« 2004年10月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.26

マスコミが巨匠を殺そうとしている。

 25日の夕刊フジに、『ハウルの動く城』の盛り上がりがどーとか、というネタが載っていた。まんま引用するなら、“「従来の宮崎作品に比べて迫力がない」「色づかいがらしくない」「千尋の時のような盛り上がりに欠ける」などの声も…”だそうだ。
 あいにく筆者はオトナ試写会に漏れ、必ず空いていて観られる初日ラストという盲点タイミングも逃したために結局『千と千尋の神隠し』の時のようにレンタルリリースを待つしかなくなったので未だ観ていない。

 だから憶測でものを言ってはいけないが、この夕刊フジの言いぐさは実に気分が悪い。

 “「原作の英国の児童小説を読まないと、ストーリーが分かりにくかった。『となりのトトロ』や千尋に出てくるようなかわいいキャラクターもいない。63歳の倍賞サンが少女なのも…」(30代の主婦)という見方もある。”

 だが裏返せば、物語が分からないのはこの主婦がニブイからだろうし、この人にとってかわいいキャラが出なかっただけであるし、そもそもなんでアニメだから、宮崎作品だからという理由で可愛いキャラが出ないといけないのか?と思う。
 それに倍賞智恵子さんが63歳で19歳の少女を演ってダメなら、サザエさんのタラちゃんを演じている貴家堂子(さすがたかこ)さんも63歳、イクラちゃんの桂玲子さんも64歳である。逆に“声優界の笠智衆”永井一郎さんは69年の初放送時38歳ですでに波平さん他、いろんな年寄りを演じている。声に年齢などはない。
 お辞めになることが決まったとは言え、67歳の大山のぶ代さんがドラえもん、ましてやしずかちゃんの野村道子さんは66歳、それこそ二代目峰不二子を演じる増山江威子さんは…メーテルの池田昌子さんは…である。「アホぬかせ。」ふざけてはいけない。

 どうせ無知な記者が面白可笑しくするために適当に書いたことだろうが、さすがゴシップ新聞は書く内容の濁り方、眼の曇り方が違う。もしこの主婦が実在だとしても、この記事を見て単純に同調した人はかなり程度が低いと言わざるを得ない。まして偉そうに批評などもってのほかの浅はかさである。

 たしかに筆者も宮崎監督作品には少なからず感銘を受け、先日またまたテレビ放映された『天空の城ラピュタ』でまたまたまたまた感動に涙した“ファン”である。
 しかし反面、監督の作品は本人が認めるように「いつも同じパターン、マンネリですよ」なのである。ファンはそれが好きだからファンでいるのだ。
 大体、“いつもの色使い”とはどういう意味だ。連続ものではあるまいし、映画は毎回作品も内容も違うべきなのに同じ色使いをする方が無能、かえってヘンではないか。

 千尋の時のような盛り上がり…というが、筆者や筆者の知人は口を揃えて『千と千尋』をクソミソとまでいかないにしても、少なくとも世間の褒め言葉に対して正反対の意見であった。
 そう、盛り上がりなど感じなかったのだ。たしかに繊細な作りではあったが、あの作品はそういうスペクタクルの冒険活劇ではない。童話なのだが、むしろいつも通りの丁寧な作りの地味な作品をなんでそこまで褒めちぎるのかと不思議だったほどだ。アホなマスコミが褒めちぎりさえしなければもっとしっとりとした作品として後世高い評価がなされるべき作品である。
 しかしそれこそ、観る人の好みである。どんなに人気のあった名画と呼ばれる映画でも映画俳優でも、嫌いな人は嫌いだし、その逆にどんなZ級映画でも好きな人にはたまらないものだ。
 だから“イイ映画は誰が見てもイイ”なんてしゃあしゃあとほざく評論家は偏見狭量きわまりないヤツだと筆者は思っている。

 さらに夕刊フジにはこう続けてある。“映画評論家の白井佳夫氏は「(前略)『千と…』までの前2作で宮崎監督は飽和点に達した。それでも宮崎作品というだけでありがたがり、批判を許さない“宮崎信仰”がある」と評する。”
 ───っていうか、ご当人自身が『もののけ姫』でとっくにそうおっしゃってるのを、あんたらがいまだに口を揃えてベンチャラゆーてんねやんか。
┐('〜`;)┌ 

