« プロジェクター付携帯!?『DLP Pico』って何さ、ちょいさ。 | トップページ | 久々の深夜残業は疲れた…(;´д`;) »

2009.02.19

目が腫れた。『CLANNAD(クラナド)-AFTER STORY-』16〜18話

Clannad_18_1

 前々回『第16話 白い闇』は正直、たまらんかった…観るのが辛かったです。お願いだから、予想が外れて欲しいとどれほど願ったか。そして17話、18話。もう、ここ最近でこんなに泣いたことあったかしら。

 こんなタッチの学園もの、いままでにもあったんだろうか。この『クラナド』はとにかく緊張感がないというか、笑いのポイントもなんかヘンだし、第一シーズンの最初なんて学園ものでありながら部活するでなし、深刻に悩むでなし、りきんだ所が皆目感じられない不思議な空気感の作品で、自分でも最後まで観るかどうか決めかねるようなところがありまして───
 


 キャラクターも主人公の少年・岡崎朋也は別としても、彩りのように彼の周りにいる女の子たちの見分けが皆目つかないのにも困ったてのもありますし…
 それでも、エピソードをひとつひとつ追って行くうちに、だんだんキャラクターたちがちゃんと立ってきて、いつしか誰も欠けては成り立たない作品になってて。
 学園青春もの…なんて従来のカテゴリーで分けることは難しいけど、たしかに朋也を軸にしてキャラクターたちの青春を追った一種のオムニバス物語なんですね。

 主人公岡崎朋也はスポーツ特待生で将来を嘱望されて入学したものの、ケガが元で挫折。そしてそのまま無気力な学園生活を送りながらいつしか不良もどきの三年生に。
 人のことは応援したり世話を焼いたりするけど、基本的に自分のことはほったらかし。それが満開の桜散る春の日に、ある少女と出逢ったことで自分もその娘も、まわりのみんなも変わって行く───。

 ひとつ間違えば魅力もメリハリもない、だらりズムでフラットな物語になりそうなのに、日々を淡々と描きながらもほんとうに大切な事は絶対にきちんと描いてある。腰を据えて観ているうちに、気がつくと彼らと同じ時間を共有してしまっている。
 逆に、織り込まれた各キャラクターのエピソードは実は結構重たいテーマで、簡単にメロドラマに転びがちなのに、常にどこか一箇所に空気穴みたいなのが空いていて重苦しくなってない。
 この絶妙なバランス感覚にはほんとに脱帽です。

 しかも、第2シーズンではまさかの裏切り型シナリオまでやってのけるから更に驚かされました。
 話の始まりが高校三年の春だったんで、第二シーズン開始となれば卒業まではあると思ってましたが、就職に悩み、仕事に悩み、さらに結婚、妊娠、出産…なんて方向へゆくなんて思いもしませんでしたよ。
 これって、若い人は全くご存じないだろうけど、高校と大学という物語舞台や主人公の年齢の違いこそあれ、私らやそのひとまわり上、団塊の世代がのめりまくった青春ドラマの金字塔『俺たちの旅』の展開そのものです。しかも『俺たちの旅』は主人公たちの大学卒業で本放送を終了し、その10年後、15年後に特別企画で単発による“その後”の続編制作だったのが、いわば『クラナド』では2シーズンの内で展開しているんですね。

 平々凡々に見える人生にも、実はとんでもない起伏がある───

『第16話 白い闇』は、まさにそれを地で行くシリーズ最大のどんでん返しでした。
 それを予感できただけに、尚更ほんとうにそんな展開になるなんて思いたくなかった。
 パートごとに切り取って観れば、そういうアニメや映画はあったと思う。けど、これだけじっくりと“生活”を丹念にトレースして見せられると、彼らの喜びや悲しみはまるで自分の家族のことのように思えてくるから不思議。

 だから先週の『第17話 夏時間』、今週『第18話 大地の果て』も最初は正直、観るのが辛かったんですよね。
 生まれた子どもと引き替えのように最愛の人を亡くし、生きる気力を失ってる男なんて構図、ミエミエですからね。

Clannad_ushio

 でもやっぱり、『クラナド』のもつ魅力は“愛情と救い”なんでしょうね。それが上の絵、主人公たちの子供、うしお(女の子ですよ)の存在。だけど主人公、いわゆるメロドラマで描かれる、“残された父親”のありきたりの反応をしませんね。うしおはもう5歳。生まれてから朋也はほとんど親として彼女とは接してこなかったことが判ってくる。

Clannad_18_3

 どうなってゆくんだろうかとヤキモキさせられて。だけど、第16話のラストには「やられた!」と思いました。
 いつものエンディングの明るい曲の冒頭、スキップする青いスカートの女の子はてっきり朋也の恋人であり、妻となったもうひとりの主人公、古河渚ちゃんだと思ってたから。
 切ないだらけの16話が終わり、そのラストとエンディング曲のつなぎ方を観て私は「うわあ、うわあ、そうやったんか!ああ、そうかあ」とめちゃくちゃに感動させられてしまった。

