« 英語でないセサミストリート!? | トップページ | 配給会社のCGタイトル »

2004.03.17

究極のスローライフ

 いつぞや、2004アテネ五輪で準備が進んでいないと書いたが、マジでヤバイらしい。(-_-;)
 先日からNHK22時のニュースで有働(うどう)キャスターが現地レポートを何度かしていたのも観たが、普通だったら一年以上前から会場予定地なんてのは大勢の働く人々が忙しく行き交い、そんな場所にマスコミなんかがうろちょろしていたら邪魔以外の何ものでもないものだ。
 しかし「ここがマラソンのスタート地点であり、ゴール地点になる場所です」と紹介されたそこは、かつて第一回のオリンピックが開かれた時の記念的な場所なんだそうで、それを修復して使う…にしても、なんと作業していたのは

 ぶっちょーづらのおっちゃんと助手とおぼしき若いのがふたりいるだけ (゚□゚;)

 だった。取材の有働キャスターもヘルメットすらかぶっていない。 ( ̄□ ̄;) まるで日曜日の改装工事中の公園にでもいるみたいにのんびりとした場所だったのだ。地面の舗装も、建物の修復も、「手はつけてるよ〜」といった感じでいかにもやりかけで投げ出したように見える。
 IOCの会長もすんごいコメントを3月1日づけで発表している。
 いわく、「これまでの遅れは残念だし、まだ多くの仕事が残っているが、ギリシャの人々が今のペースを保てば間に合う可能性はある」
 (もしかしたら、うまくいったら、運がよかったら)間に合うカモネ、というワケである。
 しかし会場へのアクセスとなる路面電車は工事もマラソンコースの舗装もストップしたまま、しかもその原因が給料の未払いに対するストライキとか。さすがに“こらーあかんな”と思ったのだろう、会長は17日付で最後通告をつきつけたらしい。
 いいまわしはともかく、このチョーシでダレとったらよそでやんぞ、今からでもやりたいっちゅー都市はなんぼでもあんねんど、ええかげんにせえよクソッタレ…ヽ(ФДФ)ノ というところである。

 (=Д=;)とはいえ、えーかげんな工事で試合中にスタジアムが崩壊、または屋根のないプールの底が抜けるとか(案外屋根が間に合わなくて正解だったかも知れない…それでもアテネで開催したとしての話だが)もしも犠牲者が出でもしたらそれこそ責任問題では済まない。o(;><;o)
 虎の子、国の宝ともいえる大切な選手たちが地面に開いた穴のせいでとかアホな理由でケガでもさせられたら…と思うと、各国のオリンピック委員会は出場を見合わせるかも知れない。ありえないことではない。モスクワ大会なんて、東西冷戦のせいで異常なほど参加国が少なかったのだ。

 でもマジで間に合わん。あれで間に合うとしたら、日本が自衛隊をイラクからギリシャへ移動させて札幌雪祭りよろしく手伝わせたら(っつーかまるごと造ってもらえば)あるいは…(~ペ)

|

« 英語でないセサミストリート!? | トップページ | 配給会社のCGタイトル »

◆ツッコミ一本槍☆←-o(`Д´)o-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5457/313786

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のスローライフ:

« 英語でないセサミストリート!? | トップページ | 配給会社のCGタイトル »