 確かに監督に対しての期待は大きい。タブロイド紙なんかの読者に通じる話題になるほど。だが、あの人は『もののけ姫』以前からもう引退を表明していた。
 事実、次世代をになうスタッフにできるかぎりチャンスを与えているし、成果も確実に出てきている。そもそも、業界で若いときから制作面以外でさんざん苦汁をなめ続けてこられた宮崎・高畑氏たちによって、日本のアニメ業界でもちゃんと食える、ちゃんと人材を育成する、そして満足のいく作品を生み出す。スタジオ・ジブリはそのために設立されたと聴く。

 残念ながらジブリの次世代をまずになうべき近藤喜文*氏が『おもひでぽろぽろ』を遺して98年に47歳の若さでこの世を去ってしまったために、いまは宮崎・高畑両巨頭が老骨にむち打って筆頭に立たざるを得ない状態だということなのだろう。

 ジブリは生まれたときからマスコミに騒がれた。マスコミの追い風に巧く乗ってきた。しかし今、マスコミのベンチャラ根性のせいで新人育成の邪魔をされ、世紀の巨匠は殺されかけている。
 つくづく、文化というものはマスコミが育て、殺すものであると実感する。

*近藤喜文氏について(高畑勲・宮崎駿作品研究所「新潟日報」アニメーター近藤喜文より)
http://www.yk.rim.or.jp/~rst/rabo/news/niigatanippou.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.25

ヨン様新作映画じょーほー?

 ヨン様系サイトではもう話題になっているので出遅れかもしれませんが、ひろく韓国ネタを取り上げるこのページとしては勿論ピックアップしないわけにはいけません。
 なんせ監督が『8月のクリスマス(ハン・ソッキュ主演)』『春の日は過ぎ行く(イ・ヨンエ主演)』のホ・ジノ監督で日本の大人の女性達をメロメロ界へ連れ去ったヨン様主演となれば感動催涙系映画になることは必至。

 そんなペ・ヨンジュンの新作映画『外出』のヒロイン役がなかなか決まらずに誰になるのかがずっと取り沙汰されていたんですが、このたび『夏の香り(一般局未公開)』『永遠の片想い』『ラブストーリー』『私の頭の中の消しゴム(公開待ち)』のヒロイン、ソン・イェジンに決定したそうです。
 これまで清楚でハツラツとしたお嬢さんを演じることが多かった彼女、なんと今回は“愛におぼれる中学校教師”役だとか。そう、不倫ネタなのです。

 残念ながら彼女の日本での知名度はまだまだですが、筆者がイチオシの20代韓国女優ナンバーワンなのです。かわいいっちゅーか、とにかく「(-_-;)か…可憐だ…」(by 十三代目五右衛門)
 しかも『ラブストーリー』を観たとき以来、幼い雰囲気なのに実はかなりの演技派だとにらんでいたんですが、やはり!さっそく韓国で『メロ映画1,000万観客動員俳優』の名誉の殿堂入りを果たしているのです。
 あ〜〜、早く『私の頭の中の消しゴム』観たいなあ。激泣きですよ、これ。ちなみにこの映画の相手役は『MUSA』の長身イケメン俳優チョン・ウソン………って、あれっ?ヨン様情報だったよな、これ。
(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.21

昨日からまたまたまたまた始まった、冬のソナタ。

 昨夜20日からBS2で冬のソナタ・ノーカット字幕完全版が放送になりました。ぶっちゃけた話、いくらなんでも、もおええわあ…って感じやったんで、お袋のためにだけ衛星で観られるようにしてやろーとセッティングしたはずだったんですが、いざ始まってみると次から次へと観たことのないシーンの連続で、まるでかつて観たドラマのインサイドストーリーでも観ているかのような錯覚に陥るほど。

 (^_^;)やはり日本の尺に合わせてユン・ソクホ監督が泣く泣くカットしたと言われるのべ4時間弱に及ぶ部分はでかいですねえ。

 これまで衛星での本放送、再放送、総合での放送とでまるまる三回も観てしまった異例のドラマではあるものの、どうも納得いかなかった演出が多かったんですが、それも全てちゃんと符合が合致しました。
 「なんでこの続きがこんなになってまうねん!?」と思ったシーンはやはりみんな日本の尺に合わせて無理矢理にブチ切ってたんですねえ。しかもカットされたシーンは結構あとあとに関係してくる布石がすごく多いし、主人公達の最初の感情の芽生えやら親しくなって行く課程がまるごとカットされていたのにはビックリ。
 なんでチュンサンが死んだと判ったときに、ユジンやチェリンはともかくもヨングクまでがワンワン泣くのか不思議やったんですな〜。「おまえ、そんなに仲えーわけでもないやんけ」って。
 これでは無理矢理感も当たり前です。さぞや監督も残念だったことでしょう。

 それになんといっても原語は説得力が違いますね。イントネーション、言葉の強弱、感情のこもり方…字幕もそれなりにがんばってですが、やはり「ゑ?なんでこれがこんな訳になんねんな!?…それは違うやろお」ってツッコミが一杯あるのは致し方ないんですかねえ。
 意外だったのはチェリンがチュンサンにかなりエラソーにものを言っていること。ま、たしかにクラスメートなんだから当たり前なんでしょうが、「あんた、あたしのことスキなんでしょ」ってノリなんですね。さっすがタカビーなチェリンさん!これでなくちゃ。日本語版も字幕も、どっちかというと媚びてるっちゅーか、下手からってニュアンスなのでチト違う。
 ユジンの台詞もかなり若者言葉やったんですねえ。ま、一応10年ほど年代がさがるので今ほどではないにせよ、それでも少なくともお行儀の良い“標準語”ではないことは判りますね。
 どうも無理にお行儀の良い日本語に合わせようとしているせいか、言葉が不自然になっているみたい。だって学生のユジン、「チュンサン、あなたはね」なんてひとことも言ってない。「チュンサン、あんたなあ」ってニュアンスでしたよ。

 あと、チュンサンのおとーさんが初対面の彼を呼ぶときに「おい、学生」って呼んでるのはさすが韓国!って思いましたねえ。あちらでは例えば一般の人が道を尋ねる場合でも、目下っつーことでフツーに「おい、学生。郵便局はどこだ?」みたいな言い方をするんだそうで。ゴリラ先生の台詞なんてほとんど命令形!
 逆にこの辺の微妙なニュアンスはきちんと訳した方がかえって親しみも湧くし、日韓の文化交流のためにはイイと思うんですけどねえ。(^_^;)ウソはいかん。

 さてさて、韓国語の勉強に役立つとは言いながら、ノーカット版のドラマをまるごと録画するにはまたまたビデオがたんまりと必要になりそうですな〜〜〜〜〜。
 その録画したのをもう一度観るか?といわれたら…
 「?」なんですけどねえ。(-_-;)ま、とりあえず。

 しかしたしか今出ているDVD版の冬ソナはたしかNHKが出しているヤツではなかったかな…ということはカット版っちゅーことやし、それって…(;´д`)
 儲けますなあ、NHK…安く仕入れてますからねえ、韓国のドラマは。でもこれで儲けたお金は、こんどこそ有効に使って下さいね。そう、韓国の時代劇をもっと輸入して下さいな。
 …って、ここでお願いしてもしゃーないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

伝説の男の映画、ついに公開!『力道山』

 『シルミド』『オアシス』『ペパーミントキャンディ』さらには2001年にはNHK大阪放送局新社屋開局記念特番『聖徳太子』でも素晴らしい演技を見せてくれたあのソル・キョングがなんと28kgもウエイトを増やして伝説の男“力道山”を、しかもほとんど全編日本語で演じるという話題作が12月15日に韓国で公開されました。

 妻役には『リング』『ケイゾク』『カオス』のおかげ?で韓国ではホラークイーン扱いになってしまった中谷美紀。でもこの映画へのオファーの直接原因はやはり『ホテル・ビーナス』であることは間違いないでしょう。
 あいにく今回は日本の芸者という役どころのために、韓国語を披露するシーンはないらしいのですが。
 もうひとつ、韓国で話題になったネタとしては萩原聖人氏が共演していること。そう、冬ソナでペ・ヨンジュンの吹き替えをやったことはすでに韓国でも知られているのですね。

