« 二階へ上げておいてハシゴを外すソニーの体質 | トップページ | やっぱし新しい生命との出逢いは嬉しいモンです »

2008.01.20

君はダークな鬼太郎を見たか!?『墓場鬼太郎』これぞ原点!!

01


 HDレコーダー(いきなり横っ飛びしますが、HD-DVDとややこしいから何とかどっちかの呼び名を変えて欲しいものです)で番組を物色してて、『墓場鬼太郎(新)』なんてあるから、ふーん、えーと?最初のモノクロ鬼太郎から数えて四作目の新作か?……まあ、ヤッターマンも復活したし…でも♪興味ねぇや、そう思って消したよ…なんて思ったものの、『墓場』ってのがミョーに気になって録画しておいたんですが。

Σ( ̄△ ̄lll) な、な、なんぢゃこれええええええっっっっっっっっっ!

 鬼太郎がダークなのです。悪いんです。ちっとも人間の味方ぢゃないんですぅ。
 

 しかも!お話は鬼太郎が生まれるところから始まるのですっっっっっっ!
 なのに?なのに?彼の父親はミイラ男状態…!?
 鬼太郎といえば私みたいなもうすぐ47歳になるオッサンでもやはりゲゲゲなんですよね。(…なんちう表現や…)最初のアニメ化はモノクロだったので再放送はもちろん、DVDでのレンタルもなかなかありませんが、のちのカラー版よりもずっとおどろおどろしくて怖い。
 あいにく私はかなりの恐がりだったんで、原作は読んだことがないんです。でも当時の少年マンガ雑誌などは、夏になれば水木しげる先生の妖怪図鑑みたいな巻頭特集をやってくれるもんだから、見たくなくてもあの独特のタッチを脳裏に焼き付けてしまうんですね。

02

 そして後年、ゲゲゲの鬼太郎の原点は『墓場の鬼太郎』といって、もっともっとダークなお話だったのだよ〜…とは聞いていたのです。
 ( ̄〜 ̄lll)そう。今回アニメ化されたのはまさにこれ。

 『絶望先生』や『ぱにぽに』みたいなノリのオープニング見て思ったのが、これが実現したのも、21世紀のアニメ皇国日本ならではやな〜〜〜ってこと。
 水木先生の原作をコラージュ(たぶん)、原色をつけてポップな雰囲気にし、主題歌も電気グルーブが担当。なかなかいい雰囲気です。♪くらやみのなかで物の怪がダンス♪…一回聞いただけで耳に残ってしまう。

 聞いたところでは昔のアニメ化の際、子供番組に『墓場』はマズイだろう、ってんで『ゲゲゲ』になったとか。(ゲゲゲなら構わない論拠がよお解りませんが)
 大人番組と言い切っていい今の深夜帯アニメにはBADワード・BADシーンなんてのはもうほとんどないのかもしれません。『絶望先生』なんてオープニングで人が首吊ってますからねえ。(実際、まさか続編、OVAならともかくも、放送できるとは思ってませんでしたよ。局の関係者、心臓強いな〜)
 で、本編の雰囲気は『京極夏彦・巷説百物語』的な線画を活かしたタッチ、あのセンセーショナルな画面構成で“頼むから何かスゴイ賞あげてよ”と言いたい、『モノノ怪』を彷彿とさせるサイケささえもある色設計。
 たしかに水木先生のオドロオドロシイ世界をアニメにするにはこの方がいいかも。(それでもまだソフトですけどね)

03

 嬉しいのは声の出演。元祖鬼太郎の野沢雅子さんなんですよ。もちろん目玉おやじは田の中勇さん。(まあ、ルパンの山田康夫さんのように、絶対、他の人は考えられませんわね)
 また横道ですけど、最近のアニメは新人さんからだいたい30代くらいになるかならないかの若い声優さんがほとんどなんですが、今月第三シーズン放映にこぎつけた『ARIA』では、わたしらオールドファンが泣いて喜ぶようなキャスティングをやってくれてます。
 ARIAの主要キャラたちが母親のように慕うカリスマおばあちゃん“グランマ”の声に『母をたずねて三千里』のマルコ役の松尾佳子さん、そして先週のゲストには『アルプスの少女ハイジ』のハイジ役の杉山佳寿子さん。
 ちょうどお話が、主人公たちを見守る先人というか先輩たちを描いたエピソードなので、なおさら知る人ぞ知る別な角度での感動もあったりして。
 やはりベテランなくして厚みのあるドラマ作りはできませんね。

 幸いなことに鬼太郎のオリジナルキャストは健在なので、きっとねずみ男も大塚周夫さんが演じていただけることでしょう。(私は十三代目石川五右衛門も大塚さんでないとイヤなのです)

 一話だけを見る限り、ダークな鬼太郎くんは人間の汚いところ醜いところを完全なアウトサイドから面白がって見物する、喪黒福蔵的キャラのような印象。これまで9割方ヒーローを演じてきた野沢さんはきっと楽しくて仕方ないことでしょうねえ。

04

 たぶん1クールでしょうけど、テレビ史上初めてのダークな鬼太郎、どんな話になって行くのか楽しみです。
 追記:エンディングが『グレンラガン』で大ヒットした“しょこたん”なんですが、ほんまにジャパニメーションの主題歌ジャパニPOPってどんなJ-POPよりもいい曲が出てきますねえ。泣かせます。

