« 2009早春アニメざっくり巡回報告:その1 | トップページ | 観た?『ユーポス ヘッドバンキングするキティ』こおゆーCMをスゴイ、というのよ »

2009.02.04

2009早春アニメざっくり巡回報告:その2

 じつは『鉄腕バーディー DECODE-2』『鋼殻のレギオス』は撮り溜め中で、いずれイッキ観の予定なのでちゃんと観てません。

 しかしそれにしても、アクション面では日本のアニメってとんでもなくハードルが高くなりましたねえ。いや、ハードルなんてもんじゃないな、棒高跳びのバーですよ。もうちょっとやそっとぢゃ真似なんてできっこない。
 バーディーの躍動する肉体としての美は、もしかしたら最初のキャシャーンが描きたかったアクションに近いのかも知れないな、と思うくらい綺麗。スピーディーなのは今風なんですが。
 しかもキャラのデッサンが狂わないというのは驚異的。愛ですね。愛のなせる奇跡です。

 派手なアクションのあるアニメはもう大体どれも、大昔のカナメ・プロの大胆なデフォルメアクションに大塚アニメの“地に足着けた”確かなデッサン力を融合させたような技術力。
 ぶれたりズレたり崩れたりせず、安心して観ていられます。昔のは目を覆うようなのも多かったけどね〜〜〜〜。

 では、残りのレポートのご報告を。

  

 
『黒神 The Animation』

 タイトルからして原作コミックありきか…と思って調べたら、なんと原作も絵も韓国スタッフの日本雑誌連載!そっかー、ここまで来たかー。中国はなんぼ競ってきてもたぶん、日本人が好むコミックは出にくいと思うんですが、韓国の場合は周波数がすごく近い気がします。すんなり馴染めるんですよね。
 こりゃー、近いうちに『新暗行御使(しんあめんおんさ)』もTV版として日本で作らんかしら。それこそ新たな韓流ブームの到来になりますよ。
 もうクルマなんて古い。ホンキで日本のコミックを、アニメを輸出して外貨を稼ぎ、世界を裏から牛耳るのだ。わーははははははは。は。


『RIDEBACK』

 私はバイクには乗らないんですが、友人たちがこぞって腕のいい平和ライダーでしてねえ。だからバイク自体はさまざまなカタチで触れてはいたんで嫌いじゃない。
 しかしこの作品はなんともかんとも不思議な作品ですな。今のアニメにうまく馴染むCG技術がなかったら、“腕の生えたバイク”なんて単なる出来損ないのロボットアニメ扱いになったんではないだろうか。
 おかげであくまで純粋にメカニックの楽しさが伝わってくる。お話はなんかどんどん政治的な闇が見え始めてはいるけど、これって数年以内にハリウッドが実写ネタとして買いに来そうな気がしますなあ。
 ただし肉食脂肪王国のこと、ワンピースをひらひらさせて空中を舞う…なんて優雅な発想は絶対採用しないと思うけど。


『とある魔術の禁書目録』

 読み切りオカルティック・アニメとでも言えばいいのか、昔なら初回から最終回まで一本背骨となる話があって、肋骨にあたるエピソードをひとつひとつ辿ってゆくことで世界観の深みへハマっていったもんですが、このお話は2〜3話でひと区切りになってるので、面白いんだけどどうも拍子抜けしてしまうのが難。
 新しい試みなのかも知れませんが、なんかもったいないような気がしてなりませんわ。

『CLANNAD_〜AFTER STORY〜』

 正直言います。まだ16話を観る勇気が出ません。怖すぎます。観るときはきっと最初から最後まで祈り続けそうです。こんなにさりげないのに、こんなにも真剣で内容の濃いアニメなんて観たことがない。前シリーズからいったいどんだけ泣かせたら気が済むねん。おっちゃん、めんたま腫れ上がったわ。


『とらドラ!』

 意外な展開になって行くのに驚いています。これ、私が子供の頃なら間違いなく青春ドラマシリーズですよ。一見ヘンなキャラばっかしなのに、誰もがみんな悩んでる。苦しんでる。うわー、こいつら青春だな〜!なんて傍観キメてちゃいけませんよ、レベルや立場の違いこそあれ、年齢関係ないのよ、こーゆーことは。
 戦闘も熱血試合もナシの日常学園ドラマで、やはり大河の釘宮理恵さん、実乃梨の堀江由衣さんら女性陣の体当たり演技は刮目に値しますね。


『スケアクロウマン』

 これもワンクールだろうとたかをくくって、いずれ別記事を立てようと思ってたら、地味に人気があると見えて、まだ続けてくれるらしい。CGマペットとでもいいますか、最初タッチや動きに抵抗あったんですが、話がなかなか素敵で可愛くて、しかも全然押しつけがましくないのがいい。
 前から可愛いなあと思ってた、“ベアベア”のぬいぐるみが市販されるそうな。“Mr.ベスト”のフィギュアも面白いと思うんですが、はたしてこのアニメ、どれだけ知名度があるんだろうか。もっと宣伝せんともったいない名作ですよ。


『屍姫 玄』

 いいようのない陰惨さがつきまとうんですが、どんな展開になって行くのかが気になって…なんかしかし、本来の敵であるばけものどもよりも内輪の連中の方がよっぽど信用できないキワドサみたいなのは結構好きなシチュエーション。
 でも、これも続投になるとは思ってなかった。ただ、もうすこしキャラの見分けが付きやすければありがたいんですけどねえ…


『機動戦士ガンダム00 2nd Season』

 この大事なのを忘れてました。けど、今さら何をか言わんや。願わくば、オバマ大統領が観てくれてますように。「んなアホな」と言っちゃいけません。私は彼と同い年。Firstガンダム世代、万博世代、そして20世紀少年世代です。
 まあ私がザブングルを観てた頃、彼は大学で弁護士になる勉強してたでしょうが、そう感覚的には遠くないと思うし、作品を観れば絵空事でない危機感は彼ならよく理解できるはず。

 さー。ウントコ溜まらないうちに、ボチボチと観てゆきましょうかね。
 最後までおつきあい、ありがとうございました。m(_"_)m
  
  

|

« 2009早春アニメざっくり巡回報告:その1 | トップページ | 観た?『ユーポス ヘッドバンキングするキティ』こおゆーCMをスゴイ、というのよ »

◆オススメ座《アニメ》」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009早春アニメざっくり巡回報告:その1 | トップページ | 観た?『ユーポス ヘッドバンキングするキティ』こおゆーCMをスゴイ、というのよ »