« 憎めないおバカな迷惑トラバ。 | トップページ | CRTモニターの恩返し。 »

2007.06.09

『ピアノの森』ピュアな話にお前が泣いた。涙はコレで拭いとけ!

Piano_no_mori

 昨今、オトナの事情でいろいろと問題が浮上するアニメ界ではありますが、とりあえず『のだめカンタービレ』アニメ版は順調に放映してますね。ありがたいことです。

 さて、音楽家(またはミュージシャン)が主人公のコミックで、実際に音が出たらどんなだろう、クラシックというものがよく解らない自分でも、はたして本当に聴くだけで感動って与えて貰えるんだろうか?
 そう思った作品は過去に何本もありました。

 竹宮恵子氏が描いたウィーン少年合唱団をテーマにした作品群や、音楽ではないけど楽曲が重要なファクターを占める、槇村さとる氏の『愛のアランフェス』や『ダンシング・ゼレネーション』その続編『N★Yバード』。
 今のジャパニメーションの技術なら、絶対にすごいものができるだろうという代表格ですが。

 そんな、音楽…しかもひとりの天才ピアニストの少年が主人公のコミック『ピアノの森』iconが7月21日から劇場用アニメ映画として全国公開されます。
 いや、もちろん私もまだ観てないんですが。
 
 

 原作は『花田少年史』の一色まこと氏。
 私は原作で何度も泣きました。いえ、お涙頂戴の哀しい話ではありません。
 とにかくピュアなんです。素直なんです。登場人物の誰もが生きるのに不器用で、しかも主人公を中心に一所懸命に生きてゆくんです。

 これが、もお…(T△T)「泣けるでえ!」by キンタロス@仮面ライダー電王。…いや、脱線失礼。

 初めて知ったのは同僚の愛守氏からの大推薦によるものだったのですが、ぶっちゃけた話、背景などすごく丁寧な描き込みなのに人物の絵がガチガチに堅いのが玉に瑕。
 絵柄も今風でないというのもありますが、どうやら児童雑誌で永らく描いておられたような雰囲気で、かなりアナクロな雰囲気なんですね。

 ところが、数頁読んでみるといつのまにかググ〜ッと引き込まれてしまっている。
 『花田少年史』もそうですが、この作者、庶民…というより、貧乏人を描かせるととにかく巧い。そしてこの作品に生きる人物たちはみんな生きる事にすごく不器用な人たちなんですね。
 こう書くと語弊がありますが、そのガチガチで不器用な絵柄に妙に合っているんですね。まあ、アニメの方はさすがにかなりクリーンアップされていて、主人公の海(かい)君も原作の設定通り“美少年”っぽい。

 さて動画の制作にあたったのは古くは『エースをねらえ!』新しくは『時をかける少女』のマッドハウスなので安心なのですが、やはり声はオトナの事情とやらか、俳優とタレントたち。

 まあ、役者としては実力派といっていい人たちですし、予告編を見る限りも充分許容範囲なんですが、やはり声優さんにして欲しかったのが心残りです。
 その中でおそらく最も巧いだろう、主人公のライバル雨宮修平役の神木隆之介君。
 『ハウル』でも出演者中一番巧かったわけですが、今NHKの連続テレビ小説に出演中の彼を見てびっくり。
 大きくなった…( ̄ロ ̄lll) 一瞬誰かわからんかった…
 『妖怪大戦争』までは可愛かったのに、もう子供ぢゃないのね。orz...おっちゃん、トシ食う訳やわ。

『ピアノの森』の原作iconではもう14巻に及び、すでに主人公は美しい青年になっていますが、今回の映画ではあくまでスタート部分…いわば立志編のみと思われます。
 原作のねばりある人気や、その展開度からも、のちに予想されるテレビでのシリーズ制作とリンクしたキャスティングにすべきだったと思うのですが、どうも劇場ものはおかしな思惑を働かせる悪党がいるようで…
 そういった意味でも、たとえこの作品が傑作になったとしても心残りです。

 どうせならTV版またはOVAになっても同じキャストでやって私に「すんませんでした」と言わせて欲しい…

 ◆『ピアノの森』原作コミック(楽天ブックス)
 ◆『ピアノの森』原作コミック(ユーズドブックス)icon

 ◆ 『ピアノの森』劇場版公式サイト

 ◆『ピアノの森』トレイラー

|

« 憎めないおバカな迷惑トラバ。 | トップページ | CRTモニターの恩返し。 »

◆オススメ座CINEMA《プチ版》」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/15373347

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピアノの森』ピュアな話にお前が泣いた。涙はコレで拭いとけ!:

» 時をかける少女 [映画や本を淡々と語る]
時をかける少女と言えば、原田知世以外あり得ない!  と思っている人にも一見の価値有りの映画。原作の20年後が舞台で、続編である。原作のヒロインは、真琴の叔母 芳山和子 通称魔女おばさんとして登場する。 [続きを読む]

受信: 2007.06.10 19:40

» 「ピアノの森」公開劇場【北海道・東北】 [「ピアノの森」映画マニュアル(完全版)]
「ピアノの森」の公開劇場【北海道・東北】です。 [続きを読む]

受信: 2007.06.16 14:19

» 「ピアノの森」あらすじ・ストーリー [映画情報王国]
ピアノに愛された少年と、ピアノを愛せなくなった少年が、その森で運命を変える音に、出会った... 雨宮修平は、ピアニストを目指す小学5年生。とある田舎町へ転校してきた修平は、さっそくガキ大将の「キンピラ」に難題をつきつけられる。学校近くの森の中にある音の....... [続きを読む]

受信: 2007.07.07 21:15

» ピアノの森 [ともやの映画大好きっ!]
【2007年・日本】DVDで鑑賞(★★★☆☆) 一色まことの同名コミックを映像化。 森の中の不思議なピアノによって天才的な才能を目覚めさせた少年と、小さい頃から英才教育を受けピアノを愛せなくなっていた少年が繰り広げるピュアな葛藤と友情を描いたハートフル・アニメーション。 有名なピアニストを父に持ち、ピアノの英才教育を受けてきた小学5年生の雨宮修平(声:上戸彩)は、東京から田舎の学校へ転校することになる。そこで修平は、同級生の一ノ瀬海(声:神木隆之介)に連れられて、壊れたピアノが棄てられているとい... [続きを読む]

受信: 2008.05.11 01:14

« 憎めないおバカな迷惑トラバ。 | トップページ | CRTモニターの恩返し。 »