« やはり暖かいのかしらん | トップページ | これが連邦の白いヤツか!?白いPENTAX K-m登場 »

2008.12.29

これは酷い。『地球が静止する日』(;`д´#)

 (;´д`;)う〜ん、う〜ん、これはひどい。久々に私の中のランキング“お座なりやけくそ映画”ベスト10に入りそうな作品にでくわしてしまいました…
 なんですか、この結末。この持って行き方。
 時間が間に合わなかったか予算が尽きたか、つくりかけで出してきたんかしらん。

  

 パイロットフィルムのつもり?いや、パイロットフィルムならもっと魅力的ですよ。カネは足りなくとも“本編を作りたい!!”って情熱が詰まってますからね。
 どなたかが書かれてましたが、まさに『予告編はすごいけど、それが全て』の映画。つまり私式に言わせていただくと『予告編倒れ』の作品だったんです。
 昔初めてそういう作品に出くわしたのが『ゴーストバスターズ』。ありゃあ私の人生において最高の金返せムービーです。今思い出しても腹が立つ。

 今回はごしょーたいを受けて交通費以外での金銭的損失をしていないので怒るに怒れませんでしたが、アレに¥1800払ってたらその分取り返すまで私かなりいろんなものを辛抱するハメになってたでしょうね。

 なのにまたまた『興行成績No.1』なんて………どーなってるんでしょう。ほんま、みんな金持ちやな〜〜、ってのが正直なところ。いや、ほんまかしら。ウナギの産地やら食べ物の賞味期限を偽証したら罪になるけど、興行成績を偽証しても罪になるのかなあ?てか、何をもって調べてるのやら。
 だって延々「歴代No.1」とか言ってるということは、オリンピック新記録と同じでどんどん上に延びてるって事でしょう?そんなに映画館混んでますかねえ?

(/""-"") マユツバペタペタ

 ところで。何度かぶっちゃけて書いてますけど私、20代の頃は少女マンガというか、今や主流になってる感のある“ターゲットに性別関係ない系”コミック黎明期で、その描き手を目指してたんですが、そらもうあっちこっち投稿しまくってはいろんな意味で批評の嵐でしたわよ。
 オリジナル創作系の同人誌に参加していたときもそう。ネットとか無い時代だし記名式なので無法な意見こそないけど、全員が描き手なので目線がちがう。

 で、商業誌の担当さんがついてくれてからもそれは同じで、気の抜けた描き方をしようものなら簡単に見抜かれてありがたいお説教もいただきました。
 絵もそうですが、なんといっても話の作り方、進め方、キャラクターの作り込み、思い入れetc.…私自身も絵より話、ビジュアルも大切ですが、マンガはイラストの連なりではなく物語だという考え方なので、なによりも脚本ありきだと思ってきました。

 今も毎日のように漫画家、作家を目指す人がごちゃまんと投稿し、どれもがけちょんけちょんに叩かれてどん底へ落ち込んでは、貞子のように這い上がる日々を過ごしている筈なんです。
 そんな初期投稿の頃、編集者の批評でもっともよく耳目にするのが「ストーリーがこなれていない。ひとりよがりになってはいけない」。

 どうです、万一この記事を読まれている方で作家志望の人。耳が痛くないですか?
 いや、逆にコレを言われない人って珍しいと思います。最初から第三、第四の視点を持って冷静に自作を分析できる人がいたとしたらそれはチョー若くして作家デビューしてしまうような天才型に違いないんですから。

 でね、この『地球が静止する日』。
 こんな脚本をもし脚本学校の学生が書いたとします。卒業どころか落第ではないですか?
 『別冊少女マーガレットまんが教室』とかならCクラスもいいとこです。批評用紙にカキコされて返送して貰えたらむしろ名誉で万々歳!といえるくらい。
 不思議なのはこんなレベルの脚本で高額のギャラを貰ってる脚本家の存在(うらやましいなあ)、よしんば脚本の初校の出来はよかったのに、アホな監督たちがいじくりまわしてああなったとしても、よくラッシュ試写でプロデューサーやらスポンサーがOK出したなあ、ということ。

 だからといってこの作品をB級〜Z級といってはなりませんよ。それはB級〜Z級に失礼だ。

 B級にはB級なりに、Z級はZ級なりの“けじめ”があります。───が、この作品はアホほど特撮を使い、また使える機会に恵まれながらもこのていたらくというのが許せない。
 リメイクとかそういう問題ですらありません。だって、作品としてできあがってないんですから。

 いや、ほんま…それにしてもキアヌ、お金に困ってんのかなあ。アンタねえ、もちっと仕事選びなさいよ、っていいたい。
 いくらなんでも『カウボーイ・ビバップ』こんな作り方したら、日本でファンかなり失いまっせ。

