« 06月01日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 久米宏!経済SP“新ニッポン人現る”を観て。 »

2008.06.02

やはり『崖の上のポニョ』にケチが付いたなあ(;´〜`;)

Gake_ponyo 最近のジブリ作品に限らず、劇場版のアニメ作品はどうなってんねん!? と言いたくなるコトが本当におおいですね。
 いや、声ですよ、声。この『ポニョ』もそうですよ。なんで半端な俳優を使うのかなあ。裏事情を考えない限り、ありえんラインナップですよ、これは。■

 今朝一番で小夏さんのトコのブログを覗いて知ったんですがね。(;´〜`;)この『崖の上のポニョ』は久々に宮さんが好き勝手にこしらえたっぽい作品らしい気がしたから期待してたんですよ。だってねえ、魚の少年の友情物語なんて誰がイマドキ作ります!? まあ、人面魚ですけどね。

  

 
 たしかに所ジョージ氏とか天海祐希嬢に吉行和子さん、はては奈良岡朋子さんなんてみな素晴らしい役者だと思います。しかし吉行、奈良岡の両氏は朗読や一人芝居などもされてたほどの演技派の名優とはいえ、なんでこの人たちなの!? と言いたいんですよ。

 これが『もののけ姫』や、百歩譲って『ハウル』での美輪明宏さんなら、あの個性と声が必要だったという言い訳はできるでしょう。バラエティ豊かな声優界といえども、声さえもあれほど怪しいオーラを放てる役者はあの人しかおらんでしょう。しかも、あの人は正真正銘本物の役者だから、あんなにも存在感あるのにもかかわらず演じているときは美輪明宏じゃなくなってしまえる人。
 しかも本物の魔女やし。( ̄ロ ̄lll)

 しかし特徴やしゃべり方に特長があるでなし、逆に「所ジョージがしゃべってる」って事を観客に意識させてしまったら声優としては下の下、ゲゲゲの下だし、ましてや必死でアフレコしてるようでは声優の学校へ行ってる学生の方が新鮮な分マシといえるし。

 まったくもって、あえて高額ギャラでリスクばかりが大きな俳優やタレントを声に起用する意味が分かりません。(。-`ω´-)

 まさかと思いますが、宮さん、わざと評判の悪い作品にして世間の悪評を追い風に利用して引退を…なんて考えてるんだろうか。フツーの人なら名誉欲とかがあるからあり得ませんが、彼の御方はなんせキング・オブ・ヘンクツ(彼を知ってる古株はインタビューに殊勝に応える姿が奇妙に見えて仕方なかったし、映画賞の時も替え玉かと思ってたくらい宮さんらしくなかったですわ)やし…ここ数作品の脱線ぶりはそんな気がしてなりません。

 人面魚の話なんて作るって聴いたときは、「おお、こんな受けなさそうな物を作るとは!まだあのオヤジ一流の道楽ぶりは消えてないな、ありがたし」と喜んだんですけどねえ。
 
 いや…待てよ。/(-_-;) ヘンクツでも部下や後進のアニメーター達のことを常に考えている御仁がそんな捨て鉢になるだろか。

 もしかしたら芝居すらやったことのない漫才師とかだけは使ってないってのが、宮さんなりの精一杯の抵抗なのかしら。劇場版ポケモンやドラえもんとかにはまるで文化祭の飛び入りみたいに無意味でKYなタレントが堂々と名前入りで出ていることを思えば、『ポニョ』は一名を除いてちゃんと俳優・女優として評価され名を成した人たちですものねえ。

 (;゜〇゜) ハッ!そ、それでポスターに名前出させたくなくて、でもスタッフ名を入れたらキャストを入れないわけに行かず…だから、ずんべらぼん(大阪弁でのっぺらぼうのこと)のイラストだけにした…

 うん。きっとそうや。(T_T) それしか考えられん。いや、そうとしか考えたくない。

 もう、ジャパニメーションのこれからを考えたら劇場版のアニメなんてもうやめるべきです。かつての『宇宙戦艦ヤマト』とは違った腐り方をし始めている。げんに、この十年ほど、劇場用アニメでテレビアニメやOVAの内容やグレードに勝った作品はないもん。
 ドラえもんとかはいわばアニメの釣りバカor水戸黄門だから無難に作ってればいいわけで。

  Σ(゚ε゚ ノ)ノ あっ!まさか!どーせタレントが声やって中身をぶち壊しにするんだから、劇場版はホンキでやってない………なんて!? いや、まさか。

ふむ、なるほど、と思われたら▼▼ブチブチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

  

|

« 06月01日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 久米宏!経済SP“新ニッポン人現る”を観て。 »

◆ブツクサ座CINEMA《ぼやき版》」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ボイスキャストには、私もがっくりでした。
ジブリは(作品はともかく)これが嫌なんですよね。
「スカイ・クロラ」のキャストにも消沈していただけに、楽しみ半減といった感じ。(観ますけど)

