« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | 最寄の交通網 (今日のテーマ) »

2008.08.20

レパたんわがままセッティング、その4。

 次にチャレンジしたのは、Windowsをインストールする前に、あらかじめパーテイションを切ってしまってから順次インストールする方法。
 つまり最初にサブシステム用にふたつに分けておき、メインとなる方をBootCampでWindows用領域を作成してみようと挑戦。
 ところが情報通り、『単一のパーテイションに戻さんかい、オウ!?』ってダイアログが出て、どーしよーもないんですね。
 その次に───

   

05_bootcamp

 やってみたのは、あとでサブシステムを入れるパートの分を見込んで空白として空けておき(上の画像のグレーの部分)、のこりの部分をBootCampで分けてみた。
 すると今度はなんと、空き地で置いておいたグレーのところまでWindows用領域が侵食してしまってダメ。

 (-"-;)うーん、とこの時点でまたも長々と考えた挙げ句。

06_bootcamp

 単一ディスクをBootCampで切り分け、『Mac拡張フォーマット』と『FAT形式』を確定させるところまでは同じ。ただし、Windowsをインストールする前に、BootCampではなくディスクユーティリティ側でMac本体の領域を再度分けてみてはどうかと。
 しかしいざ上の画像のように分けてしまうと、BootCampからのWindowsインストールができなくなります。
 けどもともとWindowsインストールディスクは、単体でインストールするはずの物。ということは、すでにWindowsが入る専用のフォーマット領域がある以上、フツーに再起動させればインストールできるのではなかろーかと思ってここでもイチかバチかやってみました。

 結果。これが上手くいった。ヽ(´∀`*)ノああ、神様仏様。

 ♪ぼーん。起動音はMacですが、しばらくのちにウィーン、ゴッゴッとDVDが廻る音がして、やがて前回掲載した“愛想もシャシャリもないインストール画面”が登場。
 「どこへインストールしまんねん」という問いに、FAT32と書かれたディスクを選んでEnterキー。
 やがて先ほどと同じように画面などが言うことを聞かないWindowsXPが立ち上がりました。ダメモトでおそるおそる最後の最後にMacLeopardのインストールディスクNo.1を突っ込むと、ちゃんと認識!

 このあと、前の夜中にやってたようにWindowsをインストールし、BootCampで仕上げして。

09_bootcamp_win

 めでたくMacMiniでしっかりとInternetExplorer ver.7が起動!

 インストールを待ってたりする間、何度も何度も居眠って船漕いでました…
(つД`)すーっかり夜は明けて…どころか、昼になってました。日付感覚どころか変更線もよお解らん状態になりましたわ…
 でも。これでやっとOSだけが入ったわけで、ここに必要なアプリが入りーの、文字変換ソフトが入りーの、さらにMacでの環境がちゃんと移植されてこそツールとして使えるわけです。

 まずはWindows用ATOKを入れ、MAC用から設定やら辞書やらの移植するわけですが、マジでどおしたらいいのかも解らない。(現時点では解決済みなのでそれはいずれ後述)
 ExplorerにSafariのブックマークを移植したいけど、これまた一体どーしたらいいのやら。

10_success

 とりあえず、土台だけはできあがりました。とっかかりだして丸三日かかりました。
 まあねえ、最初にOS×を入れた初代のMacMiniを手に入れた時は、本格的に使えるように調整し、OS9のPowerMac G3から移行し終わるまでに半年以上かかったことを考えたら、突貫工事もいいところです。
 前途多難な『レパたんわがままセッティング』はまだスタートラインに立ったばかりであります。
 もっとも大変そうで、失敗だらけっぽい『Leopard上でOS9を走らせる』最終目的まではまだはるかな道のりです…
 ああ、しんど。

 
 

|

« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | 最寄の交通網 (今日のテーマ) »

◆宇宙に長寿と繁栄を(-"-)w」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | 最寄の交通網 (今日のテーマ) »