 大阪の紳士はね。こーゆー作品でお茶を濁されるとこーゆーのよ。

 凸(`、´メ)にぃちゃん。なめとったらショーチせぇへんどぉ。しまいにイテもーたろか。怒るでしかし、西明石。

ふむ、なるほど、と思われたら▼▼ブチブチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ


    

|

« やはり暖かいのかしらん | トップページ | これが連邦の白いヤツか!?白いPENTAX K-m登場 »

◆ブツクサ座CINEMA《ぼやき版》」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

的を射たレビュー。
確かにこれはB級でもないですね。

先日、ある映画を「ご都合主義」と
話したところ、
「いや、ご都合主義にもなっていない。
ご都合主義にはご都合主義という主義がある」
と、言われたのを思い出しました。

投稿: えい | 2008.12.29 13:45

こんにちは、よろづ屋TOMさま♪
アメリカって漫画でも映画でも、とにかく分業しまくりですからね〜。
そうやって責任の所在を曖昧にしてるのかしらん?

日本映画とかでは、台詞やカット割りまで同じというリメイクをたまにやるけど、アメリカもそういうリメイクにしてみたらいいのかもしれないですよね。
(未見だけど「ファニーゲーム」がそうなのかな?)

ともやは最初っから予告編以上のものは求めていなかったんで(映画館の貯まったポイントで鑑賞したからお金も払ってないし…)、軽傷で済みましたけど(笑)。

ともやの2008年ワーストは「少林少女」と「イーグル・アイ」ですかね〜。

投稿: ともや | 2008.12.29 16:45

TBありがとうございました。
すごい・・・ボロクソですね。
でも脚本が破たんしているのは確かに。
劇中の人間ドラマは
どれもこれも納得いきませんでした。・・・幼稚極まりない。
キアヌはね~,マトリックス以外は
そんなに作品に恵まれませんね。
これ,皆さん酷評してるわりには
皆さん記事をアップしてらして(酷評の記事ね)
つまり,怖いもの見たさもあってか鑑賞はされたようで・・
興業№1というのもほんとかもしれません。


投稿: なな | 2008.12.29 17:03

けちょんけちょん(^^;
確かに『予告編はすごいけど、それが全て』の映画、でしたね。

マンガのお話は興味深く拝見しました(^^)

閑話休題。
「夏目友人帳」のDVD1.2を見ました!好きです、これ♪

投稿: たいむ | 2008.12.29 21:36

コメント欄に自分のハンドルが羅列されるのが不細工なんでまとレスですみません。

■えいさん、早々のコメ返し感謝です!
 うーむ、「ご都合主義という主義がある」φ(・д・ ;)メモメモ おお!かっちょいー。これは名言だ!ぜひどっかでキメ台詞として使いたいですなー。

■ともやさん、毎度です!
 いやー、分業は日本のアニメでも同じです。そこには集団クリエイティブならではの“オトナの事情”があるのは理解できます。でも作り手には作り手の意地とこだわりがあるはずだと思うんです。
 トレース式リメイクと言えば織田君『椿三十郎』。せっかくタダだから観ようと思ったけど、登場シーンで笑ってしまってもうダメでした。
 トレース式リメイク、『ビルマの竪琴』みたいに同じ作り手が旧作と条件を変えて撮りたかった…ならともかくも(犬神家は撮り直した意義が解りませんでしたが)、傑作をトレースする事がスタッフの練習台以外になんの意味があるのかなあ…って思うのです。

■ななさん、毎度です。
 文中でもチラッと書きましたが、これだけ予算とスタッフと役者に恵まれていてこれはなんだ、と言う事なんです。
 映画祭のにぎあわせに『映像課の学生がCGの練習台としてシーンを作ったものを繋いでみました、すごいっしょ』と出すならまだしも、これをSFでござい、映画でございと一枚看板で出してくる神経。
 この映画の責任者たちは世界中で苦心惨憺(とくに金銭面で)して映画を創ってる人たちに土下座すべきですよ。

■たいむさん、毎度です。
 私ね〜、どうも恵まれてるクセに怠惰な作り方をした作品って許せないみたい。
 がんばってできないのは練習不足ですが、あそこまで作れるくせにアレだけか、なんて最低の“お座なり”じゃないですか?そしてなにか事情があっての事ならなおさら“やけくそ”で「もおええわい!やめぢゃ。やめたるわい。これで公開したんねん」みたいなのがあのブチッと終わったエンディングにあるような。
 TVのエヴァンゲリオンもそんなでしたが、でもそれは直接のクライアントに対してはともかくも、その先に存在している観客に対して失礼ってもんです。

≫夏目友人帳
 でっっっっしょぉおおお。たいむさんならハマると思いますよ。すっげーいいもん、アレ。

投稿: よろづ屋TOM | 2008.12.30 00:54

こんにちは。
このレビューにほぼ同感です。
「不都合な真実」だったらそういってくれれば観ないのに。
本格的SF映画だと期待して観たので落差大でした。

投稿: jamsession123go | 2008.12.30 18:18

あー観ちゃったんですね。
わかります。お気持ち、とーってもよくわかりますよ。
私も試写会だったから「まっいいかー」で済んだものの、あれ、自分のマネーで観てたら暴れてますって~~!!

