« 根性のある不思議なアホ毛。 | トップページ | 元町『京屋』やっぱり関西式うどんのモチモチ感がたまらん。 »

2009.03.05

ファンのフリする必要なんてないのよ『スタートレック11』

 さっき別の記事を書いていてフト書き込み用画面の右下にある『ココログニュース』というのに目が止まったんですよ。
 『スタートレック』最強のストーリーはこれ なんて記事の見出しが。
 (-_-;) これは違うでしょう。いや、紹介してるエピソードが、ぢゃなくて紹介の仕方がね。
  

 上の見出しにリンク張ってますが、辿るのがメンドーな人のためにあえて記事の部分を無断転載しますと…
 しかし、5月29日公開予定なので、上映まであと少しだけ待たなくてはならない。テレビシリーズを知らなくてもじゅうぶん楽しめる作品ではあるが、テレビシリーズを知っていればさらに楽しさは倍増! ということで、秋葉原にて「すさまじく泣ける『スタートレック』最強のストーリーはどれ?」というアンケートをとってみたぞ! そう、テレビシリーズの『スタートレック』には数多くの感動的なストーリーか存在するのである。

 まあ、ここまでは「宣伝とかしてくれ」って配給会社あたりから頼まれてのことでしょうし、ネットといえどココログもマスコミの一種ですから立場もありましょう。

 けど、このあとがいけない。(´へ`;)

 いったいどのストーリーがいちばん感動するものに選ばれたのか!? そのストーリーとはこれだ!
『スタートレック・ネクスト・ジェネレーション』のシーズン5で放送された、『超時空惑星カターン(原題: The inner light)』というストーリーが、感動するストーリーとして “神回” といわれるほど素晴らしいものだということが判明した!

 あえて言おう。ヽ(´◇`)ノ だ〜めだこりゃ。
 誤解なきようにもっぺん書いておきますが、このエピソードの善し悪しを言ってるのではありません。トレッキーでない人に新作映画の参考として一本だけ観てみろと薦めるのにこの選択方法は合っているのか?ということです。

 ご存じない方のために。

 次の劇場用スタートレック11(正式タイトルは『STAR TREK』)は、トレッキーの間ではTOS(The Original Seriesの略)と呼ばれるテレビシリーズ・スタートレック(邦題:宇宙大作戦)よりも数年前の話という設定。
 なんで23世紀が舞台のTOSより舞台設定が80年後(テレビ制作は18年後)の24世紀になってるネクストジェネレーション(通称TNG、日本では『新スタートレック』というタイトルで放映)観て、TOSより昔の世界の話が理解できますねんな。

 まあ、新作に興味を持った人が自分でとりあえずレンタル屋でなんでもエエから『スタートレック』とついたヤツを観たれ…というのはアリとしても、アンケートで一位だった(私もそのエピソードは観たはずだけどボウッとしか記憶にない…)からって、それを鵜呑みにして『これがスタートレックだあ!』って紹介するのってドーでしょうねえ。

 膨大なガンダムシリーズのどれかを一本だけ外国人に見せて「どお?これがガンダムよ」みたいな?

 個人ブログなら「私はこれが好きだからオススメです」とかならともかくも、一応ココログの名を冠したニュースでしょうに。
 それがこんな三流スポーツ紙みたいなノリで紹介文をのっけてていいもんかしら。

 まして、どうやらこのエピソードにTOSは無関係のようですし、そもそもTNG全体を見回してもバルカン人はほとんど登場してなかったような?しかもスポックが地球人とのハーフであるため彼の生涯を通じての葛藤の原因に触れることすらないし。カークも伝説みたいなもんで名前すら滅多に出てこなかったし。映画『ジェネレーション』だけがTOSとTNGを直接つなぐ作品ですし。

 私はこう思わずにいられませんよ。
 (-_-;) ははあ〜。さてはこのライターさんこそ、まったくスタートレックはもちろん未見、ウィキすらちゃんと読んでないな?無記名ってのもこうした反発を思ってのこと?って勘ぐってしまいます。

 いや、別にこの人がトレッキーでなくても構わないんですよ。むしろ知らない人には知って欲しいのがファン心理ってもんです。
 でも影響力のあるサイトで公的に文章を書く以上、愛情を持って紹介して欲しかったなあ。
 なんでわざわざ別系統とも言えそうな『ネクストジェネレーション』、それもスタートレックらしくなさそうなエピソードを持ってきたのか。シリーズの根底を知らないって事がこの辺からも判ってしまう。
 今まさにTOSのテレビシリーズはBS2で放映中なんやし、せめてウィキとかで調べてくれてたら劇場版の1〜6なら『STAR TREK 11』の参考としては役に立つことが判ったはずなのに。

 読めば読むほど薄っぺらい紹介文やもんなあ…哀しいなあ。こういうことで変な先入観持って観てしまわれると、ほんとうに新作が素晴らしい映画でも歪んだ見方しかされないようになりそうで、それが怖い。


 ところで、とあるサイトでこんなのを見つけてしまったんですが…

Newenterprisemodel

 新作映画に登場するエンタープライズ号の模型らしいですが、ホンマにこれぇ?こんなんで行くのぉ?無茶したらあかんわ…
 ヾ(°ェ°#) あとに出てくるはずのTOSのエンタープライズ号よりごっつい洗練されてますやん。もしこれがホントにそうなら、『人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った』はずのあとの“もっさりシンプル”なエンタープライズになんで改装されるのか、どんな理屈をつけてくれるのか?
 これも怖いなあ…(;´д`;)いろんな意味でヤキモキですよ。

  

|

« 根性のある不思議なアホ毛。 | トップページ | 元町『京屋』やっぱり関西式うどんのモチモチ感がたまらん。 »

◆オススメ座CINEMA《プチ版》」カテゴリの記事

◆ツッコミ一本槍☆←-o(`Д´)o-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/44252745

この記事へのトラックバック一覧です: ファンのフリする必要なんてないのよ『スタートレック11』:

« 根性のある不思議なアホ毛。 | トップページ | 元町『京屋』やっぱり関西式うどんのモチモチ感がたまらん。 »