« 今こそガンダムと戦争を考えよう:1 〜武器プラモの功罪〜 | トップページ | 今こそガンダムと戦争を考えよう:3 〜兵士の苦悩〜 »

2009.08.06

今こそガンダムと戦争を考えよう:2 〜惨劇を知る義務〜

「戦い」と「恋愛」モノばっかりだなあ

 誰かが今のアニメ全般を観てそんなことを仰ってました。もちろん例外もありますが。
 でも仕方ないんです。映像作品にするとそれがもっとも面白く作れるんですから。
「戦い」は男性因子を
「恋愛」は女性因子を刺激して観客を呼ぶわけです。
「殺人と戦争は映画だけが為し得る、あってはならないシミュレーション」とは、私の友人がかつて言った言葉。
 だけど抗争、紛争…なんと呼ぼうとも、実際に今日もどこかで人は殺し殺されてる。マネゴト、シミュレーションの映画なんかじゃなくて。
 そこには殺すか殺されるか、二者択一の赤裸々な現実しか残されていない。

Cocolog_oekaki_2009_08_03_16_09

「悲しいけど、これ戦争なのよね」
 

 今日、8月6日は広島にウラニウム式の原子爆弾が落とされた日。

 先日、神戸元町へ出掛けた時に、商店街の入り口で通行人に声を掛けている若者たちがいました。
「折り鶴を折ってくださーい!長崎の平和祈念日に、みんなで折った折り鶴を慰霊塔へ献じるためです」
 私と母も参加して、白い折り紙をもらって折りました。
 十数年ぶりに折り紙。途中までは手が勝手に折っていったんですが、ある一点からピタリと停まってしまいました。見かねた母が「ちゃうがな。ほら、ここで、こう」と正しい折り方を教えてくれて事なきを得ました。

 長崎。素敵な、良いところです。
 一度だけ行きました。もう一度行きたい街の一つです。

 8月9日が長崎にプルトニウム式の原子爆弾が落とされた日。

 私は変わってるのかも知れませんが、以前バブリーな頃に務めていた会社で連れて行ってもらった沖縄では、ほとんどひとりホテルに籠もっていました。

 怖かったんです。
 激戦地だったから。

 ここで自分らが遊びのためにはしゃいではいけない、亡くなった人に申し訳ない。
 そう思ってました。

 同時に怖くて、だから三日の間、どこも行かなかった。
 前回ちらりと書いたように、たぶん一般の人よりは太平洋戦史も詳しく知っていたから、沖縄という土地の持つ意味が他の人とは随分違っていました。
 今でこそその独自の文化も、音楽も、食べ物も、心から愛していると言える国ですが。

 その後、自分でもういちど沖縄へ行って、いきそびれてしまった場所へ行かねばならないと思い、摩文仁の丘、ひめゆりの塔などへ行きました。
 そして年を変えて広島、長崎にも出掛けました。
 いずれも日本人として、被爆に関する場所を観ておかねばならないと思ったから。

 いずれの被爆関係の展示をしてある所や戦争に関係のある場所を選んで訪れました。当時はまだ涙腺が硬めだったので視界が曇るだけだったんですが、今行ったらきっと耐えられないでしょう。
 広島で観た、熱で変形したアルマイトの弁当箱に詰まった、真っ黒に炭化したごはん。
 色のついた縞模様の部分だけ熱線を吸収し焼けて無くなった奇妙なシャツ。
 人のシルエットを焼き付けてしまった石段。

 ほかにも無数に展示されていたものは、すべてその時誰かが普通に使っていた、持っていたとるにたりない日用品。ただし、太陽の表面と変わらない温度の熱線を瞬間的に浴びたもの。
 写真やテレビでは観ていたけれど、実物の説得力はその比じゃない。恐ろしい。恐ろしい。恐ろしい。こんなになってしまう“もの”を生きた人間が生身に浴びたなんて。

 たとえ生き残れても、これを現実に体験した人はこの記憶をどうしたらいいんだろう。映画『父と暮らせば』はそんな疑問にひとつの答えをくれます。

 そして長崎で観た、爆風でふっとんだ片足だけの鳥居。美しい、美しい街、長崎。
 神戸とも違ったテイストの異国情緒にあふれ、行き交う人もみな穏やかな空気感に包まれてて。でもその同じ街の数十年前のある日、そこはそのまま地獄になったことを思うと、あまりのコントラストに震えてしまいました。