キアヌもなぁ・・・
自分のブログにも書いたけど、相変わらずマトリックス&コンスタンティンなんですよね。実力ある方なんだし、あの路線もそろそろ廃業した方がいいと思うんですが、どーなんでしょう。
我が愛するスパイクもマトリックスでコンスタンティンしてたらどうしよう・・・

投稿: 小夏 | 2008.12.31 12:53

■ jamsession123goさん、いらっしゃいませ。
 たしかにCMで観られたシーンは素晴らしかったですものねえ。まあ宣伝する側もうしろめたさがあったに違いないとは思うんですが。

■小夏さん、まいどです!
 私も賛成です。キアヌ、そろそろ性格俳優に切り替えていかないとおっきくなれませんよね〜。ヒーローやってる場合やないです。
 個人的にキアヌの作品には『ディアボロス』みたいにけっこう面白いのがあるんで応援してるだけに歯がゆいですね。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.01.02 01:06

お前らはバカ?「地球が静止する日」の映画を観て何も感じなかったのか?伝えたいのは今の人類における危機を言ってるんだよ!お前ら人類は助け合いもしないで人類同士バカらしい戦争や争い事をし、イジメ、差別とかをしてる今のお前らの知能の悪さそしてお前ら人類はいつも何事でも気づくのが遅すぎる。イジメでも気づいた後にしかやめれない、戦争でも。温暖化だって気づいてからやっと温暖化対策計画を実行しようと言うがもう遅いんだよ!お前ら人類がいなければ地球にいる他の生物達はみんな生きてたんだよ!死んでないんだよ!お前ら幼い頃に親や身近な人に生き物は大切に!とか言われなかったのか?地球は人類の物と言うみたいに陸海空に道路や建物、無くてはならない自然の生物達を殺してるんだよ!だからお前ら人類自身が早くすべての事に気付いて変わらないとダメなんだよ!

そんなん分かっているのなら何故ガックリなんだ??
この映画を観て色々考えさせられるんだから何がつまらないんだよ??そんなに激しい刺激が欲しいのか?
どうせ人間は激しく戦争やってる映画観に行来たいだけなんだろ?(笑)どうせそういう刺激が欲しくて激しい映画観てんだろ??
戦争も知らないあなた達がそこまで激しい刺激が欲しいなら、今世界中で戦争をしている場所に行ってみると良いよ!!!!あなた達はビックリして頭がイカレてしまうからな!!目の前で人が殺されたり、頭だけが無い人を観たこと無いだろ??大事な恋人が目の前で色んな男達にレイプされた事とかもちろん無いんだろ?!友達や大事な恋人がそんな風になったらどうだ?!戦争物の映画やホラーやその他含めての激しい刺激がある映画は普通観たらよく参考になるだろ?!そんなのは反対とは思わないのか?!今も昔も含めお前ら人間は冷たいんだよ!

投稿: 林檎 | 2009.01.06 14:05

林檎さん、いらっしゃいませ。長文のコメントありがとうございました。
お疲れのご様子ですね〜〜。(-_-;)でもね、気持ちは分かりますがコメントといえどもちゃんと相手に伝わるような文体で書かないとダメですよ。
紋切り型の無礼で強い言葉を連ねてるだけでは人には伝わりません。やはりちゃんと最低限の礼儀をわきまえないとね。初対面の人にバカなんて言ってはいけません。人に話を聞いてもらいたいときは敬語も使いましょうね。社会に於いては目上、目下は関係ないんですよ。人間対人間のおつきあいです。

でも林檎さんは偉い。ちゃんと正しいメアドで書き込んでくださいましたね。誠実な人とお見受けします。

さて。ならば私も真面目にお応えいたします。

色々考えさせられたのなら感受性の強い林檎さんにとっては大成功な映画だったんですね。それはそれで結構です。
でもね、あれでは熱意があっても伝わってきません。少なくとも、がんばったスタッフの成果は活かされているとは言えない。もったいない。
仰るように私は何も感じませんでしたね。永年、人類の危機に警鐘を鳴らしてきた作品を数多く観てきたから余計にあの生ぬるさが許せない。
刺激を求めているのではありません。私はドンパチ系映画は大嫌いですし、昔の映画なんてもっと刺激ありませんよ。映像なしで演技と台詞だけで観客に想像させるんです。『博士の異常な愛情』をご覧になりましたか?『生きものの記録』は?怖いですよ。同時に感動しますよ。

