« 『もやしもん』を読むと酒に逢いたくなりませんか? | トップページ | ヤツが還ってくる。復活のMacMini!その1。 »

2009.01.28

宇宙! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 宇宙!

「宇宙と聞いて何を思い浮かべますか?宇宙に行ってみたいと思いますか?」

───それは人類に残された最後の開拓地である。
コレしかないわ。トレッキーやもん。
やっと大相撲終わって再放送再開すると思ってたら、来週までおあずけらしい…

(-"-)w 不測の事態です、船長。

 

 この『ブログペット』の『今日のテーマ“宇宙!”』をざっくり見てると、宇宙から連想するソッチ方面の作品は、スタートレックとヤマトが二大勢力っぽいですね。

 かたや、始めに書いたあの若山弦蔵さんのナレーション、かたや「無限に広がる大宇宙」で始まる木村幌さんのナレーション(映画編集版のヤマトね)。
 そーいえば同じ「大宇宙」松本零士氏つながりで城達也さんによる『銀河鉄道999』もけっこうソッチ系だったような?

 じつは私、ナレーション・フェチでして、特撮などのOPナレーションはかなり覚えてたりします。
 最近の作品はそーゆーの減りましたね。あれ、結構盛り上がるし、ヘタに番組冒頭で説明するよりも簡単に物語の世界観を伝えられるのでなかなか便利だと思うんですが。

 昔はアメリカ渡来のドラマと来れば、オキマリのOPナレーションがかならずあったもんですよ。
『ロックフォードの事件メモ(金田一少年のタイトルはこれにあやかってるのか?)』『華麗な探偵ピート&マック』『スパイのライセンス』『ナイトライダー』『白バイ野郎ジョン&パンチ』『特攻野郎Aチーム』『600万ドルの男』『バイオニック・ジェミー』『チャーリーズ・エンジェル』『超人ハルク』『謎の円盤U.F.O.』…

 うほほ。枚挙にいとまがありませんな。言えますよ、かなりの正解率で。
 日本ではドラマでは『ウルトラQ』の石坂浩二氏のが大好きなんですが、名ナレーター芥川隆行さんの名調子はいまもってダレも勝てませんね。
 伝説のFM番組にもけっこうナレーションのキマッてるものが多かったんですよね〜。
 今は城達也さんから伊武雅刀さんにバトンタッチした『ジェット・ストリーム』はそんな渋い番組の最後の生き残りと言えます。細川俊之さんの『ワールド・オブ・エレガンス』も好きやったなあ。

 昔はNHK以外では、東京、大阪、福岡くらいしか民放FM局がなく、どれも八割以上番組がシンクロしてたんで、私の世代の人とならだいたい同じものを聴いてるんですよね。

 ナレーション・フェチの方、全部言えますか?
 (-_-;)そんなヤツ、そーそーいない、なんて哀しいこといわんといてね…

 そういえば、最近ナレーションを使ってる作品、なんかないかしら…で記憶に出てきたのは、必殺シリーズのパ◯リを地でいってる『地獄少女』しか思い出せない。ナレーション不毛の時代なんかしら。

 ……って、あれ?宇宙の話……でしたっけ。(;´д`;)

  

|

« 『もやしもん』を読むと酒に逢いたくなりませんか? | トップページ | ヤツが還ってくる。復活のMacMini!その1。 »

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
コメントいただきありがとうございました。
私は全部は知りませんが見たり聴いたりの範囲の番組のナレーションを聴くとその番組の場面が思い出されます。
『地獄少女』も毎週ではないですが見ています。

投稿: 紫乃優紀 | 2009.01.28 13:43

紫乃優紀さん、いらっしゃいませ!
すみません、突然のコメントで大変失礼したのに、ちゃんとコメ返しもいただいてしまいまして。

プロフ拝見すると大阪の方だったんですね!て、ことはスタートレックも同じ時間帯のをご覧になってたんやわー、と思うと嬉しくて。
ありがとうございました。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.01.29 16:43

奥様は魔女と可愛い魔女ジニーもお忘れなく(^O^)

私の携帯って「うちゅ」まで打つと変換候補に「宇宙戦艦ヤマト」が出てきますよ。
「がんた」まで打つと「機動戦士ガンダム」が出てくる。
今の携帯ってそんな設定されてるんですね!
ずいぶんアニメファンな携帯です。

投稿: ビタミン店長 | 2009.01.30 20:25

せやせや!店長さん。
「旦那様の名前はダーリン。…」「宇宙飛行士のトニー君。…」
サマンサもジニーも浦野光さんのナレーションでしたっけ。忘れてはいけませんわね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.02.01 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『もやしもん』を読むと酒に逢いたくなりませんか? | トップページ | ヤツが還ってくる。復活のMacMini!その1。 »