のストレスは『ハヤテ』でスッキリ解消!!

Aizawasakuya

 ハヤテが今私の一番のストレス解消になってます…え?なのに絵がハヤテぢゃない?
 だぁってぇ〜。いぃくらハヤテが女の子と間違うほど可愛い顔をしてるったってぇ。オトコは所詮男でしょうにぃ〜…と若本規夫さん口調でゆぅてみたりなんかしてぇ。

 (-д-;) あ〜。『ハヤテのごとく!!』観てるとほんとに若本口調が感染ります。

 で。絵は私の大好きな植田佳奈さん演じる愛沢咲夜(あいざわ さくや)ちゃん。とにかく天真爛漫、常にハリセンを隠し持って人間全ての会話にボケとは何か、ツッコミとはどーゆーものかという方向へ持って行ってしまう、唯一の大阪弁のお嬢様。
 けれど案外人情家で面倒見が良く、主人公のわがままお嬢様、三千院ナギを妹のように可愛がり気遣っているんですな。
 同時にナギの表も裏も知る人物であり、ナギは彼女の事を“さく”って呼んでいるんですよ…ご存じでしたか、SAKさん。

 てゆーかですねー、『ハヤテ』は好きな声優さんだらけなんですが、ドタコメ(ギャグまんがだという話も)でありながら中々に温かい話が多いのも私好みで。


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 とかなんとか萌えてますが、実はハヤテにハマったのはつい最近。
 まぁ〜〜〜〜ったく知らなかったんです。この作品。

 たまたまOVA『アツがナツいぜ!』を観る機会があって、「な、なにコレ、おもろいやん!? なんでこんなん知らんかったんやろ」てなワケで第二シーズンから観始めて、徐々に最初の方も借りてきて。

 でも………(-_-;) 第一シーズン…可愛くない…デッサンくずれまくるし…

 ケッサクな原作ありきですから基本的なところは大差ないので、話の面白さはまあまあなんですが、変な遊びが多いのか、一本の中でも中弛みがあったりして、脚本にちりばめられた笑いの要素もあまり特筆すべきものも無し…の普通な作品なんですよね。
 できのいいのは数本に一本とか…まあ『うる星やつら』なんかもそうで、昔はこの手の作品がほとんどだったんですけど。

 しかし。もし第一シーズンから観てたら今の第二シーズンは食わず嫌いしたかも。

 そういう意味でもがらりと生まれ変わったOVAから観たのは“運命の出逢い”だったようです。
 キャラデザインの愛らしさや性格を反映した個々の演技の魅力は勿論の事ですが、なにせ笑いのセンスが格段に良くなってる。以前のは『Pー』音で伏せ字をしたり、妙なキャラで視界を遮ったりしてたのを、言葉遊びや元ネタを知らない人でもちゃんと解る配慮が成されてたり。

 たしかにパロディというのは原典ありきですが、原典が解らなくても笑えて、しかも原典を知っていたら数倍楽しくないといけないと思うのです。
 知っているものだけが面白い、というのでは子供レベルのローカルギャグセンスでしかない。
 ちゃんと丁寧な配慮の元で作られたパロディは、後に原典を観る機会があった時に時限爆弾のように思わず画面を指さして爆笑させうるパワーを持っています。
「ああああ!あれ!あの時◯◯でやってたアレ、これか!」と。

 創り手だけが楽しんではいけないし、観る側だけのために作品があるわけでもない。
 それがいかに難しいかは骨身に染みていますが、『ハヤテのごとく!! 2nd Season』はそれができている、良い作品です。

 ファンとして中身的な話をするなら、ハヤテならモテモテでも仕方ないかな、と思える中、ちゃんとハヤテ以外のキャラたちによる多重構造の恋愛模様も進行しているし、その割にさじ加減が絶妙で従来のハーレム系ラブコメに陥ってないのがイイ。

 逆にまったくそうした輪の中から飛び出してるキャラや達観してるキャラもいて。
 マリアさんなんか、従来のノリで行けば絶対ハヤテとややこしく絡んでしまうのに、ありえないくらい超冷静なオトナですからねえ…でもそんな中でたまに見せる子供っぽさがたまらなく魅力的♪…上手いなあって思います。

 こういう“変人だらけ”てんこもりな作品はほんとにキャラクターの魅力いかんに懸かってるわけですが、だからといって安易に新キャラを続出させずにそれぞれをきちんとリンクさせつつ、人間関係の面白さも織り成していってるのも、私としては大変ポイントが高い理由なのです。

