« エライ目に遭いました(;`д´;) | トップページ | 今年も京都の空気を吸いに行く。 »

2008.03.28

次々と咲く花にせきたてられてアセる。

080321_28

 アセってます。(;´〜`;)具体的にスケジュールが押してるとか、いっぱい溜まってるとかではないものの、な〜んか、ずっとアセってるんですよね。
 なんやかやと先を考えると「アレせなあかん、コレせなあかん」って事ばかりで追い回されてばっかしで、そのくせちょっともモチベーションが上がってこない。テンションも下がりっぱなし。
 そんな「せなあかん」ことのひとつが3週間ごとの熱帯魚の水替えと、季節ごとの庭仕事。とくに今みたいに冬が終わってイッキに芽が膨らんで花が咲いてゆくと、同時に植え替えだの、鉢植えなら置き場所を変えるだの色々あるわけです。
 


 もちろんほったらかしでも彼女らは文句言わない。真夏とかキビシい季節ではないので、そうそう簡単には枯れたりしない。花も生き物には違いないけど、植物ってのは最低限の世話でもなんとか生きてはいてくれるから。そのかわり、今年手入れしたら数年後に絶対見返りがあるんですね。逆に今年ズボラしたら何年か後には花は勿論咲かないし、ヘタしたら突然力尽きて枯死したり。

 だから例えば去年何もしてないのに今年は良い花が咲いたとか、元気にのびのび育ったりするのは、実はその前かさらに前の年に、彼女らの役に立つなんらかの作業を施した結果なんですね。必ず原因があって結果がある。
 これが不思議というか、球根植物や宿根草はもちろん、タネの一年草でさえもこのことがあるんですよね。小さな堅い粒の中にちゃんと一年間で得たパワーを蓄積して次の年へ、次の世代へ受け継いでいる。あなどれんのです。

 さて、上の写真左はこの冬に『匂い椿』って名札につられて買った『港の曙』って品種の椿。で、咲いてみると、おせじにも花の形の美しい品種というほどではなかったですが、花びらのふちがほんのり白覆輪でなかなか野趣がある。肝心の香りの方は西洋桜草(プリムラ・メラコイデス)を薄めたような。たしかに香りのある椿って初めて。
 それに小輪多花性のようなので、うまく育てたらなかなか賑やかでよろしい。

 右のミニ水仙がまさに先ほど書いた、“数年前にお世話した”クチ。といっても、要するに適機に適度な肥料を適量与えただけのこと。それでもそれだけのことでこんなに喜ばしい事態になるんなら、やはりやっといてよかったな〜と思うのです。

080321_12

 上の写真は3月23日に咲いたり咲きつつある方々。
 左が侘助(わびすけ)椿の『以津の夢』…透けるような薄〜いピンクで、その形と相まってまるで恥じらう乙女の如し…のウイやつなんですが、携帯の1メガカメラではこの程度しか再現できませんdespairはよ次のちゃんとしたカメラを手に入れたいなあ…ううう。
 中上がニワウメ、中下がおなじみアーモンド、右上が姫リンゴの花芽、右下がヤブ椿で…あ。品種名忘れた…
 結局我が家にあるバラ科花木の中では、梅の次はアーモンドが早いんですねえ。沖縄で花盛り(ひょっとしてもう終わった?)の寒緋桜もあるんですが、ソメイヨシノより遅くて八重桜より早い程度。
 タイトルに書いた焦りも、なんのことない、自分のズボラに対する無意識の自己批判の現れなんでしょうけど、植え替えをさぼった側の花たちが私を責めているような気がするんですよね〜。
「あらっ。そっちのコは新しい土でキレイな鉢に植え替えたのに、アタシはほったらかしなの?去年もそうだったぢゃない。」
「いいのよ…どーせ、アタシなんて…結局アタシの花だけが目当てだったんだわ。」

 春はこれから。でも身体を休めるのも、花見に出かけられる日も、庭作業も、少ない休日をやりくりするしかないんですからねえ…ああ、あこがれの楽隠居。
 

|

« エライ目に遭いました(;`д´;) | トップページ | 今年も京都の空気を吸いに行く。 »

◆花咲けるジジ道(植物ネタ)」カテゴリの記事

コメント

すごい!前々から感じてたんですが、まるで植物園みたいに綺麗なお庭(?)ですね~!すばらしいです!
サボテンを枯らせてしまうくらい育てベタな私にはできない…
椿は「相模侘助・太郎冠者」が好きです。ここいらではあまりお目にかからないですが…

ちょっと頑張って何か育ててみようかしら…

投稿: もこねえ(あやたん) | 2008.03.28 14:56

もこねえさん、毎度お世話になっております!!
お褒めに預かり恥ずかしいと言うよりsad申し訳ないっす。

いや〜〜〜〜〜〜coldsweats01部分を写してる分にはキレイかも知れませんが、全体像をご覧になると………
冬は青木ヶ原のミニチュア、夏は熱帯雨林。欲しいと思ったまま買っては植えてルールもとりとめもなし、虫が大嫌いなので真夏はさぼりまくりで育ち方のおぎょーぎも悪いし。
いや、実際サボテンは難しいですよ。やはり簡単なのは地生えの植物でしょうかねえ。

相模侘助 太郎冠者、調べました!かわいー。園芸店などの椿展はもう終わってしまったでしょうけど、むしろ花の終わった売れ残りは安くていいしねらい目ですよ。

投稿: よろづ屋TOM | 2008.03.28 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エライ目に遭いました(;`д´;) | トップページ | 今年も京都の空気を吸いに行く。 »