 後日、まだ羽振りの良かった勤め先が慰安旅行で連れて行ってくれた唯一の海外、サイパン島。
 一般の人には海水浴の常夏の島ですが、戦史に詳しかった私にはそこは日本軍玉砕の島以外のなにものでもなかった。
 同じ気持ちを持っていたふたつ年上の友人と一緒に観たのは、穴だらけの壁に囲まれたトーチカ(簡易要塞)のあと。
 穴はアメリカの物量にモノをいわせた機銃掃射によって開いた穴です。
 今でこそただの“何もない穴蔵”なんですが、そこでおびただしい人血が流れ、多くの人が人生を失った。

 そしてそこからほど近いところに放置された、今は朽ちかけた日本陸軍の戦車。
 それでもそれは、まさに米軍の砲撃を受けて頓挫したそのままの位置、姿で今も遺されているはずです。

 その時は砲弾を喰らって開いた大穴がさらに錆びて朽ちて、中に容易に入る事ができました。
 小さかった。当時身長163cm65kgの私でさえ、これは狭い、と思った。
 アメリカやソ連、ドイツの誇る大型の“戦車”をランドクルーザーと例えるなら、日本のソレは軽四としかいいようのない小ささ。
 上に積まれている砲身も、大砲と呼ぶには細すぎる。
 キャタピラ幅もうそみたいに狭い。今の耕耘機とそれほど変わらない印象でした。

 しかもそんな中に、砲手、運転手と、外へ頭を出して指示をする車長が乗ってたはず。
 なによりも、穴の開いた装甲板に手をかけるとその装甲の薄さに驚きます。

 たったの数ミリしかないんですよ。南部鉄のすき焼き鍋よりは厚いかも知れないけど、敵戦車の砲弾がこんなもので防げるはずはない、と思いました。
 アメリカやドイツの戦車は数cmもの装甲版で、角度をつけて作られていたので運が良ければ敵の砲弾を弾いたと言います。もちろんそれでも直撃したら室内にいた人は鼓膜くらいは破れたでしょうけど。

 当時日本の戦車は敵味方の両方から「ブリキの棺桶」って呼ばれてたと言います。
「お前、戦車に乗れ」は死刑宣告と同義語だった。

 中に入ると錆びて朽ちかけた鉄のかたまり───エンジンがすぐそばに見つけられます。
 常夏の島、サイパン。気温35度湿度80%の見知らぬジャングルで、軽四みたいな狭い空間に照りつける熱帯の太陽。
 そしてどうせ攻撃からは守れないと解っていても、むき出しにするわけにはいかないからエンジンも狭い室内にある…いったい。
 この中はどれだけの熱がこもっていたんだろうか……。

 しかも戦闘になれば死ぬ事は間違のない乗り物。乗り込む時どんな覚悟をしたのか。
 どんな覚悟をすればこんなものに乗る事ができるのか。

 国の命令とはいえ、乗らなければならなかった戦車兵、命じた現地の司令官。そしてこんなものを作らなければならなかった技術者はきっと死ぬまで…いや、死んでも顔向けできないくらい、後悔していたろうと思うのです。

 そして青い蒼い海の底には、おびただしい数の日本の航空機の残骸が眠る。
 戦車と違ってジュラルミンの部品が多いので海水でも錆びずに残るんですね。そして沖合いでは船もろとも多くの人が亡くなっています。

 いずれもどんな人がどんな気持ちで乗り組んでいたんだろうか。どんな気持ちで最期を迎えたんだろうか。そしてどんな人生だったんだろうか───それを思わずにいられません。

 私は国を守るための軍備はやむなしとは思いますが、それが必ず生み出す結果とはこれである、という認識と、もしかしたら自分や家族がそうなるのだ、という覚悟は、軍隊の必要性を唱える前に実際に見て考えておかねばならない義務じゃないでしょうか。

 次回は明後日、戦うという心理───兵士の苦悩───について。

《つづく》
 


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

|

« 今こそガンダムと戦争を考えよう:1 〜武器プラモの功罪〜 | トップページ | 今こそガンダムと戦争を考えよう:3 〜兵士の苦悩〜 »

◆ツッコミ一本槍☆←-o(`Д´)o-」カテゴリの記事

コメント

自分も長崎に一度行ったことがあります。
そのときに行ったところが、大体戦争関連のもので、やっぱりその大半は原爆関連のもので、その遺品や資料などを展示している博物館などでずっと眺めていた記憶があります。
それを見ながら自分は、周りの人のことを考えました、一人一人に長い歴史があってその周りの人からしてもそれは歴史の一部で、それが次々問うなわれていき、残ることも無い。それが一番悲しいのだろうと思い。
戦争のツケは戦争が終わってから回ってくるものだと言いますが、原爆がそのいい例だと思うようなことがたくさんありました。