ところで、ポニョをずっと男の子だと思っていたわたしです。歌をきいてびっくりしました(^^;

投稿: たいむ | 2008.06.02 16:44

一応メリットもありますよ。
TV{に出てくる有名人を使うと、その人が番組内で広告してくれたりするので、それが一番大きいメリットです。
ま~自分は、木村拓哉さんとかは、中々悪くはないと思うけど・・・。
今のアニメ業界には、ふざけたおごりがありますね、深夜にばかり放送もそれ、バラエティ何か深夜にやっても絶対に見ないつけた時にやっていれば見る程度、しかしアニメは、見たい人間は何時でも見ると言うふざけた発想ですね。
多分これは、映画配給会社の差し金でもあるかもしれないんですよね。
いい例が、ガンダムの映画で映画版ではアムロの母が倍賞千恵子・・・。
そうジブリのネームバリューなら何作っても売れるだろうと言う、金勘定しか考えない馬鹿が多いから、円谷プロが、潰れて特撮に理解の無い人が買ったり。
ジブリも確か身売りしてるはず・・・。
そうクリエイターで無い奴が、金の力で馬鹿やってるだけだと思いますね!
この手の馬鹿が消えない限りアニメは文化にはなれないでしょう・・・。
逆の例では、エヴァの庵野監督は、余計な口出しさせないために、映画用にカラーズって会社作りましたからね!
今のクリエイターでなく、クリエイターを利用した中間が儲かるシステムを、改善しない限りいい作品はできません。

投稿: ポニ萌え | 2008.06.02 17:44

たいむさん、いらっしゃいませ!そう、『スカイ・クロラ』もねえ…俳優として上手いのは認めます。けど、声としての魅力があるのか、というのが問題なんですよね。
それともこーゆー風潮って、ハリウッドの真似してるつもりなんかなあ。アレはアレでみっともないけどなあ。

予告編は観てません…人面魚が歌ってるんでしょーか?ま、そのうちイヤになるくらい、イヤになっても見せられそう…

投稿: よろづ屋TOM | 2008.06.03 00:04

おおおっ!ポニ萌えさん、いらっしゃいませ!そして直接の会話ははじめましてですよね。

うん、キムタクは私も世間が言うほど拒否感なかったですよ。彼はけっこう自己滅却していたんで気にならなかった。だから当時の記事もけっこう好意的に書きましたもん。ただし、他の役はできませんわね。俳優の場合も同じで、なにやってもキムタクというひとつの引き出ししかないから、声もあれっきりであってほしい。

ただ、もうイマドキはテレビの番組内お仕着せ宣伝効果ってどうなのかな、って思います。最近はテレビなんか観ない、って若い人も急増してるでしょ。芸能誌にしても、もう時代遅れでしょう。むしろネット批判での逆宣伝効果の方がキツいような。

≫ガンダムの映画で映画版ではアムロの母が倍賞千恵子

そーいや、そうでしたねえ。忘れてました。でも日本を代表する女優さんではあっても、アノ程度の出演で果たして当時宣伝になったんですかね?せいぜいほんのちょっとした話題程度でしょう。
どんな事情があったか知りませんが、今みたいに“そのためだけに”俳優を大量に配するのとはチト違うような。

深夜帯のアニメは賛成です。垂れ流し放送式のテレビもいずれ遠からずオンデマンド式に取って代られるでしょうし、これからはますますプログラム録画&時間自由視聴が当たり前になるし、アニメに関係ないスポンサーの機嫌を取る必要もないからこそ、今みたいにかなりの率で傑作も生まれるわけで。
『コブラ』なんて「葉巻ぢゃありませんから!」って言って誤魔化してましたからね。その頃の放倫だったら『カウボーイビバップ』なんか絶対放送できなかったでしょう。

となれば、既製のチカラのある、まさにクリエイターに理解のないスポンサーに茶々を入れられない深夜帯を、制作会社が自ら買ってしまう今のやり方は画期的ですよ。もちろんオーナーが暴走する可能性もないとは言い切れませんけどね、スポンサーや広告代理店の横暴よりは遙かにマシ。

実際、昔に比べたら金に左右されるリスクと度合いはかなり弱まってると思いますよ。

庵野君もテレビエヴァでそんな煮え湯をさんざん飲まされた反動なんでしょうが、逆に彼のこれまでの作品を観ていると、ある程度制約合った方が丁度いいのでは…とも思いますけどね。名前ばかり先走ってしまった今、何作っても引用ネタ(あれはオマージュとは違うもんね)かひきこもりネタばかりですし。
彼はもっと良い作品が創れるはずの人なんですよ。だけど自由すぎると歯止めがきかない。それで社長ならもう暴君でしょ。
イデオン、ダンバインなど限定解除後の富野氏のなんでもかんでもギリシャ悲劇式全滅ネタに近いですよ。
『否』と言える、叱れる人が側にいないトップはただの暴君です。

