« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.23

『ミラーマン』が復活するらしい

 8月23日付けのサンケイスポニチ新聞二紙からの記事によると、71年暮れから一年間にわたって放映された“円谷のもうひとりのヒーロー”ミラーマンが劇場映画としてリメイクされるそうです。

 放映当時まだ小学5年生だった筆者は、ミラーマンの持つ世界観というか、独特の孤独感が好きでした。
 その年、正月の『スペクトルマン』を皮切りに春には『帰ってきたウルトラマン』『仮面ライダー』が放送を開始し、11月には『シルバー仮面』が、そして12月にはこの『ミラーマン』とまさに特撮ヒーローのルネサンスだったのです。
 変わり種としてはセーラームーンの元祖のような『好き!すき!! 魔女先生』なんてのもあって、なんかコレもリメイクできそうな(しそうな)ネタです。

 それはともかく、ミラーマンが他のヒーロー、特にウルトラマンと一線を画していた最大の特徴は“光”の扱い。
 平成ウルトラマンではことさら“光の巨人”を前に打ち出していますが、表現こそ違えどもその設定は初期のウルトラマンほど顕著です。
 太陽エネルギーをもとに活動し、あるいは復活し、同時に生命線となる。

 そこでミラーマンのスタッフが意識したのは、そんなウルトラマンの“太陽”に対して鏡の持つ“冷たい光”だったそうですし、そのことは物語の前半、随所に活かされていました。

 敵は宇宙船からのビームを受けることで怪獣にも変幻自在のインベーダーと呼ばれる異星人。
 主人公の青年は特殊能力を持った鏡の国の住人である父と地球人の母との間に生まれ、唯一事情を知る日本人の高名な科学者によって養育された経緯を持っています。
 そうしたコンセプトのため、主人公には一種独特の影があり、また戦闘シーンも青天白日の元に怪獣が現れる他の巨大ヒーローものと異なり、どちらかというと『ウルトラセブン』に近い“暗躍”する敵と戦うことが多く、戦闘場面も夜が多くてなんともすごみがありました。
 また、そんな闇の中でミラーマンが使う光線ワザが実に美しい。昭和歴代ウルトラマンと異なり身が軽く、とんぼ返りやバク転で敵の攻撃をかわすことも多く、その合間を縫って繰り出されるミラーナイフ、ミラーシュート。
 また主題歌もエンディングテーマも、そのバック処理も今観ても実にかっこいい。
 毎回のタイトルバックなどタイプライターをイメージした表示など、当時最先端の感覚で作られています。

 しかしそんなところがオトナ向けすぎて視聴率が稼げなかったのか、それとも理解のないスポンサーだったのかは不明ですが、ある回を境にまるで違う物語のように化けてしまうのです。

 というのも、物語の後半は信じられないほどコンセプトの方針転換が図られてしまい、真っ昼間から敵が来るわ、数分間しか変身していられないなんてカラータイマーもどきの設定に変わるわ、分離合体ができるスーパーウェポンが登場するわで、放映最初のおもしろさがすっかり失せて陳腐な内容になってしまったのがガキんちょの筆者にも残念で仕方ありませんでした。
 だって、ガキンチョ仲間でもミラーマンのもつ渋い設定は何かと話題だったのです。
 事実、設定変更されてからは仲間たちも次第にミラーマンを観なくなったんですから。

 同じような設定・方針変更によるレベル低下は『仮面ライダー』『マイティジャック』『シルバー仮面』にもあるのですが、それはまた別な話。

 さてさて、どんなデザインになるのか、どんな設定でどんなお話になるのか。

 願わくば『CASSHERN』や『バットマンビギンズ』みたいにオトナの鑑賞に堪えるすばらしい作品になって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

回復!ありがとう、アニメ!

kamichudvd1 いやあ〜〜、えらいもんです。
 やっぱし私にとっての最大の心の栄養はできの良い映画やアニメドラマを観ることなんだって、思い知りましたね。
 それこそ心を癒すアニメに出逢ったんですね。

 そのタイトルは『かみちゅ!』『ぺとぺとさん』『絶対少年』。
 とくに『かみちゅ!』はすごい。どうすごいか、細かなことは映画ブログ『おすすめ座シネマ:ブログ版』に書いていますが、観ていてこんなにホクホクした気持ちになった作品はひさしぶり。

 んでもって、撮り溜めてはずっと観ている『エウレカセブン』『ガンダムSEED DESTINY』『今日からマ王』、この夏から始まったドラマ『がんばっていきまっしょい』『海猿』
 

 …落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。

 ありがとう、映画。ありがとう、アニメ。

 あ〜〜〜〜〜!シアワセ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

気力萎え萎え〜〜〜〜。 〜(;´д`)〜

 身体でなく、気力の夏バテか?
 こーなるとほんまにやる気でませんな。

 先週までの超激ジョブモードの後遺症なのか、どーもエンジンがかかりません。
 気分のスイッチングだけは上手なので、昔から週の初めとか、休み明けの“休みボケ”とは無縁だったんですけどねえ。

 なんでかな〜、って考えたら、盆休みまでの中間給水所的な休日だった昨日の日曜、テレビを観てないんですな。
 義経とウルルンは観たけど、いわゆる創作系のもの、映画とかドラマとかを観ていない、感動してない。
 要するに“心のビタミン”が欠乏しているらしいのな。

 疲れを取るために昼まで寝て、起きてメシ食ったら三週間に一度の水換えやって、これが4時間かかるし、ジャングルと化した庭もチェックを兼ねて水やりなどやって、それらが済んだらもう19時50分…風呂に入って出てきたら義経半分済んでるし。

 夜中になんぞ撮り溜めを観ようと思ったものの、フト気づくと7月31日…自分で決めたサイトのトップ絵くらいは更新したいし。
 描き上がって更新したらもう3時…こらあかん。
 寝な。(;´д`)//

 今日はもう早めに切り上げて、なんぞ心の栄養になるものを摂取せんと………
 (+_+;)

 これではせっかくの盆休みも無気力にへばったまんまになってしまう。勿体ない、勿体ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »