« あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) | トップページ | 正真正銘アルコール0%!『キリンフリー』を戴く。 »

2009.04.07

料理の二次加工は個人の自由ですがねえ。

 昨日の“ブログペット:今日のテーマ”ってので『カレーにマヨネーズ云々』てのがあったので、前から出したかったこのネタをご披露しましょう。
Saucehapposai_01
 ▼つづく
 

 学生時代、友人たちと庶民系中華料理屋に飯を食いに行ったときの事。(ほんとは5人くらいで行ったんですが)
 それぞれフツーのメニューを注文して、それぞれすばらしく同じタイミングで出てきまして、運んできてくれた店のおばちゃんにそいつはニコヤカにいいました。
Saucehapposai_02
 これだけでも私らはけっこう眼を丸くしましたが、その店は中華屋さんなんでカウンターにはそんなもん置いてなくて、わざわざ厨房かどっかから持ってきてくれたんですよ。
 で、そいつは「おおきにぃ♪」と受け取るなり───
Saucehapposai_03
 そらもう、ためらいもなく八宝菜にウスターソースをドバドバ掛けまくってたんですよ。
 それこそお茶漬けを注文してお茶を掛けるみたいに、本体にはまったく手つかずのまま、最初からソースの池ができるほど掛けまくってまして。
Saucehapposai_04
 もお私らは全員でそいつに非難go-goでした。(;`д´;)

 いや、日本における中華料理の代表格メニューにウスターソースってのも変だと思うし、百歩譲ってどうやって食べても勝手っちゃあ勝手です。
 隠し味ってんならチョコレートだろうが醤油だろうがアリでしょう。しかしそれは作り手の持ち場。そして食べてみて口に合わないなら初めて何か足すなり引くなりもやむを得ません。
 でも作った人の目の前でいきなりそれをやるのって、なんぼなんでも失礼極まりないですやん?
 今で言うK.Y.…「空気読め」というか、A.K.K.Aですよ。

 はい?ああ。「相手の気持ちを考えんかい、あほんだら」の略ですね。

 本人はすんごく善良極まりないヤツでして、悪気なんかまったくないのは私らも解ってるんですが、やはりやってはいけないことがあります。みんなして懇々と意見しましてね。
 そいついわく「ウチでは当たり前やったんで…たしかにこら失礼しました」と深く深く反省し、以後恐怖のまりあーじゅはひかえてましたが。後日談もあります。「なあなあ、このまえ初めて八宝菜にソースかけんと食べてんやん。案外おいしいなあ。」

 一同あんぐりら。( ̄ロ ̄lll) ( ̄Д ̄lll)……ほんまに“掛けるのが当たり前”やったんか…

…いったいウスターソース有りがデフォルトの味付けをされた八宝菜とは、掛ける前はどんな味なのか考えると怖いような。そいつ、ソース八宝菜は完全に混ぜ返し一体化させて楽しんでましたからねえ。
 見た目ビーフシチュー、味はちょっと想像しにくいけどきっとソースの酸味とごま油の風味が効いた何か新次元の料理かと。
 どなたか試された方はぜひコメントください。

 カレーにマヨネーズ云々も結構ですけど、それはあくまで部分的なバリエーションとしての二次加工で、できたまんまのカレーをまずちゃんと味わい、楽しんで貰いたいもんです。
 ジャンクフードを否定しませんが、ちゃんとした料理までジャンクにしてはいけませんわよ。
  

|

« あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) | トップページ | 正真正銘アルコール0%!『キリンフリー』を戴く。 »

◆ツッコミ一本槍☆←-o(`Д´)o-」カテゴリの記事

コメント

ごめんなさいカレーに時々マヨネーズやチーズ入れちゃいます。
ちなみに自分の知り合いで、何にでもお酢を入れる人いましたね、塩ラーメンでも醤油ラーメンでもチャーハンでも瓶半分くらい平気で入れるんで、一緒に飯食いに行くとビビります。
まさかアジフライにまでお酢をかけるとは。

投稿: ポニ萌え | 2009.04.07 21:16

ポニ萌えさん、毎度!
いやいや、入れるのはいいんです。私もひとつのカレーでチーズもガラムマサラもソースも試します。でも、それにオリジナルを残した部分でいわば四種類のカレーを楽しむわけです。
私の友人はもとの味を知りもしないでいきなりソースを入れて混ぜ返して違うものにしてしまってたんですよ。
これはアレンジではありません。否定です。

酢ですが、ごま油と同じであれは一度ハマるとそれ、あるんですよ。まあ韓国冷麺やチャーハンはともかく、ラーメンは面白いですね。

アジフライにお酢は意外ですか?イギリス名物フィッシュ・アンド・チップスと同じです。私も大好きです。さっぱりして美味しいですよ。
アジ・タラ・イワシは魚のフライなのにウスターソースでもケチャップでも合う。もちろんお酢も。ぜひお試しください。
世界的に魚フライにビネガーはスタンダードです。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.04.07 22:48

うちにもおりますわ。
卵焼きにも、野菜炒めにも、お肉を焼いてもマヨネーズ。
いくらカロリーハーフのマヨネーズでも、コレステロールを下げるというものでもそれだけかけたら意味ないやろうとcoldsweats02
おまけにみんなに「うまいやろ!食え食え!」と強要するんですわcrying
困ったヤツです。

投稿: かわせみ | 2009.04.08 09:58

かわせみさん、毎度です!
マヨネーズには魔力があるようですね。あれが合わない食べ物を探すのもまた一興かも知れません。
八宝菜にマヨネーズ…マヨネーズ餃子…マヨネーズ鍋…マヨネーズ茶漬け…マヨネーズケーキ…マヨネーズゼリー…苺マヨネーズ…マヨネーズ大福…羊羹マヨネーズ…etc.etc.

むむむ、なぜでしょう。
(-_-;)すでにすべて出尽くしている気がするのは。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.04.09 10:46

やりますよ、八宝菜にソース&ほんの少しケチャップ+で。
ほどよくコクと酸味が出てオイシイのです。
あとポテトサラダにお醤油かけるでしょ?あとは・・・、お好み焼きにマヨネーズ、スイカに塩、麦茶に砂糖とか。
このへんは普通ですよね。(・・・ですよね?)

あーだけど、ワタシも料理屋ではやりませんね。
やっぱり料理を作ってくれた人に失礼だと思うから。
なので、TOMさんが「A.K.K.A!!!!!」と叫んだキモチよーくわかります。

・・・にしても。
「若い頃のワタシ」に爆笑!
年を重ねて髪型変わっても眉毛は相変わらずだな~って。
TOMさんって子供の頃から顔変わらないタイプでしょ。(笑)

投稿: 小夏 | 2009.04.16 20:11

きたー!小夏さん、キター!やはりイヤミたらたらに呼びかけんとあきませんな。
(^▽^)へらへら
ほほう!八宝菜にソース、されますか!でも友人のように色が変わるほどではないでしょう?ケチャップねえ…すでにアジアを西へ出てしまってますな。

醤油はまあ、合わない食べ物はなさそうですね。私、シーチキンは臭い消し兼ねて必ず微量の醤油とごま油で和えますよ。
スイカに塩…は大昔サザエさん観ててビックリしました。今はよほど水くさい味のしないスイカの時はやむを得ずやることもありますけど。

麦茶に砂糖、なんで誰もしないのか不思議でしたが、やはりおられましたね。いえ、私は麦茶自体をあまり飲まないのですが、どんな茶でも砂糖もジャムもありでしょうねえ。
やってみたいのはアンデスあたりで飲まれてるバター茶。スープ感覚で塩辛いという話ですが、本物を知りたいもんです。
そーいえば馬乳酒も飲んでみたい。輸入してないのかなあ。マッコリみたいに。

≫TOMさんって子供の頃から顔変わらないタイプでしょ。

いやいや、変わり果ててますよ。眉毛はともかく(そこで受けるのか…予想外です)。えーと、今はキョーアクですが、5歳までの私は自分でも驚くほど可愛いですよ。一体、どこで何が私をこんなに変えたのか…でも親子三代、ほぼ同じ顔系統なのは間違いなさそう。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.04.17 15:59

珍味?という意味では、
『ハリー・ポッター~』シリーズに登場する
「バタービール」なるものを一度食して(飲んで?)みたいですねぇ。
噂によるとレシピまで登場しているらしいのですが、、、
チャレンジするのが微妙に恐怖だったり。(笑)

投稿: 小夏 | 2009.04.17 22:10

小夏さん、毎度っす!
ハリポタは読んだことないんですが、バタービールってのが昔よく食った“カンロ製菓”のバターボールを思い出したので調べてみましたら、なんとひとつはルートビアを温めて蜂蜜とバターを入れたもの、もうひとつは乳飲料ですなあ。

http://www.pottermania.jp/info/recette/recette_2.htm

炭酸飲料を温めるとどんな事になるのかが想像つくだけに作り方にコツが要りそうですが、味自体はそれほど変でもなさそうですね。
ぜひやってみて記事にしてくださいよ。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.04.20 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたの睡眠時間はどのくらい? (今日のテーマ) | トップページ | 正真正銘アルコール0%!『キリンフリー』を戴く。 »