投稿: よろづ屋TOM | 2008.06.03 00:32

映画などをあまり観ない私がコメしていいのかわかりませんが、俳優さん・タレントさんの「声優」はあまり…好きではないのです。キャラに没頭できなくなってしまうんです。キャラを見ているのにその後ろに俳優さんが見えてしまうのがどーも…苦手でして…劇場版アニメからどんどこ離れてしまってます。あのトトロを初めて観たのは2001年でした♪
私の地元市内にジブリのスタジオがあるんですよ、たしか。ジブリファンに連れてけ!って言われたことがあります^^;

投稿: もこねえ | 2008.06.03 02:14

≫映画などをあまり観ない私がコメしていいのか

なにをおっしゃる、もこねえさん。(* ̄0 ̄*)めっそーな。
仰るとおりですよ、要するに一般の俳優やタレントは、ピン芸人として前へ前へとしか出る訓練をしてきた人種なんで、自我を消してキャラになりきるということができないらしいです。
そういう意味で、三輪さんやジコ坊を演じた小林薫さん、西村雅彦さんなど『もののけ姫』での声を演じた俳優たちは上手かったんです。
でもそのあとの作品はあそこまでのグレードはなかったなあ…ハウルの神木くんはむしろ奇跡でしたが。

投稿: よろづ屋TOM | 2008.06.04 02:02

こんばんは、よろづ屋TOMさま♪
これは本当に駿さんが好き勝手作ってるみたいですね。
デジタルを使わず、とことん手書きアニメにこだわって。
原作物ではなく、久しぶりに駿さんオリジナルの脚本だし。
よろづ屋TOMさんが言うように、タレントを起用してもいいけど、タレントの顔が見えてしまったら負け…っていうのも同感です。
ジブリはいつからああなってしまったんですかねぇ。
「おもいでぽろぽろ」からですよね。
タレントを声優起用して、プロモーションするようになったのは…。
いやな風潮ですよね。
でも、話題作りのためだけの素人がいないのが、せめてもの救いですか?

投稿: ともや | 2008.06.29 23:41

≫「おもいでぽろぽろ」からですよね。

ですねー。でもあれは、実写に限りなく近いアニメはどこまで可能か、という実験だったから、賛否両論はともかくも、主役二人の顔もあえて似せてあったわけで。
しかしたしかにあの頃から私はジブリブランドに失望し始めたのはたしかですねえ。

誰か、誰かなんとかしてくれ………(つД`);;

投稿: よろ川長TOM | 2008.07.01 00:45

うわあ。盛り上がっていますね。

さて、自分が見た感じをそのまま言いますと、
まず、所ジョージについては、
見終わるまで彼とは気づかなかったです。
山口智子は、
これもやはり顔と声のイメージがダブらなかったです。

すぐに分かってしまうのは、長嶋一茂、
そして吉行和子でした。

投稿: えい | 2008.07.02 22:15

えいさん、よーこそ〜〜〜。

≫うわあ。盛り上がっていますね。

いや、私一人うるさいだけでして。(;´д`;)
うーん、えいさんのコメントと、ブログでのコメント返しを読ませてもらって、気になる度合いはますます上がってゆくんですが…
大嫌いなタレントが出てるだけでテンションがた下がりってのは間違いないし、絶対気づいてしまうからなあ…ううううううううううううう

投稿: よろづ屋TOM | 2008.07.04 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/41403192

この記事へのトラックバック一覧です: やはり『崖の上のポニョ』にケチが付いたなあ(;´〜`;):

» 崖の上のポニョ/試写状 [ともやの映画大好きっ!]
本日届いたのは、宮崎駿監督の4年ぶりのオリジナル新作アニメーション「崖の上のポニョ」の試写状。 『引退する、引退する』と言って、なかなか引退しない宮崎駿監督。 いいんです。 生涯現役でいてください。 そして原作漫画に則した「風の谷のナウシカ」完全版を作り上げてください。 人間になりたいと願うさかなの子ポニョと、5才の男の子宗介との交流を描いたほのぼのとした物語みたいです。 最近の宮崎アニメは、声優にタレント起用っていうのが多くて、ちょっと引き気味ではあるんだけど、純粋に楽しみな作品。 ... [続きを読む]

受信: 2008.06.29 22:55

» 『崖の上のポニョ』 [ラムの大通り]
----この夏の大本命! 宮崎駿アニメ、ついに登場。 確かこれって『人魚姫』をモチーフにしているんだよね。 でも、この目と目が離れたファニーフェイスの女の子が人魚姫って ちょっと想像つかないニャあ。 「そういえば、この子が人間になった姿は まだどこにも出ていないなあ。 今回もあいかわらずの秘密主義だったからね」 ----それってかわいいの? 「うん。『となりのトトロ』のメイみたいな感じ。 そういえば映画の雰囲気も『トトロ』に似ているところが…。 ただ、あれよりもマジカルな要素が強いね。 まずポニョ... [続きを読む]

受信: 2008.07.02 22:14

« 06月01日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 久米宏!経済SP“新ニッポン人現る”を観て。 »