 『墓場鬼太郎』オフィシャルサイト→■

|

« 二階へ上げておいてハシゴを外すソニーの体質 | トップページ | やっぱし新しい生命との出逢いは嬉しいモンです »

◆オススメ座《アニメ》」カテゴリの記事

コメント

お騒がせいたしました。
まさかスタトレネタに喰いついていただけるとは・・・


年齢がもうすぐ47歳と聞き安心いたしました。
若干私のほうが下であります。(ほんまに若干なんですが。)

声優と言えば私の所属?するオオサカジンというブログの"ホップ"大王さんがめっちゃオタクっております。

私はTNGです。
VOYのキャサリンは・・・
昔ミセスコロンボといってNHKに出ていたことありますね。古いですけど。
「へーコロンボの嫁はん、若いな~」と思ってました。
それでは、また来ますね。

投稿: あほん | 2008.01.22 09:45

うおおお!?
そっかー、ジェインウェイ艦長、どっかで見たことあるとずっと思ってたんですよ。ミセスコロンボやったか〜〜〜〜〜!
い、今の今まで知らんかった…( ̄ロ ̄lll)
胸のつかえがすーっと取れましたよ。感謝です。

声優オタクさんか〜。またお近づきになる機会もあるでしょう。
私らが最初にそーゆーのにハマったときはまだ声優なんて呼称すらありませんでしたもんね。
で、名前だけ連なってても、誰が誰を演ってたかも書いてないからこれまでのつながりから「たぶん、この人がこの声だろう」とリストを起こしていったものです。
これからもよろしくです!

投稿: よろづ屋TOM | 2008.01.22 12:56

TOMさん、御無沙汰してました!
久々にコメントしようと思って覗いたら、鬼太郎!!
思わず食いついてしまいました。
これ面白そうですねー。
絵柄を見てたら、なぜか私は「猫目小僧」を思い出しちゃったんですが(笑)

それにしても、コドモの頃から「ゲゲゲ」って何の意味があるんだろうって不思議でした。

投稿: 紅玉 | 2008.01.25 22:26

やっほー!!!!紅玉さん、おかえりなさい!(イヤ、たしかにここは私の縄張りですが、いろんな意味で。)
この鬼太郎観てつくづく思うのは、アニメ文化として今ほんとに良い時代になったな〜ということ。
いまやアニメの最大のスポンサーは自分のトコの制作会社というのが多いんです。自分とこで作って、自分とこでDVD売ってるから。
だから昔と違って、作品に理解のない異業種のスポンサーの横暴に振り回されることがかなり少なくなったことが“自立”に繋がってるんでしょうね。
それでもたまに“大人の事情”って末路もあるにはありますけど。

ではでは、これからもまたおいでくださいね〜〜〜〜!
(* ̄▽ ̄*)

投稿: よろづ屋TOM | 2008.01.26 00:09

こんにちは。
初回はビックりでしたね。録画してみたのですが、夕飯時に見てしまって大失敗。食事どころじゃなかったです(><)
水木テイストが良く出ていて、深夜ならではの表現が秀逸です無茶苦茶おどろおどろしいのはホント初回だけで最近は随分和みましたね。といっても2週遅れなので、ネコさんのとこまでだけど(^^)
この枠は侮れませんねぇー。

投稿: たいむ | 2008.02.20 17:18

たいむさん、いらっしゃいませ!
私も撮り溜めてから観ているので似たような回数です。原作は知りませんが、どうも昔から知ってる鬼太郎に比べると逆にポーッとしてますよね。
喜怒哀楽も妙に緩慢だし。
それにしても寝子さんの♪メロメロ♪にはぶっとんだなあ。しかもショコタンだし、ピエール滝まで出てるし。
たしかに侮れない…

投稿: よろづ屋TOM | 2008.02.20 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/17756782

この記事へのトラックバック一覧です: 君はダークな鬼太郎を見たか!?『墓場鬼太郎』これぞ原点!!:

» 墓場鬼太郎が復活というか初登場 [そーれりぽーと]
なんと、『ヤッターマン』にばかり話題が集中してましたが、鬼太郎も帰ってきてました。 と言っても、古くて新しい、原作を知ってる人には馴染みの、初期のタイトル、『墓場鬼太郎』名で初めてのテレビアニメ化です! なんて大げさに書いたって、もしかして殆どの人は知ってるのかな? 関東では10日から放送を開始、関西でも15日からやってたんですねぇ。 さっきたまたま寝る前にチャンネルをパチパチ切り替えてて見つけました。 寝る前にUPしとこうと思ったら、午前2時半…またこんな時間に(汗) 明日も仕事だと言うのにね... [続きを読む]

受信: 2008.01.31 14:00

» 墓場の次は図書館~ノイタミナ [たいむのひとりごと]
現在放送中のフジテレビ”ノイタミナ”枠は、『墓場の鬼太郎』。 お馴染みの『ゲゲゲの鬼太郎』と同じといえば同じだが、より水木作風に近い為にリアルで若干不気味。鬼太郎も、好少年?な”平成の鬼太郎”とは打っ... [続きを読む]

受信: 2008.02.20 17:14

« 二階へ上げておいてハシゴを外すソニーの体質 | トップページ | やっぱし新しい生命との出逢いは嬉しいモンです »