« NHK大河『功名ヶ辻』は無茶苦茶やった… | トップページ | 誰か、居ます。気になります。 »

2006.12.18

バラをみくびってました…m(_"_)m

Fragrancerose

 バラです。「見たら解るわい」いや、そらそうですけど。

 9月に植木市で手に入れて、今ちょっと名札を見失ってるんで品種名がうろ覚えなんですが、なんと11月半ばに咲いた一番花、ツボミが開き始めてからもうひと月は咲いているんですよ。しかもいまだにすんげーイイ香りをふりまくんですよ。
 シンビジュームとか洋蘭がひと月以上咲いているのは不思議でも何でもないんですが、一輪のバラがこんなに長い間咲き続けるとは知らなくて。

 この娘、フレグランス系といって、原種に近い“オールド・ローズ”と呼ばれるカテゴリーに入るバラなんです。買った店のオッチャンの話ではこの娘の生まれは中国なんだそうですが、原種に近い分強健ということで、病気や害虫にも強いんだとか。
 花の大きさ自体はこの写真の約4倍、直径7センチほどで中輪と呼ばれるサイズ。
 携帯による写真なので本来の美しさが出てないんですが、ホントは白絹を上の方からやわらかいピンクのインクで染めたようなやわらかいグラデーションなんです。棘もほとんどなくて。

 以前『ためしてガッテン』で花を保たすには…って特集で、冷やせばいいという話をやってた記憶があったんですが、なるほどたしかに花屋さんは巨大な冷蔵庫に生花を入れてますわね。
 で、今戸外はなかなかよお冷えてます。
 だからといって冬眠しかけながら咲いているのかと言えばそうでなく、この娘は玄関先に置いているんですが、夜帰宅すると3メートル離れた門の所まで香りが漂っているんです。
 これには感激しましたね〜〜〜(≧∀≦)//

 嗅覚過敏の筆者にとって、良い香りに出迎えられることほど嬉しいことはないわけで。
 しかもツボミのまんまでも香りが立っているんですよ。バラの香水はこうしたフレグランス系ローズから抽出するんだそうですが、この娘に出逢うまではバラの香りというのがイマイチ判ってませんでした。


 実は筆者、昔からあんまりバラって好きじゃなかったんです。
 なんかエラソーで、可愛げがないというか、そのくせキッツイ棘はあるし、風情とは縁遠い派手さと図体じゃないですか。
 けどこの娘をきっかけに、オールド・ローズは大好きになりましたね。

 もっとも、ミニバラのほうは好きだったんです。上記の“嫌い条件”の反対だったから。

Greenice
 ミニバラで一番のお気に入りがこの『グリーンアイス』。大きさもほぼこの写真が実物大なんですが、最大の特徴はうす〜〜〜いグリーンがかった白ということなんですね。
 今みたいな木枯らしの季節にぴったりの清楚さが良いのです。

 売り出した当初は百貨店でなんと一鉢¥2500もする高級品だったんですが、挿し木で増えるバラのこと、今では運が良ければ¥500以下でもあったりします。
 ただ、個体差があるようで、美しい薄緑になるのもあればピンクの筋状の柄が出てしまうものもあるから注意が必要ですが。

|

« NHK大河『功名ヶ辻』は無茶苦茶やった… | トップページ | 誰か、居ます。気になります。 »

◆花咲けるジジ道(植物ネタ)」カテゴリの記事

コメント

私も豪華絢爛な女王様みたいなバラよりも、野に咲くようなオールドローズが好きです♪
オールドローズって、少女漫画のバックに散ってるようなバラとはちょっと違って、花びらがくるくる巻いてないようなのが多いですね。
子供の頃から、少女漫画の主人公が背負ってるバラの絵を練習してるんですが、未だに上手く描けません^^;

でも、こんな時期にバラが咲くなんてびっくり!
暖冬のせいかしら?
冬場はお花が長持ちするし手間いらずだから、殺風景な我が家にもたま~にお花が飾られています^^

投稿: ビタミン店長 | 2006.12.18 23:29

店長さん、毎度です。
オールド・ローズで驚いたのは一重のバラ。ほとんど北海道のハマナスです。あれを見ると、梅も桜もリンゴもおんなじバラ科なんやなあって納得しますね。
オールド・ローズでも派手な色合いのはあるけど、ばかでかいヨーロッパ好みのに比べるとずっと清楚で大人しげに見えます。
地味なわけではないのに、野生っぽい美しさが日本人好みなのではないでしょうかね。

たしかにバラの絵はめんどくさい…(;´_`;)だから描かない。
ちなみに四季咲き・強健種のバラなら今くらいの気温でも充分花芽がつくみたいです。(京都植物園でも結構咲いてましたから)それにしてもパワフルで嬉しくなります。
春になったら挿し木してワンサカと増やそうと思ってます。

暖冬とかは別として、もうロウバイや梅、桃は花芽が膨らんできていますよ。さすが初春の花ですな。

投稿: よろづ屋TOM | 2006.12.19 12:58

細い茎に絹のような花びら、チャイナローズですね。
モダンローズにくらべると、華奢な感じでうちも
花壇に月月粉(ユエユエフェン)というチャイナ
ローズを植えています。

グリーンアイス、うちにも咲いてます(笑)

投稿: つが | 2006.12.22 21:54

つがさん、いらっしゃいませ!

≫月月粉(ユエユエフェン)

うお〜、なんかすんげーチャイナった名前ですね!
でもたしかに夜あれほど香りが立つんですから、『夜来香(イェライシャン)』ってバラもありそうな。
見つけた名札によればウチの娘は『ソフィーズ・パーペチュアル』という名前でした。
“パーペチュアル”ってなんじゃいな、と思ったら“四季咲き”って意味だそうな。今日、ようやく最初に咲いた一輪がハラハラと散りました。彼女ももうちょっと中国っぽい名前だったら、もっと早く覚えられたんでしょうけどね。
いや、それにしてもほんまに長寿命な花です。

えっ、グリーンアイスまであるんですか。おそろいで何かウレシイっす。
彼女も来年にはガンガン増やしてみたいな〜

投稿: よろづ屋TOM | 2006.12.24 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/13112665

この記事へのトラックバック一覧です: バラをみくびってました…m(_"_)m:

« NHK大河『功名ヶ辻』は無茶苦茶やった… | トップページ | 誰か、居ます。気になります。 »