« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.27

宇宙ステーションに謎の付着物!?

1月27日づけで以下のような記事が発表になった。

---------------------------------------------
■宇宙ステーションに謎の付着物、相次ぐ異常の原因か

 【ワシントン=笹沢教一】国際宇宙ステーションで26日、不調の空調装置を点検するために船外活動をしていた米露2人の宇宙飛行士が、機体の外部に起源不詳の付着物を発見した。

 付着物には2種類あり、黒いぬるぬるとした油状と、白い蜂(はち)の巣状の付着物があるという。

 船外活動では、ドイツと日本の船外実験装置の付け替えもあわせて行われたため、これらの機器から油などが漏れた可能性もあるが、同ステーションではこのところ、空調が原因不明の故障を繰り返したり、機器から怪音が聞こえるなどの異常が相次いでいる。

 管制を担当する米航空宇宙局とロシア宇宙庁では、一連の異常と何らかの関連があるものと見て付着物の正体を調べている。
(読売新聞) - 1月27日11時57分更新
---------------------------------------------

 筆者などは四歳でウルトラQ(1965年)の洗礼を受けた世代なので、こういうネタを聴くと「すわ、宇宙生物!?」と不謹慎ながらワクワクしてしまう。

 ほかにも少年時代にテレビでやっていた番組といえば、『ウルトラゾーン(アウターリミッツ)』なんてSFムービーの原点以外の何ものでもないわけで、まず思い浮かぶのは『ウルトラQ』の“バルンガ”。
 土星へ飛んだ有人宇宙船が「ふ、風船が」という通信を残して破壊される。原因はエネルギーを吸収して無限に成長する風船怪獣だった。
 また、同じく『ウルトラQ』の“宇宙からの贈り物”。無人火星探査船が地上からの指示とは関係なく突然帰還する。中に入っていたのは金色の怪獣のタマゴだったという話。面白いのは、探査船を送り返したヌシは地球侵略が目的だったのか、それとも自分たちの惑星に干渉するなという警告だったのかがわざとぼかしてある点。

 そうした“宇宙からの招かれざる客”ネタは最近ではケビン・ベーコン主演の『ノイズ』くらいで昨今では珍しくなったが、50〜60年代あたりのゴシックSFではけっこう見つかる。

 先日も日本など67カ国が加盟する国連の宇宙空間平和利用委員会で、宇宙ゴミ(スペースデブリ)の削減策や安全な管理法を定めた国際指針を作ることになった、という記事を目にした。
 デブリの話といえば今やもうなんといっても昨日再放送が終了したNHK制作の超リアル系宇宙生活アニメ『プラネテス』だ。
 スペースデブリは寿命が尽きた人工衛星やロケットの残骸や破片が数百万個(!)の大小宇宙ごみとなって、秒速数十万キロなどというヘタな弾丸など足元にも及ばない猛スピードで周回しているもので、人工衛星に衝突したり、地上に落下したりする危険がある。それが例えばメガネのネジのようなものでも、である。

 かつては宇宙といえば真空で、無限の空間にはなにもない空漠…というイメージがあったが、今ではウカツに宇宙へでると雨アラレと降り注ぐデブリの直撃で一瞬に破壊される可能性が非常に高いのだ、というのが常識になりつつある。

 それこそガンダムにでてくるばかでかい宇宙戦艦のような装甲を持っていてさえ、一度宇宙へでればデブリで穴だらけになっているはずなのだ。

 宇宙時代を夢見た50年代60年代以前の人たちは、こんなリアルで深刻な問題をかかえた宇宙時代を果たして想像しえただろうか。

 【教訓】ゴミはちゃんと持ち帰りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

チェ・ジウの『101回目のプロポーズ』

 日本ではあまり(っちゅーか全然)騒がれていませんが、韓国・中国では製作発表当時から物議を醸していたチェ・ジウ主演による『101回目のプロポーズ』リメーク版がようやく日本でも放映されるそうです。
 ただし、ケーブルテレビで。デジタル放送よりもさらに絞り込まれてしまうのが難点…

 最初に韓流の洗礼を受けた中国ではすでに昨年秋に放映が終了し、やはりかなりの人気を博したという噂。さらにアジア各国でも放映が決まっているとか。一応その中にはまたまたフジテレビの名前も。

 さて、元ネタは言わずと知れた武田鉄也&浅野温子主演でしたが、1991年の作品でもう14年も前になるんですねえ。
 今回の制作そのものは韓中日共同制作ドラマなんですが、そういう事情からかネット検索してもどうも情報が乏しくて共演が誰とか、どこまで元ネタに近いのかとか一切不明なのが残念です。
 名ぜりふ「ぼっくは、死にまっしぇん!」はやはり「ナ〜ン、アン、チュギョヨ!」なんだろうか。

 そうそう…日本版で武田鉄也の弟役は、まだ初々しさの残る江口洋介君やったなあ。
 今考えると、見事なおサルブラザーズになっていた…?ボソッ(^。^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『酔画仙(チィファソン)』待ち遠しい!