同じように軍事系の作戦などでも、成功した作戦と言われるものでもたくさんの被害が出ていたり後遺症などが残ったり。そんなことの原因である戦争の理由の多くがやられたらやり返す見たいなのが一番多いように感じます。
有名な作戦で言うとノルマンディー上陸作戦とかかな? あの作戦は確かフランスなどの西ヨーロッパのドイツに占領された領土を取り返すと言う作戦だったと思います。
あの作戦でも軍事的損失と言いたくさんの人が亡くなっています。その中でもファレーズポケットと呼ばれる激戦区では連合軍やドイツ軍のたくさんの人々がなくなったりしています。
そんな風に戦争でたくさんの命を奪うのがへいきと呼ばれる道具。それは人間が人間を殺す目的で作ったもの。考えてみればとてもおかしい話だと思います。人間が必死に夢を抱いて飛ぼうと思った空を飛んでまで戦争をするんですから。
戦車と言えばアメリカの戦車が一番強いのではないかと思います。
湾岸戦争の際に使用された戦車M1A2エイブラムスは、敵の戦車が気付く前に破壊していたりするほどの能力で、その戦争で戦車隊は無傷だったと聞きます。それを名誉か愚行かは人判断する人によって大分意見が異なると思います。
アニメや漫画ぐらいならただの自慢話くらいでいいのだろうけど。

話は変わりますが
昔、学校か何かで千羽鶴を追って送ったことがあります。それは、平和を願うものですが
それをいくら折ったところで平和にはならない
「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」と言うような言葉がありますが
国をまとめている皆がこれをわかっていたら少しは平和にもなるのでしょうが・・・

投稿: セトユーキ | 2009.08.07 18:13

セトユーキさん、いらっしゃいませ!またお越しくださってありがとうございます。

そうなんです。戦争に限りませんが、人が一人死ぬということの意味をもっと常日頃から考える必要があると思うんです。イエロー・モンキーの『JAM』の歌詞じゃないけど。

戦争のツケの話ですが、ツケにするのは政治屋で払うのは国民なんですよね。平和な今の政治もそうですけど。しかも軍需産業がらみの所はどっちへ転んでもうまく儲けてきましたから、そういう意味でも『SEED DESTENY』でデュランダルの例の“産業が戦争を欲する”と言い切った台詞には鳥肌が立ちました。
よくぞ、よくぞそれを公共の電波で言ってくれたと。(その後の彼の行動はともかく)
多くの若者たちが観ている、これからも観るだろうガンダムという作品で言ってくれたと。

そして平和は祈っているだけでは手に入らない…というのも平成ガンダムではテーマのひとつになっているように思います。最初はマクロスあたりを意識してるのかなんて勘ぐりもしましたけど。
逆に私は戦場で「神のご加護を」と祈りながら敵兵を殺しに行く神経も疑うのですが。
仰るように進化し続ける兵器ですが、突き詰めればやはり最後はリモコンとロボット兵になるのか…。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.08 01:31

このブログには初コメですね……

戦争を題材とした小説を書くときには、よくDVDや動画サイトで
ドキュメンタリーとか動画を見るんですけど、その中で
特に人間に対して嫌悪感をいだいたのはポソ宗教戦争に関して
でしょうか……
あんな惨いことをして自分の宗教を相手に誇示するなんて……
よく、あれはグロデスクとか言われてますけど、あんなものを
グロテスクだとかの一言で片付けてほしくないものです。

当時の戦車は紙装甲ってよばれるぐらいに薄かったそうですね……
そんな代物にのれなんて言われた時は……
そうですよね……死刑宣告……ですよね

投稿: hiro1468 | 2009.08.08 13:49

hiroさん、いらっしゃい!
私は“惨い”からと人の死を見せないことは、生命に対する冒涜だと考えます。もちろん遺族が拒む場合は別ですが、それを決めるのは他人じゃない。
もしも観る機会があるなら、生き様と同様に人の死に様にも眼をそらすことなく観ることが生命の尊さを知る一番の勉強法だと思います。

こういうと失礼ですが、hiroさんの年齢であれだけリアルな文章を書ける上に、ちゃんと観るべきものを観て、感じるべきことを感じておられることを実に頼もしく感じています。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.08.09 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今こそガンダムと戦争を考えよう:1 〜武器プラモの功罪〜 | トップページ | 今こそガンダムと戦争を考えよう:3 〜兵士の苦悩〜 »