« むぎの卑怯者っっ!カワイ杉るぞ、『けいおん!』 | トップページ | 『せなあかんこと』に追われる日々 »

2009.06.19

『グミ』の実。

090614gumi01

 えー。グミです。キャンディではありません。日本古来からある果実、こっちが元祖です。

 昔、はじめてグミキャンディなるものが出たとき、「なんであんなもん、飴ちゃんにしたんやろう」とず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと不可解でした。
 私はあまり菓子類、それも甘い系は子供の頃からほとんど食べなかったので、グミキャンディなる物が、かの果実とは無縁なものだと知るまでにかなりの時間を要しました。
 

 何年も経ってから、何かの折にクラスメートのだれかが恵んでくれたんだと思います。
 まず、当時の私が自分であの手合いを買うなんてありえないので。

 さてこのグミ、漢字では『茱萸』と書くらしい事がATOKのお節介な変換ウインドウで判りましたが、ぶっちゃけどっちも馴染みのない文字です。
 てか、この記事を読んでどんだけのヒトがこの“グミ”なる果実を、果樹をご存じなのでしょうか?

 園芸をされる方で、会員になられてたら通販のカタログに果樹として苗が載ってるのをご覧になるくらいじゃないでしょうか。一応園芸種として『びっくりグミ』という、これの大実改良種があるのですが、園芸店でも、よほど大がかりなセンターでないとまず扱う事もなさそうな。
 逆に実もの盆栽などならあるかもしれません。なんせイキがよろしい。挿し木の活着率もその後の成長もかなりエネルギッシュです。

 というのも、実はウチではこの娘を買ったわけではないのです。

 以前、妙なところにバラの枝がニュウと伸びてきていたので、どんな花か判らんままに移植してスタンダード仕立てにしたところ、買った事も見た事もない一重の白いミニバラが咲いてぶったまげた…という記事を書いた事があります。

 実はどうやらこの娘もその手合いのようで、どっかのトリがウチへ爆撃したウンウンの中から芽を出して育ったものらしいのですね。もちろん、もう何年も前からあるんですけど、てっきり私は祖母がいた頃に買うなり貰うなりしたものだと思って、大きな鉢に植えていたものだったんです。

 それがあるとき、母がやたら邪魔にして切ろう切ろうとするので「せっかく実も成るのに勿体ない」という話から「アレは勝手に生えたもんや」と聞かされてブッたまげて。
 母いわく、「びっくりグミはおいしいけど、アレは渋いだけで食べられへん」
 しかし見れば見るほど深紅色で半透明っぽい、いかにも『私もベリーっぽいでっしゃろ』と言いたげな見てくれと、ムチムチしたえっちな手触り。

 ▼写真は実物大。綺麗でしょ?ウマそーでしょ?
090614gumi02

 まあ、ウチの狭い庭の中でもいわば無農薬有機栽培状態の場所にあったので試してみたんですよ。そしたら、ベリーっぽい食感に酸味まじりの甘み、でもジューシーだけどたしかに渋い系。
 でも食べられない程度ではない。てか、どっかで食べた事のある渋みなんですね。

 Σ( ̄ロ ̄* ) ををっ!? これは葡萄の皮をシガンだ時のような…ということはこれ、ポリフェノールいっぱいなんとちゃうのん!?

 マンゴーじゃないですが、ちょっと手があたっただけで落果するやつは渋みも取れてかなり甘い。いや、むしろウマい。しかし渋みが残ってるのは皮もハリがあるけど、落果直前のはちょっとシワシワ。とはいえ冷やせばマジでけっこうイケるんですよ。
 しかも収穫量がこの写真の10倍は軽い。アホほど成ります。

 実はこのグミ、けっこう目立つ場所にあると思うんですが、野鳥の襲撃からは逃れているという我が家では『奇跡のくだもの』なんです。
 なぜかヤツら、どう見てもウマそうでない南天とかピラカンサの実や、これまた食い物とは言い難いカロライナ・ジャスミンの蕾は全滅するほど食いまくりやがるクセに。

 あいにく今年はこれで終わってしまったんですが、渋みをうまく取り去るやり方があるならジャムもありっぽいんですよねー。煮たらどんな色になるのか不安がないわけでもありませんけど。
 まず、今残ってるヤツはスーパーカップのアイスクリームに混ぜてみようか?などと野望は膨らむのであります。

  

|

« むぎの卑怯者っっ!カワイ杉るぞ、『けいおん!』 | トップページ | 『せなあかんこと』に追われる日々 »

◆花咲けるジジ道(植物ネタ)」カテゴリの記事

コメント

お得意のジャムにしたら、えぇんちゃうん??