あなたは戦場に出向かれてこの世の地獄をご覧になった上での発言とお見受けしますので私の言葉は机上の空論でしょうが、実物を見ないと理解できない、あってはならない筈のことを疑似体験させることでメッセージを送るのが映画だと思いますが如何。
とはいえ、貴重なご意見、たいへん参考になりました。やはり年寄りはもっと古い映画の啓蒙活動をしないといけませんね。

文体に問題のあるコメントを掲載したままにするのはご当人の恥になると思いますので、林檎さんが落ち着かれたのち、お申し出くださったらいつでも編集または削除させていただきますよ。お疲れ様でした。

投稿: よろづ屋TOM | 2009.01.06 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/43574521

この記事へのトラックバック一覧です: これは酷い。『地球が静止する日』(;`д´#):

» 地球が静止する日 (2008年/アメリカ) [七月のうさぎ]
キアヌ・リーブス主演『地球が静止する日』を試写会にて鑑賞。 公開前夜の18日だったんですが、ギリギリで慌しいな~と思っていたら、どうやら19日公開に合わせて全国各地の映画館で似たような企画が催されたらしいですね。キアヌも来日したみたいだし、ちょっとしたお祭りムードといったところでしょうか。 原題: THE DAY THE EARTH STOOD STILL 監督: スコット・デリクソン 出演: キアヌ・リーヴス     ジェニファー・コネリー     ジェイデン・スミス ... [続きを読む]

受信: 2008.12.31 12:55

» 映画:2009年初映画は 地球が静止する日  [よしなしごと]
 2009年、劇場での第1作目は地球が静止する日でした。と言っても、2008年公開映画ですけどね~。  ホントは2008年中に観たかったけど、年賀状書きで時間を作れなかったもので。。。... [続きを読む]

受信: 2009.01.08 02:07

» 『地球が静止する日』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
異星人とのファースト・コンタクトをテーマにした古典的作品のリメイク。 異星からの使者クラトゥにキアヌ・リーブス、クラトゥと交流を深めるヒロインのヘレンにジェニファー・コネリー、クラトゥと知的な会話を交わす科学者バーンハード博士にジョン・クリース、政府の代表にキャシー・ベイツという布陣で、ポーカーフェイスのキアヌは、得体の知れない異星人としての雰囲気は充分だ。 邦題は旧作の『地球の静止する日』から微妙に変えられているが、物語自体も大筋に変更はないものの、その色合いはかなり異なる。 旧作ではク... [続きを読む]

受信: 2009.01.09 22:59

» 地球が静止する日 [欧風]
冬休み中、私が静止する事もあったけど(^_^;)、実家で何本か映画を観ましたよ。109シネマズ富谷が4月末まで会員だといつでも千円なのが嬉しいところ。 1本目 [続きを読む]

受信: 2009.01.12 12:58

» 地球が静止する日 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
えーっと どうなんでせうか・・・映画館で流れる予告編って ウマいこと作ってあるよなぁ すっかりめっきり期待大やったけど 主演もキアヌやしかなりあっさり解決して 一応 はっぴーえんどそれにしても終わり方、あっさりしすぎっっ( ̄人 ̄) いつぞや観た「宇宙戦争...... [続きを読む]

受信: 2009.01.14 05:13

» 地球が静止する日 [映画、言いたい放題!]
大々的な宣伝だった割には あまり高評価は聞かないですね。(_) 観ないつもりだったのですが、 私の好きなジェニファー・コネリーや キャシー・ベイツが出てるので 観てみることにしました。 任務遂行のために地球へとやってきた、 宇宙からの使者クラトゥと... [続きを読む]

受信: 2010.03.01 00:35

» 映画を観るなら 地球が静止する日 [映画を観るなら]
ご都合主義はある程度は必要とはいえ、いくらなんでも限度があるでしょう。地球で80年暮らした仲間の意見はそっちのけで、2時間の一瞬で感じた雰囲気でちゃぶ台ひっくり返す宇宙人て・・科学力最高な宇宙人が来襲⇒ひとりの優秀な宇宙人が仲間とはぐれる⇒地球の音楽聴.. ... [続きを読む]

受信: 2011.01.07 22:46

» 地球が静止する日 (The Day the Earth Stood Still) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 スコット・デリクソン 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ/カナダ映画 106分 SF 採点★★★ ウチにはわんさか猫がいるんですが、あいつらなかなか態度がデカイ。ちょっと目を離せばソファーを占拠し、油断をすれば晩のオカズをかっさらう。夜中だろう…... [続きを読む]

受信: 2011.04.14 17:53

« やはり暖かいのかしらん | トップページ | これが連邦の白いヤツか!?白いPENTAX K-m登場 »