 『オールド・ボーイ』でタランティーノをはじめ、筆者まで震撼せしめたショッキングな演技派俳優チェ・ミンシクの新作(ホントはオールドボーイの方が新しいんですけどね)『酔画仙(チィファソン)』がようやくあちらこちらの単館系劇場で公開され始めたようです。
 しかし残念なことに大阪はまだ上映館すら決まっていない状態…

 物語は李朝朝鮮末期に活躍した型破りな天才画家、チャン・スンオプの破天荒で激しい生涯を描いたもの。筆者は解らないままなりに韓国でのニュースやら聞きかじりの情報をかき集めた限りでは、その芸術への情熱、生命のほとばしりを芸術にぶつけた生き方は韓国の棟方志功、ゴッホといった印象を感じています。

 主演は『シュリ』『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク。初恋の娘役に『ラブ・レター』『夏の香り』『私の頭の中の消しゴム』主演で今筆者がもっともイチオシのソン・イェジン。
 そして師匠ともいえるキム・ビョンムン役に、韓国の国民俳優アン・ソンギ(『シルミド』『チルスとマンス』『動物園の隣の美術館』etc.)も出演。
 こ〜れは韓国映画ファンにはめっちゃオイシイ。

酔画仙 日本版公式ホームページ
http://www.espace-sarou.co.jp/suigasen/main.htm

こちらはとんでもないFLASHの見本市みたいな本国版ホームページ。必見!!
ただし、トップ画面のチェ・ミンシクをクリックするときは音声にご注意下さい。
いきなりブチ切れてシャウトしてますので…
http://www.chihwaseon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.11

韓流ファンはピを知らないとモグリです。

 スポーツ朝鮮ネット版によると、ピ主演ドラマ『サンドゥ 学校へ行こう!(韓国では2003.9.15 放映)』が放送されることが決定したそうで。しかしまたまたとりあえずは日本テレビだけという“韓流ローカルカスタマイズ化”になってしまっているのですが、時間と共に日本を駆け抜けてくれることでしょう。

 タイトルはどこかコメディちっくですが、設定はやはり韓国ドラマだけになかなかハード。
 ピの演じるサンドゥは幼い頃から幸福とはいいがたい生い立ちで、しかも不可抗力から学生の時に事件を起こして前科者のムショ帰りとなった上に、27歳ですでに7歳の女の子を男手ひとつで育てている。
 さらにこの娘は(病気がちなのか重い病なのかまでは筆者には不明)で一年の大半を病院で過ごし、莫大な治療費がかかる。そのためか持って生まれた才能か、彼の商売は結婚詐欺とツバメである…

 さすが韓国ドラマならではのキャラ設定ですが、それまでは歌手活動だけだったピがその演技力と魅力を認められたという出世作だけに注目の的になることウケアイ。
 なお、昨年韓国では同じくピ主演、韓国コミックを原作に持つ『フルハウス』がスーパーブレイクし、ちょうど今放映中の『天国の階段』と視聴率を競っていたということも付け加えておきます。

 そらそーと、いくら日本の芸能マスコミがセンスないといっても、さすがに彼のことを“ピさま”とは呼ばんだろうと思うけど、これで日本におけるピの知名度と人気が沸騰することは間違いないと思いますな!

KBS『サンドゥ 学校へ行こう!』公式ホームページ(韓国語)
http://sangdoo.kbs.co.kr/

 …そういえば、ピは日本のどっかのモデムのコマーシャルに出る契約をしたとかの話もありましたな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.05

韓国映画/ソン・ガンホ新作!

 かねてより“孝子洞の理髪師”というタイトルで日本公開が待たれていた、ソン・ガンホの新作が新春公開が決まったようです。…っちゅーても、上映劇場もまったく決まっていないようで…(-_-;)
 でも邦題は『大統領の理髪師』。うん、この方がしっくり来ますね。
 お話は、朝鮮戦争停戦10年後の1960年代。時の軍事政権のために緊張と権力が民衆を支配していた混沌の時代。孝子洞という所で理髪店を営んでいた平凡な男の所に、ある日大統領が散髪をしにやってきたために、彼の人生が一変してしまう。
 韓国激動の時代にもみくちゃにされながらも、懸命に生きるひとりの家族人としての父親を描いて行くハートフルな作品。
 韓国では公開後ひと月で200万人を動員した、笑えて泣けるオススメ作品です。
 正月休みも終わって、ようやく日本語サイトも少し充実してきました。上映館も決まり、新春公開の東京以外はのきなみこの春公開、といったところ。

http://www.albatros-film.com/movie/barber/

 リアルネットワークスからは予告編がとどきました。下のリンクをブラウザにコピぺしてリターンするといきなりリアルプレイヤーが立ち上がるのでご注意くださいね。

http://realguide.jp.real.com/ram/realnews/133/133_1_04.ram

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心が洗われる感動『ネバーランド』

 『ネバーランド』 米・04年
東芝エンターテインメント配給 05年1月15日より公開
***************************************************

