« 『京都ぶら旅』春ネタ3本目の更新は“嵯峨野点描”。 | トップページ | あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) »

2009.04.05

『ST11』他、もうすぐこんな映画が来るらしい。

Startrek11_poster_b いよいよアメリカでは来月8日、日本でも5月29日に公開が決まってこんなポスターがリリース。なんかこれまでの映画のポスターとは一線を画すデザインです。もちろん日本用として今出ている『STAR TREK』の文字だけのよりどんだけゲイジュツ的か。
 でも一瞬見ただけではシュールすぎて私は全然違うものに見えてしまいましたよ。
  

 なんかね、マントみたいなのを着てる背の高い人がサックスみたいな楽器を吹いている姿を下から見上げてるように見えたんです。
 離れてみるともちろん憧れの宇宙船エンタープライズ号なんですけどね。アメリカ版公式サイトでもトレイラーがまた増えてるんですが、あまり見てしまうと楽しみが減るので我慢我慢。
 しかも我らがスタートレック関連情報超個人サイトU.S.S. KYUSYUからの情報では、すでに『STAR TREK 12』の制作も決定したとか。
 いっそ新しいメンツでテレビシリーズにしてチョーダイ。

 では、他に気になる新作情報(といっても私もあえて知らんまま観る主義なので上っ面だけ。)を。関東圏ではすでに試写会とかやってるものもあるんでしょうね。
 映画タイトルにはすべてそれぞれの公式サイトへリンクを張ってますので、興味のある方はお役立てください。あ、画像は単なる画像ね。すんませんけど。
 ほな、いきまっせ…ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

2009earlysummernewmovie

 まずはリー・リン・チェイ(ジェット・リー)金城武、アンディ・ラウという中国大作映画三人男の揃った『ウォーロード』。清朝末期、義兄弟の契りを結んだ生まれも育ちも違う三人が歴史のうねりの中で敵味方に分かれて───みたいなお話らしいです。いやもう、この三人が揃ってるだけでワタシ的には充分観てみたい。
 これの監督の作品は知らないんですが、撮ったタイトルからしてこの手の作品系の人でないらしいのでかえって良いような気もしてまして。
 おまけに清朝末期が舞台だなんて『ラストエンペラー』ブームの頃以来じゃないですかねえ。
 ある意味弁髪のジェット・リーなんてのも『少林寺』以来でチト楽しい…ゑ、着目点がズレてる?

 次に『ノウイング』。ニコラス・ケイジ主演の地球破滅ネタだそうですが、ニコちゃんってほんまにSF好きなんですが、結構滑ってるんですよねえ。私は彼の主演するSFって、昔なつかしアメリカ製テレビ用制作の単発SFドラマみたいなテイストなので嫌いじゃないんですが。
 けどアメリカでいち早くご覧になった方の記事を拝見すると、“ニコちゃんのSFか〜、はっはー”と緩んだ気持ちで観に行ったのに“おおお、これはっっ”と良い意味で驚いた方も多いらしいので期待できそうかな、と。がんばれニコちゃん。薄毛なんか気にするな。

 ぶったまげたと言っていいのが『ラスト・ブラッド』。主演はASIANな美女、チョン・ジヒョン、韓国映画なんですよ。でもセーラー服!構えた日本刀!そしてタイトル!そう、アニメやノベルファンならご存じ、あの『BLOOD』シリーズ。だからチョン・ジヒョンが演じるのは“サヤ”なんですな。
 いやあ、日本のコミックはほんとにいろんな国で映像化されてますが、アクションに長けた韓国で、しかもあのチョン・ジヒョンなら観てみたい。やっぱスパスパ斬るのかなあ。痛そうやなあ。
 ところでハジ(クロスロードとちゃいまっせ…あ、あれはサジか)は出てくるのか!?サヤより背の高いハジは誰がやるねん。長身で知られるチョン・ジヒョンより背の高いちうことは、へたしたら2mはないと…
 身長だけならチェ・ホンマンなんてのもいてはりますけど、彼はむしろ特殊メイクで変身してサヤを襲う側でしょうなあ。うーん、どうなるのか。まあハジは“アクマで、執事ですから”。

 で、クリント・イーストウッドの『グラン・トリノ』。話題作というよりも、賞をとってようが注目されようが黙々と次の「俺が撮りたい映画を撮る」イーストウッドだから観てみたい。だからどんな映画かあえて知らないまんまです。これも一種のブランド買い?

