« 2004年9月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年10月

2004.10.21

声優嫌いなんかい!?NHK

 声を当てている俳優は好きだが、配役がまずすぎて作品に対しても俳優に対してもイメージぶち壊しなので、そういう番組はハナっから見ないのだが、21日付で『アニメ「ポワロとマープル」大物続々登場のナゼ』などという記事がでた。
 カンタンにはしょると、要するにゲストに次々と大物俳優や、注目の俳優が“声優初挑戦”するスゴイ番組だ、というような内容である。記者サイドは当然これを肯定的にとらえ、大物揃いだけにオファーも大変だろうとか、プロデューサーがすごいとか、そんなスカタンなことばかり書き連ねてある。
 そういう問題ではない。永年料理人をやったという肩書きだけで、日本料理の板前にフレンチを作らせてどうするのか。大工だからといって住宅からコンサートホールまで造れるのか、という次元の話である。
 記事内ですごいといわれた某プロデューサーの経歴にアニメもなければ洋画の放映もない。素人、それも声の演出についてのドシロートなのだ。

 記事は最後に“この顔ぶれで平均視聴率8.3%はやや物足りない気も”と結んでいるが、こんな“マジンガーZ対デビルマン”“エイリアンvsプレデター”“フレディvsジェイソン”みたいなネタに声がシロウト集団なんて無茶苦茶な企画なのだから当然である。むしろ筆者には信じられない高視聴率だ。

 どうもNHKは昔からプロ声優を軽んじる傾向があると見えて、声優あっての映像作品である、アニメそのものに対してもいまだに上層部のどこかで小馬鹿にしているような気がする。
 いい例が韓国ドラマにおける奇妙な声の配役。
 当の役者たちのがんばりには敬意を表するが、あまりにも違いすぎる声質には愕然。それがいかに的はずれでオリジナルファンにとって不愉快なものであったかは、年末に字幕版で放映されることが物語っている。
 唯一の例外があるとしたら、刑事コロンボくらいだろうが、それも音多時代以前のマイナー俳優だったから通った話だ。
 そもそも、「俳優の誰それが初挑戦」という時点で作品やプロ声優に対する侮辱だ。昨今のジブリ作品における、一般俳優の声起用を危ぶむ声も多いと言うことを肝に銘じるべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

冬ソナをしのぐ催涙系ドラマ、『天国の階段』降臨!

 6日からの放送だけど、BSフジと聴いてデジタル環境でないほとんどの韓ドラファンはがっくりきたでしょうが、16日からは関東圏だけとはいえ、フジテレビ系列でも放映されるらしいです。
 しかもノーカットというのが嬉しいじゃありませんか。
 主演はおなじみチェ・ジウですが、相手役に『ガン&トークス』でクールだけどどっかヘンな長兄を、アクションファンタジー『アウトライブ』では主演、『銀杏のベッド』ではハン・ソッキュの敵役の将軍を演じたシン・ヒョンジュン。猛禽系男優がお好みの女性には超オススメ。もうひとりはクォン・サンウなんですが、こちらは筆者もまだ情報不足なので、また勉強しときます。

 ちなみに『冬ソナ』ではさめざめと静かに泣くユジンを演じたチェ・ジウでしたが、『美しき日々』のヨンスは号泣系なんですね(オリジナル音声で聴くとなかなかソーゼツです)。さて『天国の階段』ではどんな“泣き”を見せてくれるのか楽しみです。

 一方、関西で放映中のペ・ヨンジュン&イ・ヨンエの『パパ』は面白い!若いと言うよりも幼ささえ残るぺ君と、のちの輝くような美しさがピンと来ないダサダサのイ・ヨンエが展開するコメディ。今のところビデオリリースがないようなのでこれは貴重です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まだまだ『冬ソナ』は続く…?

 クリスマス直前の12月20日というイカニモ雰囲気バリバリの頃に、ようやく字幕ノーカット版が放映になります。またもBS2なので、衛星受信環境でない人にはヤキモキものですが、本人の声を知っている一部ファンにウケのわるかった吹き替えでないこと、そして日本での放送で思いっきりカットされた延べ6話ぶんものシーンが観られるとなれば、いくら5回目の再放送といえども韓ドラファンなら気にならないといえばウソになりますね。

 しかし筆者的には日本初?で放映された韓国ドラマ『秋の童話』こそ再放送して欲しいのですが、残念ながら主演のソン・スンホンが兵役のがれ問題で現在お上の沙汰を待つ状態なので、今のところビデオで観るしかなさそう。
 あ〜、『オールイン』『ホテリアー』そして今本国で大人気のウチに終了した『フルハウス』で大活躍のプリンセス系女優ソン・ヘギョがヒロインなのになあ〜〜〜
 ちなみに日本を始め、中国などアジア各国からソン・スンホンに関する救済のためのメールによる署名活動が行われているとか。

 一方で4日に来日し、5日にNHKニュースにゲスト出演するなどプロモ活動にも忙しいイ・ビョンホン(一部で“ビョンさま”と呼ぶおばちゃんが居るようですが…なんでも様つけりゃエエっちゅーもんやなし、かえって値打ちが下がるからファンやっちゅーならエエ加減にしてほしいなあ〜)ですが、2日からはじまった地上波での『美しき日々』放映でいよいよ彼の名前も一般に浸透することでしょう。

 となると、今度の日本人観光ツアーの矛先は南山(ナムサン)タワー、漢江(ハンガン)、汝矣島(ヨイド)に向くのかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年12月 »