 それにしてもソル・キョングという人は、単にカメレオン俳優とかで片づけられるような俳優ではないと思うのですよ。『オールドボーイ』でチェ・ミンシクがやはりブヨブヨのおっさんからレスラーばりの体格に化けたように、韓国の俳優さんは当たり前のように変身してしまうのには驚きます。こうなるとロバート・デ・ニーロやダスティン・ホフマン、ウィル・スミスもうかうかしてられませんわね。
 ゑ?日本の俳優さん?…そこまでする人はいませんねえ、滅多に。

 それはともかく、来年6月の日本公開が楽しみです。
 (敬称略)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

元祖『プリンス』と呼ばれた男がやって来た!

 やはり地上波に乗ると火がついたようです。なにがって?『美しき日々』でイ・ビョンホンの異母弟役を演じている。リュ・シウォンですよ。日本ではペ・ヨンジュン氏を“微笑みの貴公子(プリンス)”と呼んでいますが、韓国でプリンスといえばこの人。なんたってマジに韓国で五本の指にはいるほどの大財閥の御曹司だっつーんですから。
 しかもスポーツマンの体格、いかにも育ちの良さそうな物腰、超色白でひとなつっこい笑顔、笑うとなくなってしまう細いタレ目…いや、けなしているんじゃありませんよ。私も彼のファンです。

 劇中の役柄でも“ZERO”として歌手も演じていますが、12月10日テレビ朝日で放映された「ミュージックステーション」に歌手としていよいよメジャー登場しました。衛星での『美しき日々』放送中にも来日していますが、さすがにその頃はまだまだ彼を知る人も少なかったようで、今回のことで彼もブレイクすることは必至。
 それにしても、日本の歌手たちが黒づくめだらけだったのに対して、まっ白な衣装で高い身長なもんだから目立つ目立つ。

 日本デビューの順番で言えばウォンビン、チャン・ドンゴン、ヨン様、パク・ヨンハ、イ・ビョンホンの次という感じになるのでしょうが、やはり地上波ドラマの知名度アップ効果はでかいのでしょう、どうしてもウォンビン、チャン・ドンゴンのブラザーフッドコンビの主演したドラマは地方放送か衛星しかないために、おばさまパワーの恩恵にはイマイチこうむれていないような気がします。
 これで『秋の童話』や『イブのすべて』なんかがNHK地上波にのっかればますます韓流があふれかえるのでしょうけどね。

 リュ・シウォン君のドラマとしては、以前紹介したチェ・ジウ嬢との共演前作『真実(チンシル)』の方が断然好感度アップではないかと思うのです。なんたってそっちではリアルと同じでマジの大財閥ボンボン役。しかも『美しき日々』ではなさぬ片想いの相手であるチェ・ジウと熱烈大恋愛ですから、『美しき日々』で「ソンジェ君が可哀想…!ヨンス、ひどい!」って思っている人はぜひぜひ『真実』をご覧になって溜飲を下げて下さい。字幕版のビデオが出ています。…NHKが想定する海外ドラマの声優さんは得てして的はずれが多いと思う中で、彼の声はけっこうナマに近いものがあるのでギャップに苦しまなくて済むのも助かります。

 ちなみに『美しき日々』内でもキムチ・ポックンパプ(キムチチャーハン)やら目張り寿司ふうのおにぎりやら何度か手作り料理を披露するシーンがありますが、実際に彼はかなりの料理フリークらしく、料理の本まで出版しているという本格派。日本と違って今も“男子厨房に入るべからず”的風潮がある韓国では珍しいと言えましょう。
 テレビ朝日・朝日放送系列が観られる地域なら、12月15日に「愛のエプロン」に出演という情報も。
 この調子で売れてくれたら、SMAP×SMAPで日韓の料理対決もありえるかも!?もちろん、韓国チームはリュ君とチョナン・カンのタッグですよ。

 元祖『プリンス』リュ・シウォン君がBFコンビを抜いて人気爆発出来るかどうか?ひとり、またひとりと韓国スターが日本メジャーになってゆくのは嬉しい限りです。
 おろろ?でも女優さんはまだまだ少ないのが残念ですねえ。私の一押しはソン・イェジンとパク・ソルミ。彼女たちに関しては、また次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2005年1月 »