 そのエンディングから、なんとか救いを見せてくれるかと期待しての『第17話 夏時間』では、少しだけ光は垣間見えたけど、それでも不安だらけで…そして『第18話 大地の果て』の後半では、もうボロボロ、ボロボロ泣きっぱなし。

Clannad_18_2

 クール割りのことを考えると、まだ数話残ってる『CLANNAD -AFTER STORY-』。

 父親として、うしおと生きてゆく決心をした朋也。
 EDでスキップする女の子の正体も、歩く登場人物でたったひとり「誰?このひと」だったおばあちゃんも判ったし、あとはOPで“ぎゅっ”とされてたセーラー服の子(今はうしおちゃんだと判ったけど)のシーンの登場を待つばかり。
 でもそこでも泣かされるんやろなあ。(つД`);;

 あと気になるのは、冒頭のパラレルな世界の孤独な女の子の運命と、他のキャラクターたちのその後。
 おねがいだから、次は私がうれし泣きできるように、風子ちゃんも含めて(早く目覚めないとおばちゃんになってしまうぅぅぅ)残ってるみんなもちゃんと幸福にしてやってください。


|

« プロジェクター付携帯!?『DLP Pico』って何さ、ちょいさ。 | トップページ | 久々の深夜残業は疲れた…(;´д`;) »

◆オススメ座《アニメ》」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

鍵の泣きゲーは出来がいいですから!
KanonからはまってONEに逆行した始末ですから!
最近5Pbに押されてるけど、当時はI’ve信者と言われる人種が出るほど音楽も受けましたから!
ちなみにクラナドはゲームやってないから先が凄く気になりますよ!

投稿: ポニ萌え | 2009.02.19 21:01

ポニ萌えさん、毎度!

なんですが…
(-_-;) すみません、ポニ萌えさんが書いてる言葉というかオタク用語の意味が皆目理解できません…私の世代では結構解ってる方だと思ってましたけど…あきまへんわ。

Mac使いですからギャルゲーは無縁ですし、ウィキを読む限りでは、ご多分に漏れずこの作品もゲーム版とアニメ版のシンクロ度は低いようですし、なによりも“お涙頂戴”な作品ではなかったんで私も高く評価してる次第です。
当初はヘタな学園コメディかと思ってたくらいですからね〜。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.02.19 21:35

だから、AIRも見て欲しいなぁ~。

投稿: ※愛守※ | 2009.02.20 22:39

( ̄ロ ̄lll) うあ。愛守はん。会社ではお世話になってますぅ。
一度観かけたときに邪魔が入ってからなんか勢い失ってしまって…うん、観るつもりで置いてあるんですけどね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.02.21 23:52

すいません説明不足でした。
クラナドを作っているゲームメーカーがKEYと言うメーカー何で、ゲームをやる人の間では鍵と呼ばれています。
(類義語でLeafという会社を葉とよんだりもする。)
確か記憶ではKANONと言うゲームでで有名になりました。(これもアニメが、2種類あります。)
次にAirと言う作品だして(これは映画にもなりましたね。)
その次がこのクラナドだったんで・・・。
最新作は、リトルバスターズエクスタシーかな?
(やってないから内容不明)
それでONEと言うのは、そのKEYのスタッフが、KEY立ち上げる前にビジュアルアーツと言う会社時代に出したゲームです。(これもOVAがあったような?)
当時からエロ無しで成立するエロゲーとストーリー評価の高いメーカーでした。

投稿: ポニ萌え | 2009.02.24 02:45

ポニ萌えさん、解説感謝っす!
ヽ(´∀`*)ノ すこ〜し意味が理解できました。なるほど、“やわらか銀行”みたいな用法ですな。
じつは今、Airをちびちびと観ていってるところです。てっきりキャラデザインとか同じ人だと思ってたら、違うんですねえ。
ゲームの方というか、ベースデザインが同じなんでしょうけど。

しかしAirもクラナドほどではないにせよ、限界を知らないアニメート技術力にはぶったまげました。風に踊るロングヘアの作画なんて考えただけでも恐ろしい。
京都アニメーション、すげーです。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.02.25 10:48

汐ちんスキップは17話じゃなかったかなぁ。パパといっしょにりょこう!に出かけるシーンからのつなぎですよね。私もこの少女は渚だと思っていて、このEDで汐だと知って目からウロコだったので。
#そして1期のOPを見直してさらに驚愕

投稿: 通りすがり | 2016.10.14 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロジェクター付携帯!?『DLP Pico』って何さ、ちょいさ。 | トップページ | 久々の深夜残業は疲れた…(;´д`;) »