 世界中の多くの人が知っている童話『ピーター・パン』。でもそのお話はどんな作家がどのようにして創ったのか?
 ──とにかく、素敵で綺麗な、綺麗なお話です。この殺伐としたテーマの映画が多い時代に、筆者はこんなに優しくて美しいお話の映画が作られたことが嬉しくてなりません。

 昔から童話作家を主人公にした映画はあったのですが、いずれもミュージカル仕立てだったり、どこか空想家的な描き方をしているのが定石でした。しかしこの映画はたいへん静かに、そしてとても温かなやさしさで全編を包み込んだ作品なのです。
 そう、例えて言うなら“森の静けさ”。作品全体を通してテーマカラーのようにうまく使われているのが緑。森の緑、芝生の緑、木洩れ日の緑。そしてガーデニアンにはため息のでそうなイングリッシュ・ガーデンのハーブの緑。
 それはそのまま、今では当たり前のようになったピーターパンの衣装の緑を連想させ、ピーターたちの国ネバーランドのイメージカラーにつながります。
 だけど、あくまで主人公達は現実世界にどっぷり浸かって生きているという描き方をしています。たとえばジョニーデップ演じる主人公ジェームズ・バリは過去の名声とは裏腹にスランプに苦しむ劇作家。愛しているにもかかわらず妻とはもはや表面だけの夫婦。
 その名を名作に与えることになる少年ピーターは幼いにも関わらずシニカルなものの考え方しかできない、夢を失った子供。そして少年の家は父の突然の死に破産寸前…
 
 それだけに、バリの突拍子もない行動はアタマの硬い常識人にしてみれば単なる現実逃避にしか見えません。
 しかし物語の中核となる空想力は現実逃避の手段などではなく、ともすれば四角四面な見方しかできない“冷たい現実”を柔軟に受け止め、別の角度から見つめ光を当てることで解決の糸口を見つける準備体操なのだとバリはその行動でやんわりと説いて行きます。
 
 終わったあと、泣きました。哀しくてではなく、お話の美しさに感動して。しかも涙が止まりません。ヤバイ。しかし見回すと、私と変わらない世代のオッサンたちもグズグズ鼻をすすっているのです。それも、プレス試写会だったわけですから、映画を見ること評すること百戦錬磨の連中が、です。

 主演は変人俳優の誉れ高いジョニー・デップなんですが、この作品で彼はほんとは素晴らしい役者だということをあらためて思い知らせてくれます。いや、これまでも大した役者なんですが、なんせ彼がチョイスする作品はどれも一風変わったB級っぽい内容のものばかりでしたでしょ?
 共演に『タイタニック』のケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン。そして何よりも主人公が出逢う少年、ピーターを演じた12歳の子役、フレディ・ハイモア。

 新春、心の洗われる映画がご覧になりたいなら、オススメです。(T▽T)

 余談ですが、最近韓流はもちろん、おっ、これはええなあと思う映画は“東芝エンターテインメント”が多いような気がします。ただし単館系短期間ロードショウが多いので注目ですよ!

******************この記事は拙作メルマガ最新号より転載しました

| | コメント (1) | トラックバック (5)

真夜中にシン・スンフンとピが!!

 いやあ、びっくりしたのなんの。大阪地区では朝日放送で4日真夜中に、なんとなんと、シン・スンフンとピの大阪公演ライブのエエトコどりが特番で放映されたんですよ。

 ところがこの番組、テレパルでもほとんど欄外にたったひとこと“韓流ポップス”と一行書いてあっただけでしたし、新聞でもそれに準じた程度のタイトルだけのものでした。ましてやシンともピとも書いてませんでしたから、きっとヨン様系のおばちゃん向きにつくられた情報番組か何かの再放送やろな〜と私も全然期待せずに観たんですよ。

 しかしコレ、2時55分始まりと毎日新聞にはあったので、それまでは他のを観てあえて時間をつぶし予定時間でチャンネルを合わせたら、早く放送が始まったらしく、もうシン・スンフンが汗だくで何曲目かを唄ってる姿を見た時愕然としました。
 な、なんじゃこりゃあああああ。(◎д◎;)//をいをい、まったらんか〜〜〜い!
 これって大阪城ホールでやったアレとちゃうんか!?あとで大体の計算をしたらなんと半時間も前が欠けていることになってしまって…
 あうううう。°°(´□`。)°°。