 次が松山ケンイチが演じる『カムイ外伝』!『どろろ』『佐武と市捕物控』『サスケ』など、私ら昭和30年代後半生まれのアニメ第一世代に“大人の世界の凄み”“生き抜く厳しさ”を垣間見させてくれた傑作アニメの実写版ですよ。
 今でさえアニメはどこか偏見の眼を持ってる方がおられますが、当時はそれどころか完全に子供向けという認識の時代に、よくぞこんな作品を…というのが『カムイ外伝』をはじめとする濃渋(こいしぶ)作品群。
 今の高度なアニメスキルで作り直しても、あの独特なテイストまではできないんじゃないかと思うほど濃い内容の作品でした。
 でも松山ケンイチなら!?崔洋一監督なら!?期待していいかな!?
 ( ̄ロ ̄lll) 稲綱落とし、下手なスローとかしないで実写でリアルにやったら恐いやろなー。変移抜刀霞斬りはVFX変につかわんといて欲しいな…

 キターって感じマンマンなのが『五右衛門ロック』。五右衛門はもちろん初代石川五右衛門。同じくCASHARNの紀里谷和明監督作品も『GOEMON』でおもろい偶然ですが、こっちも破天荒この上なしの作品間違いなしでしょう。なんつっても劇団新感線がらみですからね。てか、舞台は高いし切符手に入らんし、こっちなら、みたいな?でもどっちかというと劇場よりDVDでじっくりしつこく観たいかも。

2009earlysummernewmovie2

 『バビロンA.D.』なんかわかりません。SFです。ヴィン・ディーゼルです。アクションです。だからきっとそーゆー映画です。『トリプルX』も『リディック』もそうでしたが、この人って役を演じてませんよね。映画が彼のために舞台を用意してるみたいな。ある意味手塚治虫氏のキャラのように、ヒゲオヤジはどこへ行ってもヒゲオヤジやってます…という希有な俳優さんですな。いーんだか、わるいんだか。

 真ん中は、これがちょっとむむむのむ、なのが押井守氏原案脚本の『宮本武蔵』。なんでまた、と思うんですが、武蔵マニアとしては看過できない…正直、押井作品は苦手なんですけどね。

 そして最後についにちゅうか、やっときまっせ、の『ターミネーター4』!(なんでこれだけ横型なんやろか。しかもデザインださいぞ)長かったですなあ、最初のを観た時、まさか主役がここまでスーパースターになったり州知事になったり、んでもってここまで続くとは誰も思いませんでしたなあ。
 これでついに輪廻の輪は閉じるのか!?猿の惑星のようなメッセージを残してくれるのか?
 なんつってもクリスチャン・ベイルの演技が楽しみ。

 いや〜〜っ、映画って、ほんまによろしおまんなあ〜〜〜ヽ(´∀`*)ノ
 あなたは、このうちどれか観る?私?どれか観られる?(つД`);;
 


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

|

« 『京都ぶら旅』春ネタ3本目の更新は“嵯峨野点描”。 | トップページ | あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) »

◆オススメ座CINEMA《プチ版》」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~~♪
久しぶりにPC立ち上げて、初めてモニターで見た4月のお嬢さん♪
すっごい~~~♪可愛い~~~♪
ほんとTOMさんのお嬢さんは健康的なお色気が良い!!

カムイが実写に・・・
う~~ん・・どうなんだろ?
やっぱり漫画の実写はアカン!って結果になるのかしら?
20世紀少年はそこそこ良かったけどなぁ
カムイは・・・う~~~ん。。。

投稿: ビタミン店長 | 2009.04.05 18:29

店長さん、おひさです〜〜!
でしょおー、でしょおー。ブログをメインにしてから初めて最初から横型構図を意識して描いたんですが、まあ上手い事いった方かと。

私も以前はコミック原作の実写化にはマユツバでしたが、紀里谷監督の『CASHAERN(キャシャーン)』を観てからは考えが変わりました。同様に『どろろ』も悪くないと思っていますんで、やはり作り手次第でしょうね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.04.07 00:58

こんばんは、よろづ屋TOMさま♪
先日一足先に「スタートレック」観て参りました♪
ともやはTVの「宇宙大作戦」を小〜中学生の頃観ていて、劇場版を全部観てるくらいの軽いファンで、新しいTVシリーズ(「ディープスペース9」とか「ボイジャー」とかか)は観てないです。
でもこれくらいの中途半端なファンの方が楽しめるかも?
意外に好感触でしたよ〜。
大ヒットはしないかもしれないけど、続編はすごく楽しみですよ〜♪

投稿: ともや | 2009.05.03 01:52

(>_<)うあー、羨ましい。大阪の試写会はまだ募集中で発表もまだなんですよ。もちろん出しまくってますが…当たったら当たったで行けるかどうかも怪しいし。
昔からスタートレックの試写には恵まれないんであきらめムードですが。

ところで私も『新スタートレック』『DS9』『ENTERPRISE』は数本しか観ていません。ちゃんと観たのは『宇宙大作戦』『ボイジャー』だけ。そういう意味では中途半端なファンなのかも知れません。
というか、先のふたつはどうも私にはつまらない。
でも惚れ込みようはやはりトレッキーなのです。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.05.03 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/44827211

この記事へのトラックバック一覧です: 『ST11』他、もうすぐこんな映画が来るらしい。:

« 『京都ぶら旅』春ネタ3本目の更新は“嵯峨野点描”。 | トップページ | あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) »