 あ。そうそう、ビジュアル面も凝ってるんですよねー。それこそ絵の咲夜ちゃん。
 サリゲに毎回オサレなんですよ。レイヤー(コスプレイヤーではなく本来の重ね着って意味の)を駆使してたりなんかしてるし、色使いがなんとも上品。
 ハヤテやマリアなどの“制服組”はともかくも、私服組は毎回異なるファッションで個性を発揮してて驚かされます。お、もちろんたまにお目にかかれるヒナギクさんや西沢さんの私服バージョンも楽しみですしね。
 
 ともかく。ヽ(´∀`*)ノ 愛沢咲夜ばんざい。やたらかわいいぞ!!
  

|

« 海外いってないのに時差ボケ。( ̄ハ ̄lll) | トップページ | 『バガボンド31巻』始まって以来の事かも。 »

◆フェテイク&Tom's Picture」カテゴリの記事

コメント

はじめは、勝手に改蔵の二番煎じといわれていたのに、今見るとそれが手段であったかのような感じですね~!
名もなき新人漫画家が、オリジナルやっても目に留まらないだろうと、パクリネタオンパレードで読者をひきつけて足場を固めてから描きたい事を描きだすある意味すごい計算です!
(コミックによると元々描きたかったのはアテネからみのストーリーだったとか)
原作では遂にアテネが登場不動の人気NO1のヒナギクがふられるというとんでも展開!
ちなみに自分は、アテネ→マリアの順で好きですね~!
はじめはマリアがディフェンディングチャンピオンだたのにアテネにはやられました!
原作連載開始当初から見ているとよくここまできたな~と思いますね~!

投稿: ポニ萌え | 2009.09.07 20:02

本文中にいきなり名前出てきてびっくらしましたわい(笑)
ハヤテはタイトルこそ聞き覚えあるものの、ぜんっぜん観たことないです。 う〜。。。時間と体力の関係で見たいけどまだ観てないものがどんどん増えてるぅ〜〜〜(主によろづ屋TOMさんからの情報で(笑))

とりあえずまともに観られてるのは「ハガレン」と「かなめも」と「咲−Saki-」(あ、ここにも「咲」の字(笑))くらい〜。

あとは動画投稿サイトからぽつぽつ時間があるときに観てはいるのですけど、いろいろあり過ぎてっっ!! もうすぐフィギュアスケートのシーズンになるとそっちだけも大変になるんで、いまのうちにいろいろ観ないとっsweat01

投稿: SAK | 2009.09.08 00:46

ポニ萌えさん、毎度です。
ははは…すみません、わずか数本の特定コミック以外は皆目読まない、眼もくれない私は(んなことしてたら破産しますからね)もちろん原作を読んでいないし、おっしゃる事のほとんどがわからん…

( ̄_ ̄lll) 片っ端からググリました。

だから天王州アテネなんて今初めて知りましたよ。うー、知らなければ良かったな、これは…(といってもどなたかの2〜3行の記事だけなんですが、それでも充分見えてしまった)でも今の流れから行くと、3rdシリーズが決定しない限り彼女の出番はないでしょう。
てなわけで私は基本的にアニメ版しか観てないし、あくまでアニメ版を独立した作品として評価も判断もしていないヤツだと思ってください。

逆に東映動画お得意の、原作トレース式のアニメだと知ったとたんに評価ガタ下がりなんてこともありえますけどね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.09.08 03:50

SAKさん、勝手に本文中に登場させてごめんなさいね〜〜(;´人`;)
でも『ハヤテ』の作中でナギ役の釘宮さんが「さく」って連呼する度に頭の中でアルファベットに変換されてしまって「あ・今夜もアップされてるかしら」とフト我に返ったり。

アニメのハヤテ2ndは私の周波数ぴったりなんですよ。内容、引用、パロディ、笑いのツボ、ボケ&突っ込みのテンポ、人情ネタ…どれも大好きなノリ。(1stはその点でどれもズレてます)
いま音信不通になってる親友と、来る日も来る日も、えんえんアニメ&特撮&映画のアホ話だけで生きていた頃の理想のテイストまんまなんです。

それでも私も観られてないアニメだらけです。良くも悪くも多すぎるんですよね。良い作品のとりこぼしいっぱいあると思います。いつかは拾いますけど。
録り溜めしてるDVDレコーダーも消化するのに必死です。良い作品はちゃんと画面の前で観たいし、そうでないのは流し観する程度ですが、それなら観る必要あるのか?ってのもあるし…それでも時間は必要で。ゆーてるウチに今期もまた大詰めですしね。
ましてコミックはカネ掛かるし読む時間もない。

(;´д`;)ああ。時間と体力とお金…必要なものばっかしですねえ。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.09.08 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外いってないのに時差ボケ。( ̄ハ ̄lll) | トップページ | 『バガボンド31巻』始まって以来の事かも。 »