投稿: ※愛守※ | 2009.06.20 01:06

おおー 綺麗ですね!初めて拝見しました。

ジャムは保存がきくように
砂糖を沢山つかって煮るようなので
色はわかりませんが、美味しいのでは・・・ドキドキ

投稿: 些細ツナ | 2009.06.20 13:36

ひえー。愛守さんがキター Σ( ̄ロ ̄lll)//
なぜにこのネタに反応!? いや、ありがとうございます。
お得意って、私りんごしか作ったことないぢゃないっすか。
ベリー類に準じた作り方でいいのかなー。


些細ツナさん、いらっしゃいませ〜。
昔はちょっと山に入ったらどこにでも生えてたようですよ。いや、今でもあるけど知られてないだけだと思います。
残念ながらコレがそこそこ旨いことに気づいたのが、写真の量になってから…つまりこれが今年最後のグミの収穫だったわけでして。
来年は熟したものから冷凍して貯めていって、ぜひともチャレンジしてみたいと思います。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.06.20 16:53

初めてお邪魔しちゃいます^^

グミの実、ワタシの子供のころの貴重なおやつでした…。
道端に生えているものはもっと小ぶりでしたが
ちょっと森のほうにゆくとでっかいものがありました。
しかしここまで大きいものは巡り合ってないかもしれません。

宝物発見的な感覚でしたね。
みてて久々に食べたくなりました(笑)

同じものかわかりませんが、白い花が咲きますか?
家の近所のグミの木は、白い花からカレーのにおいがしていて「カレーの木」と呼んでたのを覚えています( ^ ^ ; )

投稿: ぶたきのこ | 2009.06.20 22:45

おお、ブゥチャンさん!Σヽ(´∀`*)ノ やっと来てくれはりましたねぇ!

さすが道産子!もと妻も自生するハスカップやグーズベリーの話とか似たよーな事ゆーてましたし、ドリカムの吉田さんもコクワだのが歌詞に登場しますもんねえ。
花、匂いは嗅いだことなかったんで今年は判りませんが、丁字(クローブ)の花みたいなカタチで、ひとつひとつは長さ1センチほど、白というより地味なライトグレーだったような?
来年は香りも楽しみにしてみます。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.06.21 10:32

グミはちょいとはちみつを加えてジャムにすると良いって聞いたことがありますよ^^
ぜひ作ってみてくださいい

投稿: もこねえ | 2009.06.21 14:27

もこねえさん、毎度です!
うわー。これは来年なんとしても試してみないといけませんねぇ。
ありがとうございます。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.06.21 22:07

数年前に父が切ってしまって今はありませんが、子どもの頃から割と身近にありました〜。グミの木。食べるのも嫌いじゃなかったんだけど、表面のザラザラが舌に触る感触があまり好きじゃなかった気が…。

ちなみに幼い頃「グミ」という名前を知る前は「シブ」と呼んでいた記憶があります。やっぱり味が渋いと思っていたんだなぁ。。。と(笑)

投稿: SAK | 2009.06.22 11:55

SAKさん、毎度ですぅ。
あはは。ウチもあやうく同じ憂き目に遭うところでした。なんでかなー、綺麗だと思うんですがねえ。たしかに繁殖力かなり旺盛ですけど。
んでもってほとんど熟れきってなくてもこれだけ良い色合いですからねえ〜。
ちょっとした騙しですわねえ。
(-_-;)しかしこの記事がこの一週間でいっちゃん反響あるとわ…
意外な。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.06.22 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むぎの卑怯者っっ!カワイ杉るぞ、『けいおん!』 | トップページ | 『せなあかんこと』に追われる日々 »