 なんと司会っちゅーか解説コメンテーターとしてご丁寧にユンソナちゃんまで出演し、しかも控えめなのに彼女ならではという肝心の所は押さえてある良いコメントやったんですよ。
 ただし一緒にいたアナウンサーはピを「韓国のキムタク」って紹介してたけど、ウォンビンと間違ってるのか?それでもウォンビンにせよキムタクと全然違うと思うのですが…(怒)
 まだ“韓国のマイケル・ジャクソン”と紹介してくれる方が嬉しかったな。…あ、そうか、今の彼はイメージよくないのか。(-_-;)

 最後まで観ていて驚いたことにコレ、制作局はなんと朝日放送なんですよ。
 司会にユンソナちゃんまで駆り出してる上にこの夜中の人知れずやったのが本番などという実にもったいない放送の仕方しているんですねえ。おまけに告知も宣伝もしてなかったという別な意味でのゼイタクさ。

 …それにしてもピはかっこええし、シン・スンフンはすんばらしいエンターテイナーやなあ。惚れ直した。(〃▽〃)

 これは朝日放送にメールで怒りと涙の苦情をねじ込んで再放送を熱望せねば。
 朝日放送ご意見フォーム▼
http://asahi.co.jp/goiken/index_goiken.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

なんで年末年始の番組はくだらないのか

 どうも年末〜正月特番が苦手である。つまらなくて面白くないというのもあるが、よくぞこれほど似たような番組ばかりできるものだと思う。
 また出てくる芸人が芸人と呼ぶのもおこがましいほど面白くない。04年の流行語で賞を取ったギター侍というのなどは、筆者の周辺にいる二十代の若者でさえ流行語大賞のノミネートで初めて知ったという。

 そんなので流行語とよく言えたものだ。しかもこれが江戸前落語同様にくだらない。くだらない、とはよくいったもので、そもそも都、つまり「京の都で流行しなかったから地方へ下ってゆかなかった物事」という意味だからまさにその通りなのである。
 もっとも江戸落語はもともと単なる“話”であって上方落語のような笑う為のショウビジネスではないらしいので、一緒にすると礼を失しているのかも知れないが。

 それにしてもつまらない。番組情報の事前ソースとしてテレパルを購読しているが、昼日中に家にいてで観てみたいと思う番組があるのは早くて4日、普通は5日以降、すなわち会社がはじまってからなのである。
 せっかく家にいてTVでも観てぼけらっとしていたいのに、肝心のテレビがこれほどつまらないのでは泣くに泣けない。ドラマの切替期や年末年始にレンタルビデオ店が繁盛するわけである。

 もしかしたら、昔からの考え方で年末年始は帰省したり旅行したりするからどうせ番組制作にリキ入れても無駄だと思って投げやり&お座なり&なおざりにしているのかもしれない。

 せめてラジオはどうかとFMをつけてみると、これまた東京キー局にしたくだらない垂れ流し番組をえんえんとやっている。大阪のFM局はどれも個性的でショウアップされていて、DJも実に個性的な人が揃っている。
 一時期FM局が増え始めた頃に模索する意味で東京風のカッコを付けたスタイルの放送をやっていたことがあったが、やはり大阪はしゃべくり自体がショウであると気付いて、今ではそんな「え〜かっこしい」などという愚かなスタイルを固持している民間局はない。

 それだけに筆者のように普段職場でもそういうスタイルの小粋な番組を、のべつ空気のように呼吸して生活している人間の場合、年末年始のようなエンターテインメントの真空状態は精神的生命にかかわってくる。
 実は土曜日だけは大阪局も東京キー局の番組を垂れ流すことが多いが、それでも週に一度部分的なので平日に録音しておいたテープをかけたりCDをかけることでしのげる。
 だがこれが腰を落ち着けて聴ける状況にあるのに東京キー局のダラダラ番組を聴かされると本当にむかっ腹がたつ。

 なぜ東京のFMがつまらないか。それはNHKと同じで、脚本を読んでいるのがミエミエだからだ。そこに声色以外のDJの個性はない。アナウンサーで充分である。
 しかもお膳立てされたスケジュールにひょっとしたらでっち上げのリスナーかとさえ思える反応。実は紅白歌合戦がまさにこれだが、お笑い芸人のボケもそれに対するツッコミさえリハで決められていると思えば、なんであんなものが楽しいものか。視聴率が下がり続けているのは当たり前だ。
 情けないのを通り越して怒りさえ覚える。

 筆者は今年ようやく紅白をはじめとする年末年始番組を完全にボイコットして好きな撮り溜めビデオをみて年越しすることができた。実に充実している。
 2004年最後の番組はケロロ軍曹、そして除夜の鐘はアフロ軍曹を聴きながら迎えた。
 2005年はイイトシになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »