« よろづ屋TOMの『怖い話』第一夜:その3 | トップページ | よろづ屋TOMの『怖い話』第二夜 »

2009.08.19

よろづ屋TOMの『怖い話』第一夜:その4

 そう…すっかり忘れてましたよ。こんな記事書くまでは……。そしてすっかり思い出してしまいました…
 あの『その3』のあと、こんなことがあったんですよ───

 
 
 
 やつらに意志があるとか 何らかの思惑があるなんてもちろん信じてはいません
 
 
Kaidan_16
 
 
  
 
 
 
 でも奴らは一度逃しても 必ずまた現れる───そう時間をおかずに
 
 
 
 
 
 
Kaidan_17
 
 
  
 
 
 
 
 
 まるで 未練でもあるかのように
 
 
 
 
 できることなら  仕返しでもしようと考えてでもいるかのように
 
 
 
 
 
 
Kaidan_18

 そして その予感は残念ながら 外れたことがない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 でも そいつは 特に異常だった

Kaidan_19
 
 
 
 
 それはどう見ても死んでいるはずの姿だった
 
 
 
       ぼろぼろで ぐじゃぐじゃで 壊れていた
 
 
 
 
              それが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Kaidan_20
 
 
 
 
 
    枯葉が舞っているようだった
 
 
            それほど広くもない部屋を横切って
 
 
 


Kaidan_21
 
 
 
 
 
           ゆっくり
 
 
               ゆっくり
 
 
                  私の方へ
 
 
                     まっすぐに

 
 
 
 
 


Kaidan_22
 
 
 
 
 
 
 
       一体どんな逃げ方をしたのかは 覚えていません
 
           パニックを起こしたことは確かです
 
 
 
 
 

Kaidan_23

 
 
《おしまい》次回は最終回《第二夜》です

 大丈夫、次は虫ネタではありません。ええ、たしかに虫ではありません。

 せいむたいむ、せいむちゃんねる。またこの時間にお逢いしましょう。
 



|

« よろづ屋TOMの『怖い話』第一夜:その3 | トップページ | よろづ屋TOMの『怖い話』第二夜 »

◆ブツクサ絵日記」カテゴリの記事

コメント

おばんです。トラやんでんがな。
昨晩はこちらで虎犇なネタ、すんませんでしたな~
わて、人のフンドシでオナ〇ーするタイプですねん。
そのうち、2000字劇場に2001字コメントしますさかい。

いや~ん、想像を絶する恐さですね。ゴキゾンビが顔に向かって飛んでくる様子を想像しただけで失禁です。ゾゾゾゾ~、キャリーが地面から手を出したみたいやんか~!!

第1夜を読んだときは4コマ漫画のイメージでしたが、コマとコマの間の文が存在感をどんどん増して、漫画でもなく、カット入り文章でもなく、イラストと文章のコラボレーションな感じで、私には非常に新鮮でした。
すごい、すごい!
ネットでは、こんな表現形態があるし、スクロールしながらワクワクできるんですね。
どちらにも才能があるからこそ相乗効果で成り立つ世界です!
すごく刺激的です!画才も文才もひたすら羨ましい!!
(いっぱい吸収しちゃおっと!)
次も楽しみにしてます!!

あ、オナ〇ーの〇には「ラ」を入れてくださいプゥ。

投稿: 矢菱虎犇 | 2009.08.19 21:38

矢菱さん、失礼しました。いやいや、ゆーてみただけです。(≧∀≦)ツッコミですよ、ツッコミ。
でも2000字劇場に2001字コメントはカンニンどっせ。あっちは絵がないから文字だらけになりますもんね。
でもこの記事描くまで、ほんまにこのことは忘れてました。文字通り記憶の封印をしていたんでしょう。今ならあの時飛んできたヤツのハネの色と乾いた音を思い出せますよ。
≫ネットでは、こんな表現形態があるし
うん、私もこの手法、一種の実験でしたが結構イケるなと。ヒントは些細ツナさんのブログ。(ツナさん、いつもありがとねー)
ずっと弱点だと思ってた縦スクロールもこれなら使えますよね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.19 22:48

ほんと…
どーしてヤツらは人間様に向かって飛んだり走ってくるのでしょう…
野生児だったダンナはGを平気で退治してくれますから頼りになります。ありがたや…
しかし、遭遇したくない…ぞんびGなんて!

投稿: もこねえ | 2009.08.20 00:34

もこねえさん、毎度〜〜〜〜〜。
そう。あれ、不思議でしょう。化石の頃から進化してない奴らでも、飛ぶのが下手なのは一応その能力が退化してるからだそうで。
だから高いところから“落ちてくる”という表現が正しいらしい…
やはりホウ酸団子の地雷原!これしかありません。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.20 09:51

正体はGでしたか...
思わずKYなレスしてしまいました(ToT)
 
しかし...
これってほんまの恐怖ですね。Gが飛んできた経験はあたしにもありますけど、冗談抜きで体温が一気に5℃下がる気がしました。
 
次回作、期待してま~す♪

投稿: いか様 | 2009.08.20 12:19

いか様!
いやいや、いか様のコメントのおかげでその後修正を加えることができました。感謝してますよ〜
次回作…さすがにしつこいので皆様ヘキエキなさってるでしょうが、今夜が最終夜でございます。
あと、明日は明日でお口直しをご用意いたしておりますわん♪

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.20 14:15

たしかGって人間より生命力が凄まじいそうですね。
人間でも耐えられない大手術を、眠らなくても受けることができ
ピンピンしているとか……
いやぁ、つぶされたG……それが飛ぶなんて……悪夢ですね……

投稿: hiro1468 | 2009.08.20 16:33

こんばんは、よろづ屋TOMさま♪
手負いのGは始末におえないですからね〜(笑)。

Gといえば、数年前天井を闊歩するGがいたんですね。
別に当てるつもりは無かったんですが、愛用のエアガン・オート9で狙いを定めて撃ったら、めっちゃ当たっちゃったんです。
Gは文字通り四散してバラバラに。
BB弾の破壊力を思い知りました。
そしてバラバラに飛び散ったGの欠片を集めるのが大変だった事…。
もう二度とGをエアガンで撃たないと誓いました(笑)。

投稿: ともや | 2009.08.21 18:34

ともやさん、毎度です!
私も以前AK16のエアガンでカメムシを撃ったことが…。
自宅ではありませんでしたが、それこそ命中して(一撃必中、いい腕でしょ)四散したんですけど、当たった瞬間、煙が上がったんですよ!
なんと例のカメムシ名物の液体ガスでして、直後に風に乗ってすんごい匂いが…
私も同じ誓いを致しましたわ。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.21 23:28

こんなこと!
もう、ボクの頭の中では
ナウシカの子供の頃のうたが流れてます。
♪ラン ランララ ラン ラン ラン
ラン ラン ラララン♪

いやあ、巨神兵!!

投稿: ヴァッキーノ | 2009.08.23 14:43

ヴァッキーノさん、毎度です。
ナウシカの虫はでかいから“怖い”の意味合いが違いますよねえ。そういえばダンバインの材料も虫の殻でしたっけ。

まあ私に言わせれば胴体が手のひらよりデカくなればエビやカニと一緒ですよ。ええ、どっちも気持ち悪いことには変わりありません。

ちなみに巨神兵は腐ってるからものすごく腐臭がしそうなんでイヤです。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.23 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よろづ屋TOMの『怖い話』第一夜:その3 | トップページ | よろづ屋TOMの『怖い話』第二夜 »